EOS-1D X Mark II ファームウエア Version 1.1.7 [Windows]

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2019年9月12日

使用許諾契約書

この契約は、お客様とキヤノン株式会社(以下キヤノンといいます。)との間の契約であって、キヤノンの当該製品のファームウェア用のバージョンアップソフトウェア(以下「許諾ソフトウェア」といいます。)をキヤノンがお客様に提供するにあたっての条件を規定するものです。
この契約の右側にある『ダウンロード開始』のボタンをクリックすることをもって、お客様はこの契約に同意したことになります。お客様がこの契約に同意できない場合には、ダウンロードを開始しないでください。この場合、お客様は「許諾ソフトウェア」を使用することができません。

  1. 使用許諾
    (1) お客様は、「許諾ソフトウェア」をお客様が所有するキヤノンの当該製品に、直接または他の媒体(例 ハードディスク、コンパクトフラッシュ等)を経由してインストールし、かかるカメラ・ビデオ製品において使用することができます。
    (2) お客様は、本契約で明示的に規定される場合を除き、「許諾ソフトウェア」を、再使用許諾、販売、頒布、賃貸、リース、貸与もしくは譲渡し、または、複製、翻訳、翻案もしくは他のプログラム言語に書き換えてはなりません。お客様はまた、「許諾ソフトウェア」の全部または一部を修正、改変、逆アセンブル、逆コンパイルまたはリバース・エンジニアリング等してはならず、また第三者にこのような行為をさせてはなりません。
    (3) お客様は、「許諾ソフトウェア」に含まれるキヤノンの著作権表示を修正、除去または消去してはなりません。
    (4) 本契約に明示的に定める場合を除き、キヤノンは「許諾ソフトウェア」に関するキヤノンの知的財産権のいかなる権利もお客様に付与または許諾するものでもありません。
  2. 所有権
    「許諾ソフトウェア」は、著作権により保護され、キヤノンにより所有されています。お客様は、キヤノンが、本契約に基づきまたはその他の手段により「許諾ソフトウェア」に係る所有権および知的財産権をお客様に譲渡するものではなく、また、キヤノンがかかる権利を保持するものであることを、ここに同意するものとします。
  3. 輸出制限
    お客様は、該当国のすべての適用可能な輸出管理法規や規則に従うものとし、また、かかる法規や規則に違反して「許諾ソフトウェア」をいかなる国へ直接もしくは間接に輸出もしくは再輸出しないことに同意するものとします。
  4. サポートおよびアップデート
    キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店は、「許諾ソフトウェア」のメンテナンスおよびお客様による「許諾ソフトウェア」の使用を支援することについて、いかなる責任も負うものではありません。また、「許諾ソフトウェア」のアップデート、バグの修正またはサポートを行う義務もありません。
  5. 保証の否認・免責
    (1) 「許諾ソフトウェア」は、『現状有姿(AS-IS)』の状態で使用許諾されます。キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店、並びに、その他「許諾ソフトウェア」の取扱者および頒布者は、「許諾ソフトウェア」に関して、商品性および特定の目的への適合性の保証を含め、いかなる保証も、明示たると黙示たるとを問わず一切しないものとします。
    (2) キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店、並びに、その他「許諾ソフトウェア」の取扱者および頒布者は、「許諾ソフトウェア」の使用または使用不能から生ずるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含むがこれらに限定されない)についても一切責任を負わないものとします。たとえ、キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。
    (3) キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店、並びに、その他「許諾ソフトウェア」の取扱者および頒布者は、「許諾ソフトウェア」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じるいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。
  6. 契約期間
    (1) 本契約は、お客様が、『ダウンロード開始』のボタンをクリックした時点で発効し、下記(2)または(3)により終了されるまで有効に存続します。
    (2) お客様は、お客様が所有するキヤノンの当該製品にインストールされた「許諾ソフトウェア」を消去することにより、本契約を終了させることができます。
    (3) お客様が本契約のいずれかの条項に違反した場合、本契約は直ちに終了します。
    (4) お客様は、上記(3) による本契約の終了後直ちにすべての「許諾ソフトウェア」を消去するものとします。
  7. 分離可能性
    本契約のいかなる条項が無効となった場合でも、本契約のそれ以外の部分は効力を有するものとします。
  8. U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE:
    The Software is a 'commercial item,' as that term is defined at 48 C.F.R. 2.101 (Oct 1995), consisting of "commercial computer software" and 'commercial computer software documentation,' as such terms are used in 48 C.F.R. 12.212 (Sept 1995). Consistent with 48 C.F.R. 12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.72024 (June 1995), all U.S. Government End Users shall acquire the Software with only those rights set forth herein. Manufacturer is Canon Inc./30-2, Shimomaruko 3-chome, Ohta-ku, Tokyo 146-8501, Japan.
    本条において、'Software'という語は、本契約における「許諾ソフトウェア」を意味するものとします。
  9. 一般条項
    『ダウンロード開始』のボタンをクリックすることにより、お客様は、お客様が本契約を読み、理解し、且つ本契約の条件に拘束されることに合意したことになります。お客様は、本契約が、本契約に規定されるすべての事項についての、キヤノンとお客様の間に事前に存在する口頭または書面による一切の合意に優先する、お客様とキヤノンとの契約の完全且つ唯一の表明であることに同意するものとします。キヤノンの代表者が署名した書面によってキヤノンがその明確な同意を与えない限り、本契約の条項のいかなる変更も効力を有しないものとします。

