カテゴリーを選択

トップ > Cのキセキ Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」 > P4

Cのキセキ

いよいよ9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下、RWC 2019)。11月2日の決勝戦まで全国12会場、全48試合が行われ、入場者数は180万人に達するとみられている。日本では今後も国際的なスポーツイベントが続くが、キヤノンはその歴史の中でスポーツと深く関わり、さらに新しい関係を築こうとしている。その取り組みについて聞いた。

  • Twitter
  • Facebook
  • Cのキセキ
  • 2019.09.01

Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」

NVSが切り拓く新しいビジネススキーム

写真:加藤佳弘 キヤノンマーケティングジャパン(株)で試合会場となるスタジアムへのNVSの導入プロジェクトを推進するNVS企画本部の加藤佳弘

RWC 2019の開催に際して、開催地の自治体から大きな関心が寄せられたキヤノンのソリューションは他にもある。ネットワークカメラとそれらを制御・分析するシステムを組み合わせた「ネットワークビジュアルソリューション(以下、NVS)」だ。その関心の高さの背景を、荒はこう説明する。

「RWC 2019で試合会場となるスタジアムの多くは、2002年に開催された国際的なスポーツ大会の際に建設されました。それから月日がたち、今大会を開催するに当たって、多くのスタジアムで最新の規格に合わせる改修が必要になりました。キヤノンはそうした最新の規格に適合するソリューションを提供できる企業として、いくつかの改修プロジェクトに参画しました」

2020プロジェクト営業推進室と連携して、NVSの採用に向けて取り組みを進めたのが加藤佳弘だ。キヤノンは13年からネットワークカメラ市場に本格参入し、この領域で存在感を示すまでに成長しているが、こうした大型公共事業への参画は初めての機会だった。

「公共事業では製品そのものの性能だけではなく、設備工事をしっかりと行えるか、過去の実績はあるかといった点が重視されます。また、いわゆる商流についてもコンシューマー向けとも、企業向けとも大きく異なります。キヤノンMJとして初めて経験することばかりでした」

試行錯誤の中でも自治体の担当者や、地元企業とのコミュニケーションを重ねて信頼を勝ち取り、キヤノン製品の"強み"を伝えることで、最終的に5会場6施設にキヤノンのNVSが採用された。

「キヤノンのNVSが、高精細な映像に加え、画像解析などITと融合したソリューションであること。さらに、RWC 2019開催後も視野に入れ、スタジアム以外への適用も含めた運用管理の効率化など、拡張性の高い提案が評価されたのだと考えています」

RWC 2019の会場となる大分県の大分スポーツ公園総合競技場に導入されたキヤノンのNVSは、約2000万画素の超高解像度かつカラーで監視が可能なカメラと、360度高倍率旋回カメラとを組み合わせたもの。さらに、将来的には映像解析ソフトウエアと連携させ、映像内の人数のカウントや普段とは異なる振る舞いの検知、性別や年齢層の識別といったことも可能だ。RWC 2019の開催に向けた改修ではあるが、住民の憩いの場である大分スポーツ公園としての安心・安全にも貢献する。また、広域防災拠点にも指定されているため、災害時の安全確保といったケースにも対応できる。

「こうした実績を積み重ねていくことで、キヤノンが培ってきたイメージング領域の技術とノウハウを核にした、課題解決の方法を提供できるのではないかと感じています」

こうした"今のキヤノン"が提供する課題の解決策は、スポーツの現場を起点に、さらにその先を見据えたものだ。

画像:"安心・安全"のその先につながるネットワークビジュアルソリューション

"安心・安全"のその先につながる
ネットワークビジュアルソリューション

"安心・安全"は開催都市となる自治体にとって重要な課題。そうした課題のソリューションとなるのが、ネットワークカメラとそれらを制御・分析するシステムを組み合わせたキヤノンの「NVS」。RWC 2019では、5会場6施設に導入されている。「NVS」は拡張性も高く、スタジアムだけでなく多くの人が集まる場所のセキュリティ向上や大規模災害が発生した場合の課題解決など適用範囲が広い。

  • 前のページ

    顧客の課題を掘り起こし技術とアイデアで解決する
  • 次のページ

    スポーツの現場にまかれる未来につながる"種"

C-magazine サイト トップページに戻る

PDFで閲覧する場合は、デジタルアーカイブスへ

このページのトップへ