EOS C70 | 特長

【主な特長】

小型軽量ボディー

RFマウント採用

CINEMA EOSとして初めてRFマウントを採用。ショートフランジバックによりボディーの奥行きを大幅に短縮した小型ボディを実現しました。

写真:小型軽量ボディー

4Kスーパー35mm
DGO(Dual Gain Output)センサー

DGOセンサー搭載

DGOセンサーは一つの画素出力に対して、異なるゲインで出力することで低ノイズのHDR動画を生成するイメージングシステムです。明るい部分は飽和優先アンプの画像を使い、暗い部分はノイズの少ないノイズ優先アンプの画像で撮影した画像を合成し高ダイナミックレンジを実現します。デュアルピクセル CMOS AFとの両立にも対応しています。

図:4Kスーパー35mm DGO(Dual Gain Output)センサー

最大で16+stopsのダイナミックレンジを実現

最高で16stopを超える広い階調を実現。グレーディングの自由度も向上し、さまざまなジャンルの映像制作において表現の幅を広げます。

Canon Log 2/Canon Log 3 対応

DGO駆動時、最大16+stops相当のセンサーダイナミックレンジを持つCanon Log 2、14stops相当のセンサーダイナミックレンジと簡易なグレーディングを可能にするCanon Log 3を備えています。暗い室内と明るい窓の外の風景のようなシーンでも、ディテールを残した撮影を可能にし、HDR映像の制作に好適です。

  • ベース感度はISO800以上です。
図:Canon Log 2、Canon Log 3

HLG/PQ対応

カスタムピクチャー(CP)のプリセットに、ITU-BT.2100に準拠したPQおよびHLGを搭載。

HLGカーブについては、最新のHDR運用にて推奨されているITU-R BT.2100に準拠しているので、SDRとの親和性も高い映像の撮影が可能です。また、HLGではVivid(ITU-R BT.2390記載のTraditional Colour相当)、BT.2100(BT.2390記載のNatural Colour相当)から色味の設定が可能です。

図:HLG/PQ対応

HDR→SDRゲイン

HDR/SDRの同時記録時、HDRに対するSDRのゲイン差を調整できます(SDRゲイン設定、-7.5dB~+7.5dB)。HDR/SDRそれぞれに、意図した露出への合わせ込みが可能です。

図:HDR→SDRゲイン

4K120P/2K(Crop)180P

最大4K 120Pハイフレーム撮影

最大4K 120Pハイフレームレート撮影時もデュアルピクセルCMOS AFに対応し、被写体を逃さず追従します。また2K(クロップ)では180Pのハイフレームレート撮影も可能です。

S&F(スロー&ファストモーション記録)機能をアサインボタンに割り当てれば、ボタン一発で通常撮影とS&F撮影を切り替え可能です。

ハイフレーム撮影時のオーディオ同時記録

多くのハイフレームレート撮影では音声は記録されず、編集時に映像に合わせた音入れ、アフレコが必要でした。 EOS C70では、ハイフレームレート撮影時の音声を動画とは別ファイルで同時に記録することが可能になりました。

  • 音声記録方式:リニアPCM、24bit、48kHz、4ch
  • ファイルフォーマット:BWF形式(.WAV拡張)
  • 音声は、動画の記録先ではない方のスロットのカードに記録されます。

記録フォーマット

ALL-IとLong GOPで記録可能な4:2:2 10bitのXF-AVCフォーマットと、汎用性と取り回しやすさを考慮した4:2:2/4:2:0 10 BitのMP4フォーマットを搭載。10bitのワークフローを効率化します。

XF-AVC

記録フォーマット 記録解像度 フレームレート ビットレート 信号
XF-AVC(H.264) 4096×2160/3840×2160(Super35mm) 59.94p/50.00p 260Mbps Long GOP YCC422/10bit
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p 410Mbps Intra-frame
160Mbps Long GOP
2048×1080/1920×1080(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 310Mbps Intra-frame
50Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p/59.94i/50.00i 160Mbps Intra-frame
50Mbps Long GOP
1280×720(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 24Mbps Long GOP
XF-AVCプロキシ(H.264) 2048×1080/1920×1080(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 35Mbps Long GOP YCC420/8bit
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p/59.94i/50.00i 24Mbps Long GOP
1280×720 59.94p/50.00p 17Mbps Long GOP

