• CINEMA EOS 製品情報
  • WINDOW CLOSE

CANON LOG TECHNICAL SITE

CINEMA EOS SYSTEM

技術解説 TOP

TECHNICAL SITE TOP

COLOR GRADING & DIGITAL INTERMEDIATE カラー・グレーディング、そしてD.I.とは

写真:COLOR GRADING & DIGITAL INTERMEDIATE

色味やトーンを整えて、作品の世界観を作り上げていくカラー・グレーディングと呼ばれるプロセス。以前はカラー・コレクション(通称:カラコレ)と呼ばれていた工程ですが、いつの頃からか、『カラー・グレーディング』と呼ばれるようになりました。実はその誕生には、Logの登場が大きく関係しています。
"Grading"という言葉は、英語的なニュアンスでいうと、色を調整するというよりも、色を選別するというニュアンスが強いのです。つまり再現域の広い素材データから必要なレンジの情報を抜き取り、調整していくことがグレーディングの本来の意味です。黒つぶれや白トビを起こしたダイナミックレンジの狭い映像では、カラコレは出来ても、本来の意味でのグレーディングは出来ません。ハリウッドでグレーディングという言葉が使われ出したのも、フィルムのLogであるCineon(シネオン)が登場し、このLogを使ったワークフローが確立されてからのことです。Rec.709のようなリニアなカラースペースでは再現出来なかった広いレンジの素材から必要なレンジを取り出して、自分好みの作品に仕上げていく… Logとカラー・グレーディングの組み合わせは、映像表現の幅を広げ、フィルムを超えた表現力を可能にする新たな映像時代を切り開いたといえます。

Logが可能にしたDigital Intermediate

DaVinci Resolve (Blackmagic Design)

グレーディングの他にもう1つLogが可能にしたプロセスがあります。それが、Digital Intermediate(D.I.:デジタル・インターミディエート)というプロセスです。一般的にカラー・グレーディングを行うポストプロダクションの設備をD.I.ルームなどと呼ぶため、D.I.=仕上げのグレーディング処理だと思われがちですが、Digital Intermediateとは、本来、あらゆるメディアに対応したデジタル・マスターを作ることであり、より多くの情報を記録できる記録フォーマットが求められます。たとえフィルムやRAWで撮影された作品であっても、最終的なマスターが、8bitのリニアになってしまっては、D.I.としての利用価値は下がってしまいます。実はハリウッドでは、このD.I.のスタンダードフォーマットとして"Log"を活用しているのです。広いダイナミックレンジを得られるLogでデジタル・マスターを作ることで、フィルムへの変換、デジタルシネマやディスクパッケージ(DVD、ブルーレイ等)など、異なるメディアへの変換や今後生まれてくるであろう新たなメディアへの対応も可能となります。
Logは入力素材としてだけではなく、デジタル・マスター用の記録フォーマットとしても非常に有効なフォーマットなのです。

Creator's Voice

株式会社IMAGICA デジタルプロダクション部 デジタルイメージンググループ デジタルカラーグレーダー 山下哲司氏

EOS MOVIEの普及で映画作品の一部にDSLR動画の素材が入り、さらにCineStyleなどカラコレがしやすいピクチャースタイルなども登場してきた中で、さらにカラコレやグレーディングがしやすいCanon Logが登場したこと、また廉価なシステムでもカラーコレクションが出来るようになってさらにその普及拡大のタイミングで、Log収録できるEOS C300のような価格帯のカメラが出て来たことは、カラーコレクションの業界への認知と、カラーグレーディングの普及という意味で非常に大きいと思います。Canon Logの画は一見固いイメージはありますが、他のLogに比べてもカラーコレクションした際の発色の付いて行き方が素直でキレイなので、非常に扱いやすいLogだと思います。さらにクライアントの様々な要望に対してもLogであれば自由度が増します。フィルムの作品の中でCanon Logを扱って行くことでCineonに変換してViewing LUTを当てるなど、マルチカメラの一つとしてEOS C300を使う事も出来ます。またEOS C300のみで撮影し、Canon log用のViewing LUTを構築して、信号としてCanon Logをキープしていくようなフローも構築可能です。

PAGE TOP

© CANON INC. / CANON MARKETING JAPAN INC. 2012