環境保全取り組み事例

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」が活動開始から10周年

SNSサービスでこのページを共有する

写真
「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」10周年ロゴ

使用済みインクカートリッジの回収から再資源化までのリサイクル活動を推進することを目的に、キヤノンとプリンターメーカー4社が共同で活動するプロジェクト「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」が、2018年4月に活動開始10周年を迎えました。

「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」は、郵便局や一部の自治体の施設などに設置した専用回収箱から、お客さまが使い終わったインクカートリッジを回収し、それを各メーカーがリサイクルして再資源化する取り組みです。キヤノンは、使用済みインクカートリッジの再資源化はインクジェットプリンターを販売する企業の社会的責任と捉え、2008年、プリンターメーカーとともに同プロジェクトを始動しました。

それまでにも各社が独自に使用済みインクカートリッジの回収活動に取り組んでいましたが、お客さまの利用頻度は少なく、そのほとんどがご家庭の一般ゴミとして捨てられている状況でした。そこで同プロジェクトでは、お客さまに利用していただきやすいよう、お客さまに身近な全国の郵便局に専用回収箱を設置するとともに、日本郵政グループの物流システムを活用して使用済みインクカートリッジを回収するという、効率的で安定した回収スキームの構築に注力しました。

全国の主要な郵便局でスタートした回収活動は、その後250以上の自治体の賛同を得て、今では6,000カ所を超える拠点に回収箱を設置しています。単独ではなく、プリンターメーカー各社との共同プロジェクトであったことが、郵便局や自治体の施設への専用回収箱の設置につながり、そしてそれが使用済みインクカートリッジの再資源化の加速につながっていきました。

この10年間で回収した使用済みインクカートリッジの数は累計約2,400万個。ご家庭の一般ゴミで処理され場合と比較したときのCO2削減量は883t-CO2、杉の木9万9,900本分に相当します(2018年3月末時点)。

今後もキヤノンは、本プロジェクトを継続することで再資源化に取り組み、循環型社会の形成に貢献していきます。

  • ※ プリンターメーカー4社:ブラザー工業株式会社、セイコーエプソン株式会社、デル株式会社、株式会社日本HP

Business with CSR PORTALトップへ

このページのトップへ