MP4

記録フォーマット 記録解像度 フレームレート ビットレート 信号
MP4(HEVC) 4096×2160/3840×2160(Super35mm) 59.94p/50.00p 225Mbps Long GOP YCC422/10bit
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p 135Mbps Long GOP
2048×1080/1920×1080(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 50Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p
1280×720(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 12Mbps Long GOP
4096×2160/3840×2160(Super35mm) 59.94p/50.00p 170Mbps Long GOP YCC420/10bit
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p 100Mbps Long GOP
2048×1080/1920×1080(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 35Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p
1280×720(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 9Mbps Long GOP
MP4(H.264) 4096×2160/3840×2160(Super35mm) 59.94p/50.00p 150Mbps Long GOP YCC420/8bit
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p
2048×1080/1920×1080(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 35Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/24.00p/23.98p
1280×720(Super35mm/Super16mm) 59.94p/50.00p 8Mbps Long GOP
  • 解像度は1920×1080のみ

デュアルピクセルCMOS AF

全画素AF

デュアルピクセルCMOS AFは、全画素が撮像と位相差AFの両方を兼ねるセンサーによって実現したキヤノン独自のAF技術です。画面内縦横約80%の範囲で高精度で高速なAFが可能です。

EOS iTR AF X

ディープラーニング技術を導入して開発した頭部検出アルゴリズムを搭載した、EOS iTR AF XをCINEMA EOSとして初搭載。顔検知AFにおいて、従来の顔検出と合わせ、高度な頭部検出アルゴリズムの高速処理を実現し測距と追尾の信頼性を大幅に向上させました。

図:デュアルピクセルCMOS AF
  • iTR:Intelligent Tracking and Recognition

プロのオートフォーカス

プロカメラマンのフォーカス制御を参照し、より自然でなめらかなフォーカス駆動を再現。オートフォーカスながらプロのフォーカスワークで撮影できます。

図:プロのオートフォーカス

AFチューニング用メニュー

AF機能に柔軟性をもたせることでユーザーの使い勝手を向上する、AFチューニング用メニューを装備。AF速度を10段階、AF被写体追従特性を7段階にカスタマイズできます。

コンビネーションIS

CINEMA EOSで初めて、RFレンズ+EOS C70に搭載された電子ISの協調制御を実施。これにより最適な手ブレ補正効果が得られるようになり防振性能が向上しました。

図:コンビネーションIS

Super16電子IS

これまでの電子ISに加え、4Kセンサーを活かして、4K領域で撮像後に中心2Kの周辺領域を補正範囲として使用するSuper16電子ISを新搭載。強力なスタビライゼーションを実施することにより、防振性能を大幅に向上しました。

図:Super16電子IS

オートISO/ゲイン機能

なめらかにゲイン切り替えを行うことができるDGOセンサーの特性を活かし、自動で感度調整を行うことができます。これにより明るさが大きく変わる屋内から屋外などの移動での撮影時に、絞り値などのカメラ設定を気にせず、フレーミングに集中した撮影が可能となります。またドローンなど遠隔撮影においても効果を発揮します。

図:オートISO/ゲイン機能

デュアルSDカードスロット

デュアルSDカードスロット

汎用性の高いSDカードスロットを2基搭載したデュアルSDカードスロットを搭載。2枚のカードを活用した多彩な記録モードに対応します。

ハイフレームレートを含むすべての記録フォーマットをカバーするためにはビデオスピードクラス V90のカードが必要です。

図:デュアルSDカードスロット

4Kでの常時記録に対応

2つのカードスロットのうち、カードAは通常の記録を行い、カードBはRECボタン押下に関係なく常に記録を行います。逆RECスイッチによる撮り逃しが起こっても、常時記録されているカードBのデータを使用することができます。常時記録モードはメイン記録がMP4のときに使用可能です。

