Fiery Utilities for Mac OS X 10.5

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2008年6月24日

使用許諾契約書

ELECTRONICS FOR IMAGING ソフトウエア使用許諾契約

Electronics For Imaging, Inc.(以下「EFI」という)は、お客様が本使用許諾契約に含まれるすべての条項に同意する場合のみ、本ソフトウエアの使用を許諾します。必ず以下の使用許諾契約をお読みください。本契約のすべての条項に『同意』を示す行為、または「本ソフトウエア」の使用のいずれかをもって、本契約書に同意したことになります。本契約のすべての条項に同意しない場合、お客様は未使用の本ソフトウエアを購入店に返却して全額払戻しを受けることができます。

ソフトウェア使用許諾

以下は、お客様と、本製品(以下「製品」という)に付属するソフトウェアならびにそのアップデートおよびアップグレード(以下「ソフトウェア」という)の供給元であるElectronics for Imaging, Inc.(以下「Electronics for Imaging」という)との間で交わす法的契約です。本ソフトウェアをイ ンストールおよびご使用になった場合は、本使用許諾の全ての条項に従うべき義務を負うことになります。これらの条項に同意できない場合は、ソフトウェアをお使いにならず、未使用のソフトウェアを返却することにより払戻しを受けることができます。

Electronics for Imaging は、以下の条項に従ってソフトウェアを使用する非独占限定ライセンスをお客様に付与します。

以下の内容がお客様に認められています。

  1. ソフトウェアを、お客様自身の日常業務のため、ならびに製品においてのみ使用すること。
  2. お客様自身の日常業務においてのみ、製品に同梱の特別なコード化フォーマット(以下「コード化フォントプログラム」という)によりデジタルコード化された機械語によるアウトラインプログラムとビットマッププログラム(以下「フォントプログラム」という)を使用して、文字、数字、記号(以下「書体」という)の設計、書体、ウェイト、バージョンを製品と共に使用しているモニタで再生表示すること。
  3. ソフトウェアから再生されるコード化フォントプログラムと書体を識別するために、Electronics for Imaging の商標(以下「商標」という)を使用 すること。
  4. 製品の販売または譲渡の一環としてのみ、また(i)お客様がソフトウェア(アップグレードも含む)のコピーを保有し続けず、(ii)お客様がソフトウェア(アップグレードも含む)、製品に同梱の媒体および印刷物、ならびに本ソフトウェア使用許諾を全て譲渡人に譲渡し、かつ(iii)譲渡人が本使用許諾の条項に従うことに合意する場合に限り、本使用許諾に基づくお客様の製品に関する全権利を譲渡人に永久譲渡すること。

以下の内容はお客様には認められていません。

  1. お買上げいただいた製品の使用に必要な場合を除き、ソフトウェア、コード化フォントプログラム、またはそれらの一部のコピーを作成すること、あるいはそれを許可すること。ただし、製品のコントローラボードまたはハードウェアに組み込まれたソフトウェアの特定箇所については、コピーを作成すること、あるいはそれを許可することはいかなる場合も認められません。
  2. ソフトウェアまたはコード化フォントプログラムを改造、逆アセンブル、解読、リバースエンジニアリング、または二次的著作物を創作すること。
  3. ソフトウェアをレンタルまたはリースすること、あるいはそのサブライセンスを第三者に付与すること。

所有権

ソフトウェア、コード化フォントプログラム、書体、商標については、Electronics for Imaging とその正規販売店が所有権を持つものとし、権利やその他知的所有権はElectronics for Imaging とその正規販売店が保有します。上記で認められた権利を除いて、本使用許諾では、ソフトウェア、コード化フォントプログラム、書体、商標に関する特許権、著作権、営業秘密、(登録、未登録を問わず)商標、その他権利、ライセンスをお客様に付与しません。Electronics for Imaging またはその正規販売店の商標や商号と類似した、あるいは混同を生じさせるような 商標や商号を創作したり使用すること、あるいはElectronics for Imaging またはその正規販売店の商標権を損なうような行為をすることを禁じます。商標はコード化フォントプログラムの印刷出力を識別する目的にだけ使用できます。Electronics for Imaging から妥当と考えられる要求があった場合、お客様は商標で識別された書体の見本を提供するものとします。

