カテゴリーを選択

トップ > Cのキセキ Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」 > P5

Cのキセキ

いよいよ9月20日に開幕する「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下、RWC 2019)。11月2日の決勝戦まで全国12会場、全48試合が行われ、入場者数は180万人に達するとみられている。日本では今後も国際的なスポーツイベントが続くが、キヤノンはその歴史の中でスポーツと深く関わり、さらに新しい関係を築こうとしている。その取り組みについて聞いた。

  • Twitter
  • Facebook
  • Cのキセキ
  • 2019.09.01

Episode.26 「キヤノンとスポーツの新しい関係」

スポーツの現場にまかれる未来につながる"種"

写真:山田昌敬 キヤノン(株)イメージソリューション事業本部長、ラグビーW杯/オリンピック・パラリンピック推進プロジェクトチーフを務める常務執行役員の山田昌敬

カメラや放送用レンズといったスポーツの魅力を伝える手段を製品に持つとはいえ、なぜキヤノンはここまで本気でスポーツと向き合うべきだと考えているのだろうか。その問いに、キヤノンのイメージソリューション事業を統括し、同社スポーツイベント対応の推進プロジェクトチーフも務める山田昌敬はこう答える。

「RWC 2019を目前にした盛り上がりを見るにつけ、ラグビーに限らずスポーツには人間の本能を刺激する官能や喜びがある。あらためてそう感じています。そうした人間の本質が現れる場所で、人はどのようなものに注目し、どんなものを求めるのか。ビジネスに携わる身として、そうした視線でスポーツを観て、ヒントを得ることも大切なことだと考えています。もちろん、純粋にRWC 2019での、トップアスリートたちによる真剣勝負も楽しみです」

キヤノンは、RWC 2019から始まるかつてない日本の"スポーツの季節"をターゲットに、キヤノンの"未来"を見据えた新しい取り組みも進めている。

例えば、魚眼レンズを装着した8Kカメラで撮影した映像を、4Kプロジェクターを使って視野全体を覆うほど横長で湾曲したスクリーンに投影する「臨場感映像ライブビューイング」や、8Kカメラとレンズによる「8K高精細映像ライブビューイング」、スタジアム内を囲むように配置した高解像度カメラで撮影した映像を処理し、実際のカメラ位置にとらわれない自由な位置から好みの角度で映像を観ることができる「自由視点映像生成システム」など、新しい映像体験を提供するソリューションの実証実験だ。

「どんな"新しい映像体験"をお届けできるのか。それを検討しながら開発を進めています。例えば、『自由視点映像生成システム』は、単に視点を自由に動かせるだけでなく、システムを活用することで、映像を解析して得られた運動量や選手の視線といったデータを重ねて表示することも可能ですから、観て楽しむというだけでなく、選手の育成やチーム戦略の立案にも生かせるでしょう」

キヤノンMJの松阪も、その可能性についてこう話す。

「イメージング技術とITを融合した、キヤノンらしいソリューションが生きる領域は、スポーツだけでなく舞台や音楽などさまざまなエンターテインメントまで広がるはずです。さらに、パートナー企業との共創により、そこに新たなビジネスが生まれるでしょう」

イメージング技術とITを融合させた、新しいビジネスの開拓。キヤノンとスポーツの関係が生まれてからの約50年間、キヤノンは技術競争の場としてスポーツと本気で向き合い、現在につながる技術を育ててきた。そして"今のキヤノン"も、これから始まるスポーツの祭典の現場で、未来につながる種をまこうとしている。

画像:培ってきた映像技術を生かした新たなスポーツ観戦体験へ挑戦

培ってきた映像技術を生かした
新たなスポーツ観戦体験へ挑戦

スタジアムの外にいる人にも、試合の迫力を臨場感あふれる映像で伝えたい。キヤノンはそのための提案として、8Kカメラと魚眼レンズを組み合わせて撮影し、複数台の4Kプロジェクターで視野全体を覆う湾曲したスクリーンに投影する「臨場感映像ライブビューイング」や、細部までクリアに見える「8K高精細映像ライブビューイング」といった、新しい映像体験の提供にも取り組んでいる。

画像:映像技術とITの融合から生まれた「自由視点映像生成システム」

映像技術とITの融合から生まれた「自由視点映像生成システム」
スタジアム内を囲むように配置した複数の高解像度カメラで撮影した映像から3Dデータを作成し、視点と時間を自由に操作することができるのが「自由視点映像生成システム」。スタジアムの真上からや特定の選手と同じ視点で試合を観たり、同じシーンをさまざまなアングルで観たりといったことができる。さらに、映像の解析結果を基に、選手の運動量やボール支配率といったデータを重ねて表示するといった活用もできる。

C-magazine サイト トップページに戻る

PDFで閲覧する場合は、デジタルアーカイブスへ

このページのトップへ