以 上

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • ダウンロード
ファイル容量
43,754,585 byte

注意・制限事項

今回ご案内のファームウエア Version 1.1.7は、Version 1.1.6以前のファームウエアを搭載したカメラが対象となります。カメラのファームウエアがすでに Version 1.1.7の場合には、ファームウエアの変更を行う必要はありません。

ファームウエアの変更を行う際には、このページを最後までよくお読みになってからダウンロードサービスをご利用ください。

  1. ファームウエアの変更中にカメラの電源が切れると、カメラの電源が入らなくなり撮影できなくなります。
    ・ カメラの電源にはフル充電した専用バッテリーパック、または、専用ACアダプターキットを使用してください。
    ・ ファームウエアの変更中は、絶対にカメラの電源スイッチを<OFF>にしないでください。家庭用電源を使用する場合は、停電に十分ご注意ください。
  2. ファームウエア変更中は、カードスロットカバーを開けないでください。
  3. ファームウエア変更中は、ボタン、ダイヤル、スイッチなどの操作を行わないでください。

ソフトウエア概要

名称 EOS-1D X Mark II ファームウエア Version 1.1.7 [Windows]
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 zip
使用条件 このソフトウエアをダウンロードする前に、本ページ冒頭に記載してあります「使用許諾契約書」を必ずお読みください。

本製品の内容

ファームウエア変更内容
このファームウエアの変更 (Version 1.1.7) は、以下の修正を盛り込んでいます。
  1. モバイルルーターにイーサーネットケーブルで接続した場合に、ネットワークに接続できないことがある現象の修正
  2. 特定のネットワーク環境で、ネットワークに接続できないことがある現象の修正
  3. 5GHz(W53/W56) のステルスSSIDに接続できないことがある現象の修正
  4. PTP通信の脆弱性の修正
  5. ファームウエアアップデートに関する脆弱性の修正