守秘義務

お客様は、ソフトウェアとコード化フォントプログラムの秘密を守り、ソフトウェアとコード化フォントプログラムを使用する必要があり、本使用許諾で認められた従業員のみにソフトウェアとコード化フォントプログラムを開示するものとします。またお客様は第三者に対する開示を防ぐため、妥当と考えられる全ての予防措置を講ずるものとします。

法的措置

ソフトウェア、コード化フォントプログラム、書体、商標を許可なしで使用、コピー、開示すると、ライセンスは自動的に中止され、Electronics for Imagingはその他の法的措置が適用可能となります。

限定保証および免責

お客様がソフトウェアをインストールしてから90 日間は、通常の使用形態の下ではソフトウェアは使用不可能になるほどの致命的な異常なしに動作することをElectronics for Imaging は保証します。この保証の下でElectronics for Imaging が負う責任およびお客様が受けられる補償は、Electronics for Imaging の選択により、異常を修正するか回避するために妥当と考えられる商業的努力を尽くすこと、ソフトウェアを同等の機能を有するソフトウェアと交換すること、あるいはお客様が製品に支払った代価を払い戻し、本使用許諾を中止することのいずれかに限定されるものとします。Electronics for Imaging は、第三者製品の性能または信頼性については、黙示またはその他のいかなる保証も行いません。

上記の明示的限定保証を除き、製品、ソフトウェア、コード化フォントプログラムについて明示的、黙示的、法令または本使用許諾によって定められたいかなる条項、あるいはお客様との話し合いに基づく保証、表明、または条件をもElectronics for Imaging は設定せず、かつお客様はそれを受けることができません。また、商品性、特定目的に関する適合性、および第三者の権利を侵害していないことについて、いかなる黙示の保証および条件も否認します。上記の明示的限定保証は、Electronics for Imaging によって承認された以外の第三者製品の使用、変更、修理、および/ またはインストールにより無効になります。

また、事故、誤用、不正使用、ウィルス、ワーム、その他同様の状況により発生したソフトウェアエラーによっても、上記の明示的限定保証は無効になります。Electronics for Imaging はソフトウェアが停止せず、異常なしに安全に動作すること、あるいはソフトウェアがお客様の特定の要件に適合することについては、これを保証しません。

責任の制限

製品、ソフトウェア、コード化フォントプログラムの使用によって引き起こされる、データ損失、利益損失、回復費用、第三者請求、その他特別な、付随的、間接的、依存的、懲罰的、あるいは二次的損害を始めとするあらゆる損害について、その原因および責任論に関わらず、Electronics for Imaging またはその正規販売店は責任を負いません。この限定条項はElectronics for Imaging またはその正規販売店が、当該損害の可能性について事前に報告されていた場合においても適用されます。Electronics for Imaging およびその正規販売店の責任総額がソフトウェアに対して支払われた代価を越えることはありません。お客様は、ソフトウェアの価格はこのリスク配分を反映したものであることに同意するものとします。ただし、責任の適用除外や限定を法的に認めない地域においては、上記の制限は適用されないことがあります。

輸出管理

ソフトウェアおよびコード化フォントプログラムは、米国輸出管理規則を始めとする米国の輸出規制法令の対象となります。お客様はいかなる形態であれ、適用される輸出規制法令に違反するような、または米国および当該国政府による適切な許可なしに、ソフトウェアまたはコード化フォントプログラムの輸出、使用、開示、再輸出を行わないことに同意するものとします。お客様が本条項に従わない場合は、ライセンスは自動的に中止され、Electronics for Imaging はその他の法的措置が適用可能となります。

米国政府による使用

米国政府によるソフトウェアの使用、複製、開示は、FAR 12.212 あるいはDFARS227.7202-3-227.7202-4 に定める限定内容、および米国連邦法に必要とされる範囲においてFAR 52.227-14、限定付権利(June 1987) Alternate III(g)(3)(June1987) またはFAR 52.227-19(June 1987) に定める最低限の限定権利に従うことを条件とします。本使用許諾に従って提供される技術データの範囲において、技術データはFAR 12.211 およびDFARS 227.7102-2によって保護されており、また米国政府によって明確に必要とされる範囲で、技術データはDFARS 252.227.7015 (November 1995) およびDFARS 252.227-7037 (September 1999) に定める限定権利に従うことを条件とします。前述の規定が修正または破棄される場合、それと同等の規定が適用されるものとします。契約者名はElectronics for Imaging, Inc.です。

