PowerShot G7 X Mark III ファームウエア Version 1.2.0

情報掲載日:2019年12月12日

ファームウエア変更内容

このファームウエアの変更 (Version 1.2.0) は、以下の機能向上を盛り込んでおります。

  1. 動画撮影時にフレームレート:23.98pを新たに追加致しました。
  2. ライブ動画配信サービス利用目的でWi-Fi機能を使用する場合でも、Bluetoothリモコン(BR-E1, HG100-TBR)の使用が可能になります。
    *ライブ動画配信が可能な地域のみの機能になります。
  3. 動画サーボAFのモード1/モード2のメニューに、それぞれ「応答性優先」、「なめらか」と表示されるようになります。

今回ご案内のファームウエア Version 1.2.0 は、Version 1.1.0 以前のファームウエアを搭載したカメラが対象となります。カメラのファームウエアがすでに Version 1.2.0 の場合には、ファームウエアの変更を行う必要はありません。ファームウエアの変更を行う際には、このページを最後までよくお読みになってからダウンロードサービスをご利用ください。

ファームウエア変更のための準備

ファームウエアのアップデートを行うには以下の機材が必要です。

  1. カメラ本体
  2. 専用バッテリーパック(フル充電したもの)、または専用ACアダプターキット
  3. 初期化した SD カード(64MB 以上 128GB 以下のもの)
  4. Windows もしくは Mac OS を搭載したパソコン
  5. SD カードリーダーライター(市販品)、またはパソコンに搭載の SD カードスロット
  6. ファームウエア(ホームページからダウンロードしたファイルです)

※ダウンロードファイルの解凍方法

Windows
ダウンロードした圧縮ファイル (zipファイル) を右クリックし、表示されたメニューから [すべて展開] を選んで解凍してください。
Mac
ダウンロードした圧縮ファイル(dmgファイル)は、自動的に解凍され、ファームウエアのディスクイメージがマウントされます。自動的に解凍されない場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。

ダウンロード

ファームウエアを変更するためのファイルをダウンロードできます。お使いの OS 用のリンクをクリックしダウンロードページへお進みください。
日本語版ファームウエア変更手順書については、「PDF を開く」をクリックするとファイルが表示されます。

Windows 解凍用ダウンロードファイルダウンロードページへ
Mac 解凍用ダウンロードファイルダウンロードページへ
日本語版ファームウエア変更手順書 [容量:1.33MB]PDFを開くPDF
戻る
このページのトップへ