カテゴリーを選択

トップ > Cのキセキ Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」 > P1

Cのキセキ

いよいよ9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下、RWC 2019)。11月2日の決勝戦まで全国12会場、全48試合が行われ、入場者数は180万人に達するとみられている。日本では今後も国際的なスポーツイベントが続くが、キヤノンはその歴史の中でスポーツと深く関わり、さらに新しい関係を築こうとしている。その取り組みについて聞いた。

  • Twitter
  • Facebook
  • Cのキセキ
  • 2019.09.01

Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」

技術競争で始まったキヤノンとスポーツの関係

写真:Rugby World Cup ロゴ TM © Rugby World Cup Limited 2015 写真:松阪喜幸 キヤノンマーケティングジャパン(株)ラグビーW杯/オリンピック・パラリンピックプロジェクト委員長を務める取締役 専務執行役員の松阪喜幸

世界に名だたるラガーマンが、鍛え上げた技と肉体でぶつかり合うRWC 2019がついに始まる。期待が頂点に達しようとする今、その現場に携わる人々もまた、「いよいよ」との想いを抑え切れずにいる。

「トップアスリートが繰り広げるプレーを間近で体感できることの価値は、計り知れないほど大きなものだと思います。その迫力に、多くの人が引き込まれるはずです。これまでキヤノンはスポーツと深い関わりを持ってきましたが、世界的なスポーツイベントがこの日本で開催されることをきっかけに、スポーツが社会で果たす役割の大きさをあらためて実感しています」

そう話すのは、キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)の松阪喜幸だ。キヤノンがオフィシャルスポンサーを務めるRWC 2019に向け、松阪は社内の推進プロジェクトの委員長として活動をまとめてきた。

「アスリートたちが世界の頂点を目指す戦いの横では、カメラメーカーも勝負を繰り広げています。カメラやレンズの性能が試される過酷なスポーツ報道の現場で、世界中から集まるフォトグラファーの信頼を得るのはどのメーカーなのか。それがはっきりする国際的なスポーツイベントは、キヤノン初のプロ用高級一眼レフカメラとして『F-1』を発売した1970年代以来、キヤノンにとっても特別な場所なのです」

技術競争の場として始まった、キヤノンとスポーツとの関係。しかし、その意義は時代とともに広がっていった。

「80年代には、モータースポーツやサッカーといった、世界的に高い人気を誇るスポーツに協賛を始めました。ちょうど、キヤノンがグローバル市場で認められ、成長していった時代と重なります。そして21世紀に入り、キヤノンのビジネスが新しいフェーズに入ったことで、スポーツとの間にも新たな関係が生まれてきています」

松阪は、キヤノンにとってのスポーツは、その時々の姿を描き出す鏡のような存在でもあると話す。では"今のキヤノン"は、その鏡にどう映し出されているのだろうか。

  • 次のページ

    大会前から始まっているプロサポートチームの「本番」

C-magazine サイト トップページに戻る

PDFで閲覧する場合は、デジタルアーカイブスへ

このページのトップへ