使用許諾の中止

お客様が本使用許諾に違反した場合、Electronics for Imaging のその他の権利を侵害することなく、ライセンスは自動的に中止され、Electronics for Imaging はその他の法的措置が適用可能となります。この場合、お客様はソフトウェア(アップグレードを含む)の全てのコピーを廃棄する必要があります。

一般条項

本使用許諾はカリフォルニア州法に準拠します。国際物品売買契約に関する国連条約やその他の同様の条約は、本使用許諾契約には適用されません。ソフトウェア、コード化フォントプログラム、製品、および/ または本使用許諾に関する争議については、カリフォルニア州および連邦裁判所が排他的管轄権を持つものとします。

本使用許諾はお客様とElectronics for Imaging との全面的合意を表したものであり、ソフトウェアおよびコード化フォントプログラムに関するその他の通知や広告に優先します。

本使用許諾の一部の条項が無効になった場合でも、その条項は強制力を持たせるために必要な範囲で変更されたと見なされ、本使用許諾のそれ以外の部分は効力を有します。

本使用許諾に関するご質問は、Electronics for Imaging, Inc. のLicensing Dept. までお寄せいただくか、Electronics for Imaging のWeb サイト (www.efi.com)をご覧ください。

お客様は、本使用許諾がお客様(エンドユーザ)とElectronics for Imaging(Canon Inc. ではなく)との間の、ソフトウェア、フォントプログラム、コード化フォントプログラム、書体、商標に関する法的契約であることに明確に同意するものとします。
上記の限定保証に対する唯一かつ最終的な責任はElectronics for Imaging にあり、Canon Inc.、その子会社、関連会社、代理店、販売店には、ソフトウェア、フォントプログラム、コード化フォントプログラム、書体、商標に関する一切の責任はありません。

Adobe ソフトウェア

ソフトウェアには、Adobe Systems Incorporated(以下「Adobe 社」と言う)製のソフトウェアが含まれています。これらには、次の2種類があります:
(a) 印刷システムの一部として組み込まれているソフトウェアで、PostScrip、Font プログラム(デジタルにエンコードされたコンピュータに読み込める形式のアウトラインデータ。暗号化された特殊な形式でエンコードされており、様々なタイプフェイスを生成する)、およびその他のAdobe 社製ソフトウェア(集合的に「印刷用ソフトウェア」といいます)。(b) 印刷用ソフトウェアと共にコンピュータ上で動作するその他のソフトウェア(「ホストソフトウェア」といいます)。Adobe 社から提供されるソフトウェアには、次の条項が適用されます。

  1. 印刷用ソフトウェア
    お客様は、印刷用ソフトウェアを(オブジェクトコード形式でのみ)(i) 埋め込み型のコントローラを含む単一の出力デバイスのみで使用できます。または(ii) ホストコンピュータ上にある印刷用ソフトウェアのイメージがある場合、ライセンス購入済みの数に相当する処理装置上でのみソフトウェアが使用できます。
    EFI への事前の許可が無い限り、ドライバソフトウェアのファイル名、アイコンを変更することは許可されていません。
  2. ホストソフトウェア
    お客様は、ホストソフトウェアをライセンスされているコンピュータ上のハードディスク内、または外部デバイスに1ケ所だけ保存することができます。ホストソフトウェアがネットワーク上での使用に設定されている場合、ソフトウェアは単一のLAN 内で単一のファイルサーバ上でのみ使用が許可されます。または、(i) 単一のハードディスク上、またはライセンス購入済みの数の記憶デバイスに恒常的にホストソフトウェアがインストールされるか、(ii) ネットワーク経由でホストソフトウェアが共有される場合は、その使用数がライセンスされている数を超えない場合の使用が許可されています。お客さまは、ホストソフトウェアのバックアップコピーを一部作成できますが、このバックアップをインストール/ 使用することは許可されていません。

デラウェア法人Adobe Systems Incorporated(住所:345 Park Avenue, San Jose, California94110-2704)は、本使用許諾によって使用許諾が得られるフォントプログラム、コード化フォントプログラム、書体、商標などの使用に関して本使用許諾に規定される条項の範囲で、本使用許諾における第三者受益者であることをここに通知します。以上の条項はAdobe 社の利益のために明示的に設定されたものであり、Electronics for Imaging, Inc. に加えAdobe 社がこれを行使することができます。

