EOS C700/EOS C700 GS PL
| 運用性/拡張性

運用性/拡張性

新開発モジュール構造

システムアクセサリーとの連動で機能を付加するモジュール構造を採用しました。シネマカメラとして複数人で操作することも、ワンマンで撮影に臨むことも可能。さらに、EFPカメラとしても運用できる、高い拡張性を実現しています。

アナモフィックレンズに対応

シネマ撮影で使用されるアナモフィックレンズに対応。通常のレンズでは表現できない独特なフレア、ボケ味を映像表現に活用できます。有機EL電子ビューファインダーEVF-V70(別売)やMON.端子からの出力時には、メタデータのスクイーズ倍率(×2.0/×1.3/切)に連動させるほか、モニタリング倍率(×2.0/×1.3)を選択することもでき、2.39:1のアスペクト比で映像を確認することが可能です

  • 2Kで撮影した映像はHDMI出力時もモニタリング倍率を適用できます。

フル HD / 120P、クロップ時240P記録に対応

フル HD / 120Pに加え、最大240P(クロップ撮影)のハイフレームレートによる撮影・内部記録に対応。滑らかなスロー再生が可能です。

放送用レンズ対応

別売のB4マウントアダプターMO-4E(EOS C700用)/MO-4P(EOS C700 GS PL用)を使用することにより、B4マウントの放送用ENGレンズを装着できます。

対応ENGレンズ

HJ14e×4.3B IASES、HJ18e×7.6B IASES、HJ24e×7.5B IASES、HJ17e×7.6B IASES、HJ22e×7.6B IASES

  • 2018年3月現在