異種同時記録

2枚のSDカードそれぞれに、ファイルフォーマットや解像度、カラーサンプリングなど、異なるストリームの組み合わせで同時記録が可能。バックアップや配布目的に合わせて使い分けることができ、変換作業の手間を軽減します。

図:異種同時記録

ルックファイル機能

ルックファイル(Look File)

記録に対応した「Look File」をカスタムピクチャに追加。カラーグレーディングソフトなどで作成した.Cube形式の3D LUTをカメラ内に取り込み、取り込んだ3D LUTを適用した収録が可能になりました。これにより、カラーグレーディングを前提としないワークフローにおいても、意図したルックで収録することができ、効率的なワークフローを実現します。

図:ルックファイル機能

操作性

3ダイヤル+ジョイスティック

右手グリップに操作系統を集約し、カメラを握り替えることなくグリップを握ったまま各種設定が可能。グリップ部には3つのカスタムダイヤルとジョイスティックが自然な位置にレイアウトされ、指先一つで様々な設定を素早く設定できます。さらにRFレンズのコントロールリングにも各種機能を割り当て可能です。

図:3ダイヤル+ジョイスティック

タッチインターフェイス

目的の設定画面に素早くアクセスすることができる、新しいタッチインターフェイスを開発。従来は階層構造となっていた撮影設定が片手で素早く変更可能となり、カメラを持ったままでも設定変更になりました。

図:タッチインターフェイス

縦撮り対応

スマートデバイスやデジタルサイネージなどの縦画面視聴に最適化するための縦撮り機能と装備を充実させました。撮影目的に合わせた柔軟な撮影スタイルに対応します。

図:縦撮り対応

アナモフィックレンズ対応(デスクイーズ出力対応)

本機にアナモフィックレンズを装着して撮影するとき、モニター画面では、メニューで設定した倍率(2倍または1.3倍)で横方向に拡大(デスクイーズ)した映像を確認できます。

ビルトインNDユニット

厚さをEOS C200の約半分、約6mmに抑えた、超薄型電動式NDユニットを新開発。薄型ユニットながら、従来のCINEMA EOSカメラと同等の2/4/6/8/10stopsの5段階(8/10stopsは拡張時)の明るさ調整が可能。ボディー左側面にNDボタンを設置し、使い慣れたCINEMA EOSの操作性を踏襲しました。

図:ビルトインNDユニット

アサインボタン

小型ボディーに13個のアサインボタンを配置。撮影中でもアクセスしやすい位置に配置し、80以上の機能を自由にカスタム可能です。

図:アサインボタン
機能名
(未設定) WFM:HDMI Shot Mark追加
One-Shot AF LUT:LCD OK Mark追加
AFロック(ON/OFF切り替え) フォルスカラー:すべて チェックMark追加
AFロック(押下時有効) フォルスカラー:LCD ヘッドホン+
AF枠 フォルスカラー:HDMI ヘッドホン-
顔検出AF フォルスカラーインデックス モニターチャンネル
顔検出&追尾 ホワイトバランス オーディオレベル
追尾 ホワイトバランスセット FUNC
フォーカスガイド AWBホールド Slow&Fastモーション
ピーキング:すべて [AWB]AWB Slow&Fastフレームレート
ピーキング:LCD [Set]セットA 出力:60⇔60(30)fps
ピーキング:HDMI [Set]セットB 出力:60⇔60(24)fps
Magnification [太陽]太陽光 アイリス
Magnification: LCD [電球]電球 シャッター
Magnification: HDMI [色温度]Kelvin ISO/ゲイン
プッシュオートアイリス LCD設定 ステータス
アイリスモード オンスクリーン表示:HDMI オーディオステータス
アイリスモード+ オンスクリーン透過:すべて Custom Picture
アイリス- オンスクリーン透過:LCD 電子IS(ON/OFF切り替え)
ND+ オンスクリーン透過:HDMI 電子IS(押下時無効)
ND- DISP マイメニュー
ISO/ゲインモード オンスクリーン表示方向:LCD メディア初期化
AEシフト+ マーカー:すべて 再生/一時停止
AEシフト- マーカー:LCD端子 INDEX/レジューム解除
バックライト マーカー:HDMI INDEX
スポットライト カラーバー フォーカスモード
ゼブラ:すべて IPストリーミング REC(アサイン4のみ)
ゼブラ:LCD Photo ユーザー設定
ゼブラ:HDMI レックレビュー
WFM:すべて Time Code
WFM:LCD