お問い合わせの際には、EFI のWeb サイト(www.efi.com)をご覧ください。

Electronics for Imaging, Inc.
303 Velocity Way
Foster City, CA 94404
USA

Copyright c 2007 Electronics for Imaging, Inc. and Canon, Inc. All rights reserved.
Part Number: 45061733
2007 年3 月1 日

  • ダウンロード
ファイル容量
279,004,614 byte
  • Fiery Utilitiesはモジュール容量がかなり大きくなっております。ダウンロードが正常に行えない場合は下記窓口にお問い合せください。

注意・制限事項

  • Fiery VDP Resource ManagerはimagePRESS Server Q1/Q2/A1100/A3100、ColorPASS GX100でのみ使用可能です。
  • EFI Hot FoldersはPSプリントサーバーユニット・G1/C2/F2では使用出来ません。
  • EFI Hot FoldersをPSプリントサーバーユニット・H1/J1を使用される場合は、HOTFOLDER機能拡張オプションが必要になります。
  • Command WorkStation上でPreflightのレポート出力をファイルとして正常に保存が出来ません。ただし、レポート出力の印刷は問題なく可能です。

インストールについて

「ダウンロード/インストール手順」
  1. Fiery Utilities for Mac OS X 10.5を下記一覧からダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルは圧縮されていますので、ダブルクリックして解凍します。
  3. Fiery Utilityを開き、インストールするモジュールをダブルクリックし、インストールを実行します。
    インストール開始後は画面の指示に従ってください。

ソフトウエア概要

名称 Fiery Utilities for Mac OS X 10.5
ソフト概要 本モジュールはMac OS X 10.5環境に対応したユーティリティです。
対象製品
imagePRESS
  • imagePRESS C1 + imagePRESS Server Q1 V1.1
  • imagePRESS C1 + imagePRESS Server Q2 V1.0
  • imagePRESS C1 + imagePRESS Server T1 V1.0
  • imagePRESS C7000VP + imagePRESS Server A3000 V1.1
  • imagePRESS C6000/C7000VP + imagePRESS Server A3100 V1.0
  • imagePRESS C6000 + imagePRESS Server A1100 V1.0
Color imageRUNNER
  • iR C6870/C5870 + PSプリントサーバーユニット・G1 v1.0
  • iR C5185/C5180/C4580/C3880 + ColorPASS-GX100 V1.1
  • iR C5185/C5180/C4580/C3880 + PSプリントサーバーユニット・H1 v1.1
  • iR C5185/C5180/C4580/C4080/C3880 + PSプリントサーバーユニット・H1 v2.0
  • iR C3380/C2880 + PSプリントサーバーユニット・J1 v1.0
  • iR C3580/C3380/C3080/C2880 + PSプリントサーバーユニット・J1 v1.1
  • iR C3220/C2620 + PSプリントサーバーユニット・C2 v1.0
  • iR C3170/C2570 + PSプリントサーバーユニット・F2 v1.0
imageRUNNER
  • iR7105/7095/7086/7270 + PSプリントサーバーユニット・S1 v2.1
著作権者 Electronics for Imaging, Inc.
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 gzip形式およびMacOSX標準DISKCOPYツール
使用条件 このソフトウエアをダウンロードする前に、本ページ冒頭に記載してあります「使用許諾契約書」を必ずお読みください。

本製品の内容

  • 本モジュールはMac OS X 10.5環境に対応したユーティリティです。
    本モジュールに含まれるユーティリティは下記の通りです。
    • EFI Command WorkStation Macintosh Edition
    • Fiery ColorWise Pro tools
    • Fiery VDP Resource Manager OSX
    • Fiery Remote Scan
    • EFI Hot Folders

動作環境

ソフトウエア

  • Mac OS 10.5~10.5.2

ハードウエア

  • Power Macintosh シリーズ。
  • Intel Coreプロセッサ搭載Macintosh。

  • Macintosh、Mac OS、 は、米国Apple , Inc.の商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ダウンロードされたファイルにつきましては、2006年3月31日以前(弊社社名変更前)の情報が含まれている場合がございます。ご了承ください。
このページのトップへ