Fiery Utilities for Windows XP ~Windows 8.1 対応版

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

更新日 : 2016年5月27日

  • ダウンロードには、使用許諾契約書への同意が必要です。
ファイル容量
863,186,944 byte

注意・制限事項

以下の機種でEFI Hot Foldersを使用される場合は、HOTFOLDER機能拡張オプションが必要になります。

  • PSプリントサーバーユニット・H1
Fiery Bridge
Fiery Bridgeは Windows 限定のアプリケーションですが、Fiery Extended Applications (FEA) には含まれなくなりました。このアプリケーションの機能はFiery Remote Scanのフォルダーマッピング機能に移行されています。インストール処理の一部として、Fiery Bridgeが検出された場合、自動的にアンインストールされます。フォルダーマッピング機能の詳細については、Fiery Remote Scanのヘルプを参照してください。
Fiery コントローラへのFiery Extended Applicationsのインストール
Fiery Extended Applicationsに含まれるすべてのユーティリティを正しくFieryコントローラーへインストールするためには、インストール作業を2回行う必要があります。
Command WorkStationのアップデート機能
Command WorkStationには、機能を自動的にアップデートするオプションがありますが、この機能を使用してのアップデートは行わないでください。
  • 「編集」>「環境設定」の「アップデートを自動確認」のチェックボックスは常に外してください。
  • 「編集」>「環境設定」の「アップデートを確認」ボタンはクリックしないでください。
  • 「ヘルプ」の「アップデートを確認」は実行しないでください。
Fiery Software Manager
インターネット接続にプロキシサーバーが必要な環境でも、Fiery Software Managerを使用してFiery Extended Applicationsのダウンロードおよびインストールが可能になりましたが、この機能を使用してのアップデートは行わないでください。
WebToolsからのインストール
WebToolsからFiery Extended Applicationsをインストールすると、インストール画面にてFiery Bridgeをインストールするか選択できますが、Fiery Extended ApplicationsにFiery Bridgeは含まれておりません。このチェックボックスにチェックを入れてインストールを行うと、インストールが完了しないため、Fiery Bridgeのチェックボックスは空欄のままインストールを続行してください。
キャリブレーション方法
測定方法に「X-Rite i1 Pro2」を指定してキャリブレーションを行った場合、印刷テストページや「測定値の表示」画面の「キャリブレーション方法」欄に、「INSTR_GR_EYE2」と表示されますが、これは「X-Rite i1 Pro2」を指します。
Fiery JDF使用時のICCプロファイル名
Fiery JDF使用時のICCプロファイル名には、半角英数字のみご使用ください。
Fiery Composeのタブに変換
「タブに変換」機能は無くなりましたので、代わりに「タブ挿入」機能をご使用ください。
非サポートのユーティリティ
以下に記載されているユーティリティはFieryコントローラーでは非サポートです。
  • Fiery JobMaster
  • Job Tracking

インストールについて

インストール手順
  1. ダウンロードしたファイルを解凍すると、フォルダー (fieryuw81) が作成されます。
  2. 作成されたフォルダー内の「MasterInstaller.exe」をダブルクリックし、画面の指示に従ってインストールを実施してください。

ソフトウエア概要

名称 Fiery Utilities for Windows 8.1 対応版
ソフト概要 本モジュールは、 Windows 8.1 環境に対応したFiery Utilityです。
対象製品
  • imagePRESS C6000 + imagePRESS Server A1100 V2.0
  • imagePRESS C7000VP/ C6000 + imagePRESS Server A3100 V2.0
  • iR C5185/ iR C5180/ iR C4580/ iR C4080/ iR C3880 + PSプリントサーバーユニット・H1 V2.0
著作権者 Electronics for Imaging, Inc.
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
使用条件 ダウンロードには使用許諾契約書への同意が必要です。

本製品の内容

本モジュールに含まれるユーティリティは下記の通りです。

  • Fiery Command Workstation 5.5.0.35
  • Fiery HotFolder 3.5.0.11
  • Fiery Remote Scan 6.1.0.10
  • Fiery Delete Utility 3.3.0.22
  • Fiery Software maneger 1.0.0.11

動作環境

ソフトウエア

  • Windows 8.1 (32bit/64bit) 日本語版
  • Windows 8 (32bit/64bit) 日本語版
  • Windows 7 (32bit/64bit) 日本語版
  • Windows Vista (32bit/64bit) 日本語版
  • Windows XP (32bit/64bit) 日本語版
  • Windows Server 2012 64bit 日本語版
  • Windows Server 2008 (32bit/64bit) 日本語版
  • Windows Server 2003 (32bit/64bit) 日本語版

ハードウエア

CPU
Pentium 4.1 GHz 以上
RAM
1GB以上のRAM
ハードディスク
3GB以上の空きハードディスク容量
モニター
解像度 1024 × 768 のディスプレイ(16ビットのビデオカード)

  • Windowsは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。