キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CSR活動

価値創出のための協働

お客さまに最高の価値を提供し続けるためには、ビジネスパートナーと連携し、お客さまのご要望に的確に応えることが重要です。
キヤノンマーケティングジャパングループ(以下、キヤノンMJグループ)では、ビジネスパートナーの皆さまに対して、お客さま対応力の向上に寄与する各種プログラムを用意しています。

お客さま対応力やスキルの向上

「ソリューションマスターズコミュニティ」を通じてビジネスパートナーの皆さまに研修プログラムやナレッジ共有の場を提供

キヤノンMJでは、ビジネスパートナーの皆さまを会員とする「ソリューションマスターズコミュニティ(SMC)」で体系的な研修やナレッジ共有の場を提供するなど、営業担当者や営業サポート担当者を主に支援しています。
急速に変化する市場環境の中で、お客さまの抱える課題は複雑化し、「身近な相談相手」としての営業担当者の役割がより一層重要になってきています。お客さまの業務を深く知り、課題を明らかにし、適切な解決策を提示するために、ソリューション営業力を高める研修メニューをご提供しています。2017年は106社205名の皆さまにSMCにご参加いただきました。
毎年11月には、全国のSMC会員が一堂に会する「SMCカンファレンス」を開催しています。2017年は46社117名にご参加いただき、全国から寄せられた103件の事例の中から選りすぐられた4件の事例発表と会員同士によるディスカッションを実施し、幅広い情報交換を行いました。
今後もキヤノンMJは、SMC会員への支援を通じて、お客さまへの価値創出活動を継続していきます。

「ソリューションマスターズコミュニティ」のロゴ

SMC会員が集まった2017年のカンファレンスの様子

「キヤノンスキルコンテスト」を通じてカスタマーエンジニアの皆さまの顧客応対・テクニカルのスキルを向上

キヤノンMJグループでは、カスタマーエンジニアが日頃のサービス活動で培った技術力を自分自身で確認するとともに、仲間と競い、高め合うことができる研鑽の場として毎年「キヤノンスキルコンテスト」を開催しています。2017年はビジネスパートナーより1,946名のカスタマーエンジニアが参加し、全国各地で一次予選と二次予選を開催しました。そして、全国から予選を勝ち抜いた総勢20名のファイナリストが、品川本社ホール Sにおいて「キヤノンスキルコンテスト2017決勝戦」に挑みました。
決勝戦では、お客さまの課題解決に向けた提案を行う「ロールプレイング」と、作業の正確性・スピード・故障原因の特定プロセスを評価対象とした「トラブルシューティング」を実施。全員が全力で競い合った結果、今回も新たな「全国No.1」のカスタマーエンジニアが誕生しました。
キヤノンMJグループはこうした取り組みを通じて、カスタマーエンジニアのさらなる知識の蓄積とスキル向上を支援し、多様化するお客さまのオフィス環境に応じたサービス品質の提供とさらなるお客さま満足度の向上を目指していきます。

予選の様子

ファイナリスト20名

テクニカル競技の様子

コンテスト優勝者

コンテスト入賞者