協働団体

プロジェクトを支える団体を紹介します

生物多様性の保全を目指す協働団体を公募し、審査基準に基づいて決定した下記の団体とともに市民参加型で取り組むプログラムを実施しています。

「未来につなぐふるさと基金」 協働団体選考結果詳細のページへ(パブリックリソース財団のサイト)

日本地図

  • 神奈川県横浜市 貝殻浜生物調査隊
  • 大阪府松原市 里山倶楽部
  • 広島県安芸太田町 三段峡-太田川流域研究会
  • 高知県高知市 高知県牧野記念財団
  • 福岡県福津市 環境ネットワーク「虹」
  • 北海道厚岸郡 霧多布湿原ナショナルトラスト
  • 山梨県南都留郡 富士山アウトドアミュージアム
  • 神奈川県三浦市 小網代野外活動調整会議
  • 静岡県静岡市(清水区) 海辺工房ひとで
  • 沖縄県宮古島市 宮古島海の環境ネットワーク

2019年~2020年度協働団体

貝殻浜生物調査隊

貝殻浜生物調査隊は都市河川鶴見川の下流域で、生きもの調査や自然観察会を実施しています。毎月第一日曜日潮位に合わせた時間での調査活動と、春から夏にかけてのお魚とりや秋のハゼ釣り大会など能力環境教育体験を中心に活動しています。NPO法人鶴見川流域ネットワーキングと連携させていただき、アユの稚魚の調査やシラスウナギの調査も実施しています。

プロジェクトへのおもい

都市河川鶴見川の驚くべき生物多様性を、あなたも是非体験してみませんか?みなさまのご参加お待ちしています!!

  • 写真
  • 写真

貝殻浜生物調査隊のサイトへ

NPO法人 里山倶楽部

里山倶楽部は1989年から30年来、里山保全活動に取り組んできました。「新しい“里山的”生き方・暮らし方の提案」をコンセプトに、森づくり活動、棚田保全、環境教育、人材養成、木質バイオマスエネルギーなどさまざまな切り口で、ボランティアだけでなく、はたらくことや暮らしの場まで、それぞれが自分らしいスタイルで、里山と係わることのできる活動を展開しています。

プロジェクトへのおもい

動植物の調査や記録をもとに、多くの生き物でにぎわう里山づくりをすすめていきたいと思います。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 里山倶楽部のサイトへ

NPO法人 三段峡-太田川流域研究会

私たちは、都市と田舎の豊かな関係をつくる観光を発展させ、100年後まで生物多様性と美しさが保たれる山里を目指します。物見遊山の観光地だった『三段峡』を野外博物館と位置づけて、自然や歴史を調べ、伝える活動をしています。また、地元の小学生や中学生へふるさとに誇りを持って生きるための人材育成を行っています。

プロジェクトへのおもい

絶滅危惧種に指定された動植物18種のいる生物多様性が豊かに保たれた深入山で、楽しく体験し自然を守る気持ちを育み、未来に自然豊かなふるさとを伝えていきたいです。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 三段峡-太田川流域研究会のサイトへ

公益財団法人高知県牧野記念財団

高知県立牧野植物園を管理運営する牧野財団は、高知県の植物の調査、研究と保全活動を、植物調査ボランティアと協働で実施しています。2016年〜2019年には高知県の外来植物調査に取り組み、市町村別分布表を作成しました。特定外来生物駆除活動を継続して行うほか、身近な自然を調べるタンポポ調査など、自然と親しくなるきっかけづくりをしています。

プロジェクトへのおもい

皆さんと一緒に、体験型プログラムを通じて、ふるさとの自然を知り、守り、伝える活動をしていきたいと思います。

  • 写真
  • 写真

公益財団法人高知県牧野記念財団のサイトへ

環境ネットワーク「虹」

環境ネットワーク「虹」は「つなぐ」をキーワードに、五感で自然とふれあい体でエコロジー(生態学)を学んで「自然感覚」を育む森のムッレ教育、無農薬の田んぼビオトープ、生き物調べ、リーダー育成等の活動を行っています。幼児期からのESD(持続可能な社会の担い手づくり)を推進し、人と多様な生きものが共に大切にされる地域作りに貢献したいと考えています。

プロジェクトへのおもい

子どもたちと里山や田んぼなどの生きものを発見して地域の生物多様性を発信し、未来につなぐ市民を増やしたいです。

  • 写真
  • 写真

環境ネットワーク「虹」のサイトへ

2018年~2019年度協働団体

NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラスト

霧多布湿原は北海道の東部に位置し、夏には多くの花が咲き誇る湿原です。私たちはこの湿原の民有地部分を買い取り、保全する活動をしています。地域の子どもたちに対しては、地域の自然や産業とふれあう「きりたっぷ子ども自然クラブ」という活動を実施しています。活動内容はカヌーや乗馬、無人島探検、キャンプ、料理教室など多岐にわたります。

プロジェクトへのおもい

さまざまな体験活動を通して、子どもたちに少しでも霧多布湿原を好きになってもらえたらと思っています。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラストのサイトへ

富士山アウトドアミュージアム

富士山は、屋根のない博物館。「たくさんみつけて」「ていねいに調べて」「大切に守り続けて」「めいっぱい楽しむ!」この4つをキーワードに、富士山の価値を損なうことなく後世につなげるための保全活動を行っています。清掃活動、野生動物ロードキル調査、富士山の森が小学校、キャンププログラムなど。富士山まるごと、みんなで楽しみながらがんばっています!