※ ファームウエアのアップデートの時間は6分程度かかります。

ご注意
  1. ファームウエア Version 1.1.4 (以降) にアップデートした EOS-1D X Mark II は旧ファームウエア(Version 1.0.0 ~ 1.1.3) にファームダウンすることはできません。
  2. ファームウエア Version 1.0.2 (以前) のカメラで作成した “カメラ設定ファイル” は、ファームウエア Version 1.1.2 (以降) のカメラで使用することができません。
  3. ファームウエア Version 1.1.2 (以降) にアップデートした EOS-1D X Mark II には、最新の EOS Utility をご使用ください。最新の EOS Utility は弊社のホームページからダウンロードすることができます。
    ※ カメラのファームウエアVer.1.1.2 (以降) に対応したバージョン
    ・ EOS Utility Version 3.5.00以上
    ※ EOS Utility の対象 OS は以下のとおりです。
    ・ Windows 10 / 8.1 / 7 SP1、Mac OS X v10.9 / 10.10 / 10.11
  4. カメラのファームウエア Ver.1.1.2 (以降) の機能向上に合わせ、使用説明書の改訂を行っております。新ファームウエアと合わせてダウンロードの上、ご使用ください。最新の使用説明書は、弊社のホームページからダウンロードすることができます。
  5. ファームウエア Version 1.1.4 (以降) にアップデートしたカメラで撮影した JPEG/RAW 画像を、バージョン 4.7.10 (以前) の Digital Photo Professional で編集すると、一部の Exif データが消去される可能性があります。また、TS-Eレンズ (TS-E17mm F4L/TS-E24mm F3.5L II/TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ) を使用して撮影したRAW画像に対して色収差補正、周辺光量補正、歪曲補正、デジタルレンズオプティマイザは使用できません。必ずバージョン 4.7.20 (以降) の Digital Photo Professional で編集を行ってください。
ファームウエア変更のための準備
ダウンロードしたファームウエアのフォルダーの中にファームウエア(ファイル名: 1DX20117.FIR、ファイルサイズ: 41,777,088 bytes)とファームウエア変更手順書(PDF ファイル、5言語:日本語/英語/フランス語/スペイン語/簡体中国語)が入っています。ファームウエアの変更作業に入る前にファームウエア変更手順書を十分にご確認いただきますようお願い申し上げます。
ダウンロードファイルの解凍方法
ダウンロードした圧縮ファイル(zipファイル)を右クリックし、表示されたメニューから [すべて展開] を選んで解凍してください。

