私たちのソリューション医療を支える

写真:久我山クリニック

先進の医療機器とテクノロジーを活用したソリューションで
人にやさしい医療を実現します。

医療データの肥大化や高齢化による医療費の増大など、医療業界を取り巻く多くの課題の解決に、医用画像クラウドサービス「Medical Image Place」が貢献します。医療画像をクラウド上に保管し閲覧できる「医用画像システムサービス」や、遠隔地にいる医師と医療機関や健診機関をつなぐ「遠隔読影インフラサービス」、地域の診療所と拠点病院をつなぎ医療情報を共有できる「地域連携サービス」などにより、業務効率化と質の高い医療を両立します。また、デジタルX線撮影装置、眼科疾患や生活習慣病の発見に力を発揮する眼底カメラ、網膜疾患を3次元で検査する光干渉断層計(OCT)など、多彩な医療機器を活用した最適な医療ソリューションを提供。患者さまや医療従事者に負担の少ない高度な医療を実現します。

持ち運びが容易なデジタルX線撮影装置が
効率化と自由度を高める

患者さまの医療データを一元管理できる電子カルテや遠隔診断システムが普及する中、X線撮影装置においてもデジタル化が進んでいます。中でも撮影画像の表示速度が圧倒的に速いDR(Digital Radiography)方式が急速に伸びています。コンパクトで軽量、持ち運びが容易なデジタルラジオグラフィ「CXDI」シリーズのワイヤレスモデルは、立位や臥位がいでの撮影はもちろん、健診車への搭載や災害医療といった幅広いニーズにもお応えします。

加齢による眼科疾患に最適な
医療ソリューションを提供

加齢とともに発症リスクが高まる緑内障、黄斑変性の早期発見のために、眼底カメラやOCTを活用する機会が今後さらに増加すると考えられています。私たちは光干渉断層計「OCT-HS100」や「OCT-A1」で捉えた網膜情報から血流情報を可視化、眼底毛細血管の形態を描出し、より詳細な疾患の状態がわかる「OCT Angiography」画像を提供しています。また、AI技術を駆使し高精細な画像を短時間で取得できる技術開発により、患者さまや医療従事者の負担を軽減し質の高い検査を実現します。