プロジェクトへのおもい

多くの訪問客が訪れる富士山麓にて、ロードキルを減少させる取り組みをみんなで成功させたいです。

  • 写真
  • 写真

富士山アウトドアミュージアムのサイトへ

NPO法人 小網代野外活動調整会議

「小網代は森と干潟と海」といわれるように、小網代の森は関東で唯一、流域がまるごと保全された奇跡の自然です。私たちは、小網代の森の生物多様性を「流域思考による多自然創出」によって守り、推進しています。また、毎月開催されるボランティアウォークや各種イベントにより、市民や子どもたちへの環境教育・啓発活動などを実施しています。

プロジェクトへのおもい

花さく小網代、生物多様性豊かな小網代を創出する活動に、ぜひご参加ください!

  • 写真
  • 写真

NPO法人 小網代野外活動調整会議のサイトへ

海辺工房ひとで

海の生き物のことをもっと多くの人に知ってもらいたい、という思いから活動をしています。主な活動は「海の生き物ふれあい教室」(移動水族館)で静岡県内のこども園、学習交流館、小学校などへ海洋生物を持って出張し、海の生き物とのふれあいを行っています。また、海に関わる物を使ったクラフト、ビーチコーミングや磯観察などのフィールドワークなども行います。

プロジェクトへのおもい

海の生き物を知っている人もあまり知らない人も、参加することで新しい発見をしてもらえるようにしたいと思います。

  • 写真
  • 写真

海辺工房ひとでのサイトへ

特定非営利活動法人 宮古島海の環境ネットワーク

私たちは宮古諸島において、「次の世代までこの美しい海を残したい」という思いで海を守る活動をしています。定期的なボランティア海岸清掃や、ダイビング器材を使ったサンゴの定点観測の実施、そして小中学校に出向いて環境学習の授業を行ったり、地域の子ども向けにはサンゴ礁やマングローブ域の生きものを観察する自然体験プログラムを開催しています。

プロジェクトへのおもい

豊かな生態系が残る宮古諸島。体験プログラムでの新しい発見をきっかけに、自然に興味を持ってほしいです。

  • 写真
  • 写真

特定非営利活動法人 古島海の環境ネットワークのサイトへ

日本地図

  • 北海道旭川市 もりねっと北海道
  • 宮城県大崎市 田んぼ
  • 石川県河北郡 河北潟湖沼研究所
  • 茨城県牛久市 アサザ基金
  • 東京都八王子市 森のライフスタイル研究所

2017年~2018年度協働団体

NPO法人 もりねっと北海道

もりねっと北海道は「つなぐ・いかす」をキーワードに、人と森の持続的な循環づくりのための活動を行っています。 山主さんの森づくりや森の手入れを支援、公有林の管理やバイオマスボイラー導入支援、地域材と薪ストーブユーザーをつなぐ薪クラブ、幼児や小学生が樹と木に触れる森林環境教育など、世代やニーズに合った森とのかかわり方を提案しています。

プロジェクトへのおもい

写真を撮る、撮った写真を見ることで、身近な草木や生き物を深く観察し、つながりを理解する市民を増やしたいです。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 もりねっと北海道のサイトへ

NPO法人 田んぼ

「ふゆみずたんぼプロジェクト」、「自然共生農法プロジェクト」、「食・暮らしプロジェクト」の3つの柱を中心にして農家の方々、都市住民の方々、行政に関わる方々、関連するNPO法人、研究者など、すべての人たちの協働による人と生きものが共生し、大切にされる安心で楽しい農業と地域作りに貢献したいと考えています。

プロジェクトへのおもい

『田んぼ』の豊かさを伝え、生物多様性を活かした農業をつながるために、地域に永住し、田んぼの豊かさを物語る人材を育てたいです。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 田んぼのサイトへ

NPO法人 河北潟湖沼研究所

石川県河北潟を拠点に、地域の動植物や自然環境の調査・研究、水辺や農地の保全活動を行っています。2013年には河北潟レッドデータブックを刊行。水辺の外来植物除去活動や除去した外来植物の堆肥化とそれを利用した「すずめ野菜」の生産、田んぼの生きもの調査を絡め、地域の農家と協働で減農薬や無農薬栽培の圃場を広める「生きもの元気米」などの活動を継続しています。