変更履歴

Version 1.1.6の変更内容
  1. カメラ液晶モニターと外部モニター(HDMI出力映像) の同時表示で、正常に動作しないことがある現象を修正しました。
Version 1.1.4の変更内容
  1. 本ファームウエアを搭載したカメラとTS-Eレンズ(TS-E17mm F4L/TS-E24mm F3.5L II/TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ) を使用して撮影したRAW画像に対して、 Digital Photo Professional を使用して、色収差補正、周辺光量補正、歪曲補正、デジタルレンズオプティマイザの対応が可能になりました。
  2. 本ファームウエアを搭載したカメラとTS-Eレンズ(TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ) を使用してのLVソフト撮影が可能になりました。(標準露出にならなかったり、露出ムラが発生する現象を補正しました。)
  3. Exif 2.31 に対応しました。
Version 1.1.3の変更内容
  1. カスタム撮影モード (C1/ C2/ C3) 使用で、ドライブアイコンが正しく表示されないことがある現象を修正しました。
  2. カメラシステム情報で確認することができる "レリーズ回数" の表示を、最大1,000,000回から最大9,999,000回に変更しました。
  3. EOS Utility 3 のUSB接続による "レンズ光学補正データの登録" の通信の信頼性を向上しました。
Version 1.1.2の変更内容
  1. 液晶モニターの色調調整機能を追加しました。
  2. IPTC情報の付加機能を追加しました。
  3. 画像転送時、プロテクトした画像のみ転送する機能を追加しました。
  4. GPS 位置情報の保持時間を設定する機能を追加しました。
  5. ネットワーク接続設定について、設定内容のカードへの保存数を40個に増やしました。
  6. FTP転送リトライ時のオートパワーオフ時間を最低10分へ延長しました。
  7. ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E6使用時の無線通信を改善しました。
Version 1.0.2の変更内容
  1. SanDisk CFast カードに記録した静止画像の一部(下部) が異常となることがある現象に対し、対策を盛り込みました。
  2. カメラと CFast カードの通信の信頼性向上を図りました。
    対象のCFastカードをご使用するにあたり、ファームウエア Version 1.0.2 以上に変更(アップデート) した上で、カメラ本体で CFastカードを初期化してください。
    <SanDisk CFastカード使用時のご注意>
    下記型式のSanDisk CFastカードをEOS-1D X Mark IIで使用すると、静止画の一部(下部) が異常となることがあります。
    対象CFastカード
    ・ SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxx)
    ・ SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxx)
    ・ SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxxA)
    ・ SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxxA)
    ・ SanDisk Extreme PRO CFast2.0 64GB (SDCFSP-064G-xxxB)
    ・ SanDisk Extreme PRO CFast2.0 128GB (SDCFSP-128G-xxxB)
    ※末尾の "xxx" は販売地域により異なります。
    該当するCFastカードをEOS-1D X Mark IIで使用するときは、以下の対応を行ってください。
    1:EOS-1D X Mark IIのファームウエアがVer.1.0.2以上であることを確認する。
    ファームウエアがVer.1.0.0のときは、Ver.1.0.2以上にアップデートする。
    2:ファームウエア Ver.1.0.2以上のEOS-1D X Mark IIで、該当するCFastカードを初期化(フォーマット) する。
    なお、2の対応を行ったCFastカードを使用したときは、以下の動作となります。あらかじめご了承ください。
    ・ カード内の「MISC」フォルダーに「ImgSaver.bin」というファイル(数MB程度) が作成されます。カード内のフォルダーやファイルの移動、削除は行わないでください。
    ・ カードスロットカバーを開いた際、アクセスランプが長く点灯/点滅することがあります。必ずアクセスランプが消灯していることを確認してからカードを取り出してください。アクセスランプが点灯/点滅しているときは、カードへの記録中です。アクセスランプが点灯/点滅しているときに次のことを行うと、画像データが壊れたり、カードやカメラ本体が損傷する原因になるため、絶対に行わないでください。
    ・ カードを取り出す/電池を取り出す/カメラ本体に振動や衝撃を与える/電源コードの抜き差しを行う(家庭用電源アクセサリー(別売) 使用時)
    SanDisk CFastカードを使用するときは、カードの性能を発揮させるため、SanDiskが提供している "リフレッシュツール" を使用したあと、1の対応を行ったカメラでカードを初期化(フォーマット) してください。
    リフレッシュツール: http://kb.sandisk.com/app/answers/detail/a_id/17370
    また、パソコンや他の機器で該当するSanDisk CFastカードを初期化(フォーマット) したときは、1の対応を行ったカメラで、もう一度カードを初期化(フォーマット) してください。
    SanDisk CFastカードの "リフレッシュツール" について:
    Q1 : カメラで SanDisk CFast カードの初期化(フォーマット) を行う場合は、毎回リフレッシュツールを使用しなければならないのですか?それを行わないと静止画の一部(下部) が異常となることがあるのですか?
    A1 : いいえ、リフレッシュツールは静止画の一部(下部) が異常となる件とは関係ございません。SanDisk CFastカードの一般的な使用方法として、SanDiskよりリフレッシュツールの定期的な使用が推奨されていることから、紹介しております。リフレッシュツールの使用に関する詳細については、SanDiskへお問い合せください。
    Q2 : リフレッシュツールはどのような頻度で使用する必要がありますか?
    A2 : 使用頻度など、リフレッシュツールの使用については、SanDiskへお問い合せください。
    Q3 : リフレッシュツールを全く使用しない状態でSanDisk CFastカードを使い続けると、カメラの動作に対してどのような影響があるのですか?
    A3 : 連続書き込み速度が低下する可能性がございます。高速連写での撮影時など、書き込み速度の低下を感じられる場合は、リフレッシュツールの使用をお試しください。その他、CFastカードに関する技術的な内容については、SanDiskへお問い合せください。

動作環境

ファームウエアの変更を行うには以下の機材が必要です。

  1. カメラ本体
  2. 専用バッテリーパック(フル充電したもの)、または専用ACアダプターキット
  3. 初期化したCFカード(64MB 以上、256GB以下のもの)、またはCFastカード(64GB 以上、256GB以下のもの)
  4. ファームウエア(ホームページからダウンロードしたファイルです。)

  • Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。