カテゴリーを選択

トップ > Cのキセキ Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」 > P2

Cのキセキ

いよいよ9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下、RWC 2019)。11月2日の決勝戦まで全国12会場、全48試合が行われ、入場者数は180万人に達するとみられている。日本では今後も国際的なスポーツイベントが続くが、キヤノンはその歴史の中でスポーツと深く関わり、さらに新しい関係を築こうとしている。その取り組みについて聞いた。

  • Twitter
  • Facebook
  • Cのキセキ
  • 2019.09.01

Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」

大会前から始まっているプロサポートチームの「本番」

写真:鉄谷 直、同本部プロサポート部の中村真一、津田聡太郎 RWC 2019でプロフォトグラファーのサポートを担当するキヤノンマーケティングジャパン(株)フォトイメージング推進本部グローバルスポーツイベントプロサポート推進室の鉄谷 直(左)、同本部プロサポート部の中村真一(中央)、津田聡太郎(右)

世界的なスポーツ大会が開催される際、キヤノンのカメラを使うプロフォトグラファーを支援するのが、「キヤノンプロフェッショナルサービス(以下、CPS)」だ。その運営を行うプロサポートのメンバーにとって、RWC 2019期間中は慌ただしい毎日となる。CPSは現場でどんな活動をするのだろうか。プロサポート部門を統括する、キヤノンMJの中村真一はこう説明する。

「普段は東京と大阪にあるサービスカウンターを中心に活動していますが、RWC 2019の大会期間中は、48試合全てで競技場内にサービス拠点を設置してサポートを提供します。カメラやレンズのチェック、クリーニング、万が一の際の機材の貸し出しなど、プロフォトグラファーの皆さんが撮影に集中できる環境をつくることが目的です」

大会期間中は海外のプロサポートスタッフにも協力を要請し、万全の体制で臨むが、プロサポートの"本番"は大会が始まるずっと前から始まっているという。

「もちろん試合当日のサポートを完璧に行うことは大事ですが、実はそこに至る日々の活動の積み重ねも、プロサポートという領域では重要なのです」

RWC 2019のプロサポートのプランニングを担当する鉄谷 直は、長い時間をかけて準備を整えてきた。

「国際的なスポーツ大会となると、各国の新聞社、通信社、雑誌社などから派遣されてくるプロフォトグラファーの数も桁違いに多くなりますし、報道の確実性や即時性への要望も高まります。それだけにさまざまな事態を事前に想定して対応しておくことが求められます」

それぞれの競技会場のどこに拠点を設置するのかといった場所の選定から、サービス内容の検討、機材の割り振りや運搬、スタッフのチーム分けに移動や宿泊先の手配まで、検討や調整すべき点は多岐にわたる。

「もちろんスポーツ大会の主役はアスリートであり観客の皆さんですが、CPSとしては"フォトグラファーファースト"の精神で、世界から集まるプロフォトグラファーの皆さんが撮影に集中できるよう、徹底した準備をしています」

RWC 2019の大会期間中には、各会場でサービススタッフの一員となる津田聡太郎も、準備は整っていると話す。

「普段はキヤノン製品をお使いの新聞社や通信社、雑誌社を巡回して、定期的にカメラやレンズのメンテナンスを行っています。大きなスポーツ大会が開催されると普段よりも多くの機材が使われることになるため、数カ月前から計画的に機材のメンテナンスやクリーニングを進めていきます。事前にトラブルの芽を摘んでおくためです。巡回の際には、プロフォトグラファーの皆さんとフェーストゥフェースで直接お話しするようにしています。そうしたコミュニケーションから、ちょっとした使い勝手に関する不満や、文章では伝えにくい繊細な要望をくみ取っていくのも大切な仕事です」

中村は、コミュニケーションこそが、サポートという業務の本質だという。

「キヤノンはこうして集まった声を、サービス改善や製品開発に生かしてきました。そうしたサイクルをつくり上げてこそ、"プロの信頼に応える"といえるのではないでしょうか」

キヤノンが勝ち取ったプロからの信頼は、こうした努力が支えてきたのだ。

画像:"フォトグラファーファースト"のサポート体制でプロの仕事を支える

"フォトグラファーファースト"のサポート体制でプロの仕事を支える
「CPS」はプロフォトグラファーの活動を支援するための会員制のサービス・サポート制度。大規模なスポーツイベントでは競技場内にサービス拠点を設け、機材の点検・清掃や修理受付、貸し出しを行う。RWC 2019でも全48試合の会場で、要望を聞き取って修理担当者に伝達する「プロレップ」と故障原因を判断して修理を行う「テクレップ」が連携してプロフォトグラファーの仕事を支える。

  • 前のページ

    技術競争で始まったキヤノンとスポーツの関係
  • 次のページ

    顧客の課題を掘り起こし技術とアイデアで解決する

C-magazine サイト トップページに戻る

PDFで閲覧する場合は、デジタルアーカイブスへ

このページのトップへ