キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動

環境配慮製品・サービスの提供

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)は、独自商品の企画・開発、お客さま先での使い方、使用済み製品の回収・リサイクルなど製品ライフサイクルトータルでお客さまや社会全体の環境負荷低減に貢献していきます。

キヤノングループの環境負荷低減活動

キヤノングループは、「つくる」「つかう」「いかす」の製品ライフサイクル全体を見据えて、環境負荷低減に取り組んでいます。
その中で、お客さまとの接点という重要な役割を担うキヤノンMJグループでは、独自に企画・開発する商品の環境配慮はもちろんのこと、お客さま先での製品使用時の環境負荷低減や、使用済み製品・消耗品の回収・リサイクルなどに特に重点的に取り組み、地球温暖化防止や生物多様性保全に貢献していきます。

製品ライフサイクルにおける環境配慮

環境配慮製品の提供

キヤノングループでは、再生材料の使用、リサイクルしやすい設計、省エネ性能の向上など環境に配慮した製品をお客さまに提供しています。
キヤノンMJグループではオフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」やレーザービームプリンター「Satera LBP」、スモールオフィス向け複合機「Satera MFP」など省エネ製品をお客さまにご提供することで、使用時の消費電力削減を実現し、ひいては社会全体のCO2削減を推進していきます。

オフィス向け複合機
「imageRUNNER ADVANCE C5560」

レーザービームプリンター
「Satera LBP843Ci」

スモールオフィス向け複合機
「Satera MF735Cdw」

「GREEN NAVI Ver.2」サイトでは、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」の省エネ効果をシミュレーションできます。

COOL CHOICEへの賛同

COOL CHOICE

キヤノングループはCOOL CHOICEに賛同し、省エネ製品の提供や、トナーカートリッジの積極的な回収・リサイクルを実施するとともに、地球温暖化防止活動の啓発を行っています。

  • COOL CHOICEとは、温室効果ガス削減のための政府の取り組みです。

詳しくはこちらを参照してください

COOL CHOICEサイトへ

カーボン・オフセットの取り組み

どんぐりマーク

どんぐりマーク

複合機のライフサイクル全体で排出するCO2を、他の場所での排出削減・吸収量で埋め合わせ(オフセット)し、実質ゼロにする「カーボン・オフセット」の取り組みを、2014年に再生モデルの複合機「Refreshedシリーズ」で導入しました。2016年には、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズの全機種と一部のプロダクションプリンターにおいて、キヤノンがオフセットしたCO2排出量をお客さまが自己排出分の削減量として利用できるしくみを開始しました。
また、使用済みカートリッジ回収リサイクルシステムにおいても「カーボン・オフセット」を導入し、回収輸送およびリサイクル拠点におけるリサイクル工程で発生するCO2排出量をオフセットしています。

「カーボン・オフセットの取り組み」についての詳細は、こちらのページへ

カーボン・オフセットの取り組みのページへ

主なITソリューションとその環境負荷低減効果

キヤノンMJグループでは、ドキュメントソリューションをはじめさまざまなITソリューションを提供しています。これらITソリューションの活用は業務効率化やコストダウンだけでなく、人やものの移動削減、資源・エネルギーの消費抑制など環境負荷低減につなげることができます。
例えば、データセンターの活用や、紙文書の電子化による保管スペースの削減などにより、お客さま先の使用エネルギーの削減につながります。

キヤノングループが提供するソリューションの詳細は、こちらのページへ

ソリューションのページへ