協働団体|今年度の協働団体

プロジェクトを支える団体を紹介します。

生物多様性の保全を目指す協働団体を公募し、審査基準に基づいて決定した下記の団体とともに市民参加型で取り組むプログラムを実施しています。

日本各地にある協働団体のイメージ画像

2019年~2020年度協働団体

貝殻浜生物調査隊 (神奈川県横浜市鶴見区)

貝殻浜生物調査隊は都市河川鶴見川の下流域で、生きもの調査や自然観察会を実施しています。毎月第一日曜日潮位に合わせた時間での調査活動と、春から夏にかけてのお魚とりや秋のハゼ釣り大会など能力環境教育体験を中心に活動しています。NPO法人鶴見川流域ネットワーキングと連携させていただき、アユの稚魚の調査やシラスウナギの調査も実施しています。

貝殻浜生物調査隊のロゴ

プロジェクトへのおもい

都市河川鶴見川の驚くべき生物多様性を、あなたも是非体験してみませんか?みなさまのご参加お待ちしています!!

写真
写真

NPO法人 里山倶楽部 (大阪府松原市)

里山倶楽部は1989年から30年来、里山保全活動に取り組んできました。「新しい“里山的”生き方・暮らし方の提案」をコンセプトに、森づくり活動、棚田保全、環境教育、人材養成、木質バイオマスエネルギーなどさまざまな切り口で、ボランティアだけでなく、はたらくことや暮らしの場まで、それぞれが自分らしいスタイルで、里山と係わることのできる活動を展開しています。

NPO法人 里山倶楽部のロゴ

プロジェクトへのおもい

動植物の調査や記録をもとに、多くの生き物でにぎわう里山づくりをすすめていきたいと思います。

写真
写真

NPO法人 三段峡-太田川流域研究会 (広島県安芸太田町)

私たちは、都市と田舎の豊かな関係をつくる観光を発展させ、100年後まで生物多様性と美しさが保たれる山里を目指します。物見遊山の観光地だった『三段峡』を野外博物館と位置づけて、自然や歴史を調べ、伝える活動をしています。また、地元の小学生や中学生へふるさとに誇りを持って生きるための人材育成を行っています。

NPO法人 三段峡-太田川流域研究会のロゴ

プロジェクトへのおもい

絶滅危惧種に指定された動植物18種のいる生物多様性が豊かに保たれた深入山で、楽しく体験し自然を守る気持ちを育み、未来に自然豊かなふるさとを伝えていきたいです。

写真
写真

公益財団法人高知県牧野記念財団 (高知県高知市)

高知県立牧野植物園を管理運営する牧野財団は、高知県の植物の調査、研究と保全活動を、植物調査ボランティアと協働で実施しています。2016年〜2019年には高知県の外来植物調査に取り組み、市町村別分布表を作成しました。特定外来生物駆除活動を継続して行うほか、身近な自然を調べるタンポポ調査など、自然と親しくなるきっかけづくりをしています。

公益財団法人高知県牧野記念財団のロゴ

プロジェクトへのおもい

皆さんと一緒に、体験型プログラムを通じて、ふるさとの自然を知り、守り、伝える活動をしていきたいと思います。

写真
写真

環境ネットワーク「虹」 (福岡県福津市)

環境ネットワーク「虹」は「つなぐ」をキーワードに、五感で自然とふれあい体でエコロジー(生態学)を学んで「自然感覚」を育む森のムッレ教育、無農薬の田んぼビオトープ、生き物調べ、リーダー育成等の活動を行っています。幼児期からのESD(持続可能な社会の担い手づくり)を推進し、人と多様な生きものが共に大切にされる地域作りに貢献したいと考えています。

環境ネットワーク「虹」のロゴ

プロジェクトへのおもい

子どもたちと里山や田んぼなどの生きものを発見して地域の生物多様性を発信し、未来につなぐ市民を増やしたいです。

写真
写真

2018年~2019年度協働団体

NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラスト (北海道浜中町)

霧多布湿原は北海道の東部に位置し、夏には多くの花が咲き誇る湿原です。私たちはこの湿原の民有地部分を買い取り、保全する活動をしています。地域の子どもたちに対しては、地域の自然や産業とふれあう「きりたっぷ子ども自然クラブ」という活動を実施しています。活動内容はカヌーや乗馬、無人島探検、キャンプ、料理教室など多岐にわたります。

NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラストのロゴ

プロジェクトへのおもい

さまざまな体験活動を通して、子どもたちに少しでも霧多布湿原を好きになってもらえたらと思っています。

写真
写真

富士山アウトドアミュージアム (山梨県富士河口湖町)

富士山は、屋根のない博物館。「たくさんみつけて」「ていねいに調べて」「大切に守り続けて」「めいっぱい楽しむ!」この4つをキーワードに、富士山の価値を損なうことなく後世につなげるための保全活動を行っています。清掃活動、野生動物ロードキル調査、富士山の森が小学校、キャンププログラムなど。富士山まるごと、みんなで楽しみながらがんばっています!

富士山アウトドアミュージアムのロゴ

プロジェクトへのおもい

多くの訪問客が訪れる富士山麓にて、ロードキルを減少させる取り組みをみんなで成功させたいです。

写真
写真

NPO法人 小網代野外活動調整会議 (神奈川県三浦市)

「小網代は森と干潟と海」といわれるように、小網代の森は関東で唯一、流域がまるごと保全された奇跡の自然です。私たちは、小網代の森の生物多様性を「流域思考による多自然創出」によって守り、推進しています。また、毎月開催されるボランティアウォークや各種イベントにより、市民や子どもたちへの環境教育・啓発活動などを実施しています。

NPO法人 小網代野外活動調整会議のロゴ

プロジェクトへのおもい

花さく小網代、生物多様性豊かな小網代を創出する活動に、ぜひご参加ください!

写真
写真

海辺工房ひとで (静岡県静岡市清水区)

海の生き物のことをもっと多くの人に知ってもらいたい、という思いから活動をしています。主な活動は「海の生き物ふれあい教室」(移動水族館)で静岡県内のこども園、学習交流館、小学校などへ海洋生物を持って出張し、海の生き物とのふれあいを行っています。また、海に関わる物を使ったクラフト、ビーチコーミングや磯観察などのフィールドワークなども行います。

海辺工房ひとでのロゴ

プロジェクトへのおもい

海の生き物を知っている人もあまり知らない人も、参加することで新しい発見をしてもらえるようにしたいと思います。

写真
写真

特定非営利活動法人 宮古島海の環境ネットワーク (沖縄県宮古島市)

私たちは宮古諸島において、「次の世代までこの美しい海を残したい」という思いで海を守る活動をしています。定期的なボランティア海岸清掃や、ダイビング器材を使ったサンゴの定点観測の実施、そして小中学校に出向いて環境学習の授業を行ったり、地域の子ども向けにはサンゴ礁やマングローブ域の生きものを観察する自然体験プログラムを開催しています。

特定非営利活動法人 宮古島海の環境ネットワークのロゴ

プロジェクトへのおもい

豊かな生態系が残る宮古諸島。体験プログラムでの新しい発見をきっかけに、自然に興味を持ってほしいです。

写真
写真