キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動

情報セキュリティー人材の育成

キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)は、さまざまな工夫によって情報セキュリティーの意識と知識を持った人材を育成しています。

情報セキュリティー人材を育成するしくみ

従業員一人ひとりが日常業務の中で情報資産を適切に取り扱うためには、まず、情報セキュリティーに対する「意識」を高め、その上で、正しい判断や行動をするための「知識」を持つことが必要です。このような考えに基づき、さまざまな場面で、全従業員に対する意識啓発や知識教育を実施しています。
また、情報セキュリティーを全員参加型の活動として組織ごとに組み込み、維持・改善するために、組織内でマネジメントシステムを支えるキーパーソンを育成しています。

情報セキュリティー人材を育成するしくみ
  • 本章の詳細については、情報セキュリティ報告書(PDF版)をご覧ください。