マウントアダプター

マウントアダプター EF-EOS R 0.71×

スーパー35mmセンサーでもフルサイズと同等画角での撮影を可能とする縮小光学系を採用したマウントアダプター。被写界深度は装着前と同等に、約1段明るいFナンバーでの撮影ができ、EFマウントのレンズ資産をフルに活かせます。

図:3ダイヤル+ジョイスティック

発売当初のフルサポートレンズはEF16-35mm F2.8L III USM、EF24-70mm F2.8L II USM、EF24-105mm F4L IS II USMの3本です。(今後順次拡大予定。)

フルサポートレンズ 他のEFレンズ
(MOUNT ADAPTER ファームアップ前)
撮影
(動画/静止画)
電源ON時確認表示なし 電源ON時確認表示あり
動画および静止画撮影は可能
表示、メタデータ
(Fナンバー、焦点距離)
Fナンバー、メタデータを適切に変換 情報表示に誤差が出ることがあります
AE/オートアイリス 正確な光学情報を基に適切に変換 露出調整はマニュアルをお勧めします
デュアルピクセルCMOS AF 画面周辺近くまで可能 正確なピント合わせにはMFをお勧めします
光学補正
(周辺光量、倍率色収差)
補正有効 × 周辺光量/倍率色収差補正は無効になります

フルサポートされているレンズ以外が装着された際、カメラモニター上に確認表示が出ます。確認表示後、OKをタッチすると撮影が可能になります。コメントに関しては取説をご確認ください。

インターフェイス

図:ルックファイル(Look File)

リモートコントローラー RC-V100対応

画質調整など主要な操作を離れた位置から設定できる多機能リモートコントローラーに対応。

図:リモートコントローラー RC-V100対応

Browser Remote

両手での操作を前提として、操作エリアを両側に配置したUIを採用。ライブビュー表示することができ、制作スタッフやクライアントとプレビュー画面をリアルタイムで共有することができます。

図:Browser Remote

FTP転送

動画ファイルをネットワークを通して外部サーバーに転送するFTP転送に対応。プロキシファイルなどを外部サーバーに転送し、編集後、後から高解像度ファイルに置き換えるなどといったワークフローが可能となります。

図:FTP転送

IPストリーミング

USB-C端子に変換アダプタを接続することにより、ネットワーク接続を可能にし、リアルタイムに動画を配信できるIPストリーミングに対応。対応IPデコーダーやIPストリーミング対応ソフトウエアなどに対応するため、放送局など既存の映像制作・編集フローの中でニュース番組や動画サイトでのライブ配信などが可能になります。

図:FTP転送
対応プロトコル RTP/UDP/RTP+FEC/RTSP+RTP
メイン動画の信号形式
解像度/フレームレート
ストリーミングの信号形式
H.264
8bit
映像 音声
ビッレート 解像度 フレームレート 形式 ビッレート
H.264 10bit
3840×2160 59.94p,50.00p
1920×1080
59.94p/i,50.00p/i
9M bps 1920×1080 59.94p/59.94i,
50.00p/50.00i
MPEG2
AAC 2ch
256K bps
4M bps 1920×1080

動画記録中(H.264)のIPストリーミング(H.264)は可能です。
ただし、MP4(HEVC)記録中はIPストリーミングできません。