キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動

情報セキュリティーの考え方と推進フレームワーク

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)では、「セキュアな社会の実現」に寄与するために、経営層による「情報セキュリティーガバナンス」に基づき、「情報セキュリティーマネジメント」を推進し、キヤノンMJグループ内の情報セキュリティー成熟度の向上に取り組んでいます。
また、事業活動を通じて、お客さまの情報セキュリティー課題解決への貢献にも取り組んでいます。

顧客満足度の向上を支える業務改善活動の推進

私たちの情報セキュリティー活動は、情報資産の「機密性」「完全性」「可用性」を脅かすリスクへの対応といったマイナス要素を軽減する範囲に留めてはいません。業務プロセスを「より安全に」「より確実に」「より効率的に」するといったプラス効果を出すために、お客さまの視点に立って、情報資産取り扱いの側面から“顧客満足度の向上を支える業務改善活動”として推進しています。

主要注力テーマ

  1. サイバーセキュリティーリスクに対する対策強化
  2. グループ情報セキュリティーガバナンスの強化
  3. グループ情報セキュリティーマネジメントの均質化と効率化
  4. 情報セキュリティー人材の育成
  5. 情報セキュリティー活動の積極的な情報開示
  6. お客さまへの価値提供プロセスにおける情報セキュリティー品質の向上
  7. お客さまの情報セキュリティー課題解決への貢献

推進フレームワーク

キヤノンMJ グループでは、情報セキュリティーの推進にあたり「企業の社会的責任の遂行」と「顧客満足度の向上」を目的として設定し、大きく2つの取り組みを進めています。
1つ目は「キヤノンMJグループの情報セキュリティー成熟度の向上」です。ここでは「グループ情報セキュリティー基盤の強化」と「お客さまへの価値提供プロセスにおける情報セキュリティー品質の向上」の2つの活動を行っています。
「グループ情報セキュリティー基盤の強化」では、グループ全体の情報セキュリティーガバナンスを強化し、情報セキュリティーのマネジメントを通じて均質化と効率化を図るとともに、各社・各部門の事業特性に応じたセキュリティー対策の最適化などを推進しています。
「お客さまへの価値提供プロセスにおける情報セキュリティー品質の向上」では、営業・保守サービス・ソフトウエア開発などの業務プロセスごとに、情報資産の安全管理に留まらず、情報の取り扱いと製品・サービスの品質を向上させています。
これらの活動の中で、事業活動を営むための前提となるステークホルダーの要請に対応した必要不可欠なCSR活動は「基本的CSR」です。
そして2つ目は、「お客さまの情報セキュリティー課題解決への貢献」です。
ここではキヤノンMJグループが取り扱う各種情報セキュリティー製品・サービス、ソリューションを、グループ内の情報セキュリティー活動を通じて培ったノウハウも含めてお客さまにご提供するよう努めています。
このような事業活動を通じた社会課題の解決や社会価値を提供するCSR活動は「Business with CSR」というスローガンのもとに展開しています。
私たちは、こうした取り組みによって「セキュアな社会の実現」に寄与していきます。

情報セキュリティー推進フレームワーク