プロジェクトへのおもい

外から眺める田んぼも良いですが、田んぼの中に入るとより楽しさが広がります。いっしょに足をふみいれましょう。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 河北潟湖沼研究所のサイトへ

NPO法人 アサザ基金

1995年、湖と森と人を結ぶ霞ヶ浦再生事業「アサザプロジェクト」を開始しました。「100年後にトキの舞う霞ヶ浦を。」をミッションとして、社会の縦割りを越え、上流~下流、地域住民、学校、企業や行政、農林水産業を結ぶネットワーク事業を展開しています。また、全国各地の小中学校で、生き物と相談して進める町づくり学習を実施しています。

プロジェクトへのおもい

生物多様性を生かした「ビオトープ農法」で生き物も人も喜ぶ野菜を作り、霞ヶ浦流域に生き物の道を広げていきます。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 アサザ基金のサイトへ

NPO法人 森のライフスタイル研究所

わたしたち、森のライフスタイル研究所は、ごく普通の人が当たり前のように森づくりに関心がもてる社会をめざして、活動を行っています。森林ボランティアという「正しいこと」に、バーベキューや野菜収穫、酒蔵見学などの「楽しさ」というエッセンスを加えながら長続きする活動を続け、年間約7,000名の市民や企業のボランティアの方々と活動を行っています。

プロジェクトへのおもい

里山再生に加え耕作放棄の田んぼの復活も行います。さまざまな形で生きものの賑わいを感じることができます。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 森のライフスタイル研究所のサイトへ

日本地図

  • 静岡県三島市 グラウンドワーク三島
  • 兵庫県神崎郡 棚田LOVER's
  • 岡山県真庭市 真庭遺産研究会
  • 広島県山県郡 西中国山地自然史研究会
  • 大分県大分市 おおいた環境保全フォーラム

2016年~2017年度協働団体

NPO法人 グラウンドワーク三島

私たちは静岡県三島市で、「水の都・三島」の原風景の再生・復活を目指し活動しています。長年にわたる環境改善活動により生態系が豊かになった源兵衛川や、ふるさとの森が残る松毛川での自然観察会や植樹を行っています。他にも、耕作放棄地を活用した援農体験など、自然環境への理解を深める多くの機会を提供しています。

プロジェクトへのおもい

「水の都・三島」の自然観察や保全活動、農業体験を通して、ふるさとの自然の生物多様性と農業の深い関わりを学んでみませんか?

  • 写真
  • 写真

NPO法人 グラウンドワーク三島のサイトへ

NPO法人 棚田LOVER's

私たちは兵庫県神崎郡の棚田や農村で、自然や動植物と触れ合うイベントを開催し、自然環境の大切さを伝えています。農薬などを使わず手植えで行う田植え・稲刈りや、カエルやバッタを捕まえる体験などを通じて、生物多様性や自然の大切さを学びます。また、写真教室を開催し、田んぼを体で感じる機会もつくります。

プロジェクトへのおもい

自然、食、農の大切さを、実践を通じて伝え、美しい棚田・ふるさとを将来につなげたい!という思いです。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 棚田LOVER'sのサイトへ

真庭遺産研究会

岡山県真庭市では、特別天然記念物であるオオサンショウウオが国内で最も数多く生息しています。私たちは子どもたちに向けて、オオサンショウウオを中心とした生き物と触れあえるプログラムを開催しています。また大人を対象に、オオサンショウウオの保護について学べる研修も行っています。

プロジェクトへのおもい

あまり知られていないオオサンショウウオの生態を、多くの人に関心をもってもらい、地域資源として大切にしていきたいです。

  • 写真
  • 写真

真庭遺産研究会のサイトへ

NPO法人 西中国山地自然史研究会

広島県北広島町芸北地区では、原生的な野生動植物が生息する一方で、生息環境の減少問題を抱えています。私たちは「せどやま(裏山・里山)」の適切な管理や自然の恵みを学ぶ「せどやま教室」など、さまざまなプログラムを実施しています。地域の自然や生き物について学ぶ機会を創出し、生物多様性保全の実現に寄与します。

プロジェクトへのおもい

「地域と自然の輝きを未来へ」を柱に地域や都市部へ生物多様性の大切さをアピールし、体験から学ぶプロジェクトにしていきます。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 西中国山地自然史研究会のサイトへ

NPO法人 おおいた環境保全フォーラム

大分県間越(はざこ)地区は、絶滅危惧種アカウミガメの産卵地です。間越では昔から、漁の定置網にウミガメがかかってしまったときに人の手で保護・放流する風習があります。私たちはウミガメの放流や、放流後の観察を行う標識調査を通じて、より科学的な目線で生物多様性保全について考える機会をつくっています。

プロジェクトへのおもい

地道に続けてきたウミガメ調査の様子や生態を、広く一般の人たちにも知ってもらい、保全の和を広げていきます。

  • 写真
  • 写真

NPO法人 おおいた環境保全フォーラムのサイトへ

このページのトップへ