LBP9520C ファームウエア R2.50

このページをよくお読みいただき、ダウンロード開始ボタンをクリックしてください。
ダウンロード開始ボタンクリック後に表示される使用許諾契約書を必ずお読みください。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2020年7月21日

  • ダウンロードには、使用許諾契約書への同意が必要です。
  • ダウンロードには、シリアル番号の入力が必要です。
  • シリアル番号は、製品本体および保証書に記載されておりますので、あらかじめご用意ください。
ファイル容量
62,824,448 byte

注意・制限事項

本プログラムの使用に際しては、以下のような制限事項があります。ご使用にあたってはあらかじめこれらの点にご注意ください。
  • ファームウエアのバージョンアップを行う場合には、必ず印刷動作が終了している時に行ってください。操作部上のジョブランプが点灯または点滅は、本体が動作中です。動作が終了し、ジョブランプが消灯するまでお待ちください。
  • メッセージランプが点灯している場合は、e-マニュアルを参照し対処を行い、ランプが消灯していることを確認してからバージョンアップを行ってください。
  • 本製品動作中およびメモリー内の画像が保存された状態で、バージョンアップを行いますと、動作の中断やメモリー内画像の消去の原因となりますので、ご注意ください。
  • ファームウエアの更新中に他のコンピューターやアプリケーションから本体に対する印刷を行うと、重大なエラーが発生する場合があります。
  • ファームウエアの更新中は、本体の電源を切ったり、USB ケーブルや LAN ケーブルを外したりしないでください。
  • お使いのコンピューターがスリープ状態になるとファームウエアの更新が正常に行われないことがあります。
エラーを防ぐために・・・
  • ファームウエアの更新は、他のコンピューターなどからの影響を受けない、USB 接続で行うことをお勧めします。
  • お使いのコンピューターが、スリープに入らないような設定で、ファームウエアの更新を行ってください。
  • USB ケーブルで接続する場合は、LAN ケーブルを取り外してください。
  • USB 接続の場合は、接続エラーの恐れがあるので USB ハブを使って USB ケーブルを接続しないでください。
  • LAN ケーブルで接続する場合は、USB ケーブルを取り外してください。
  • ファームウエアの更新中に、プリントなどを行わないでください。
  • 重大なエラー(電源を入れても本体が立ち上がらない状態など) が発生した場合は修理が必要となります。正しくできない場合は、キヤノンお客様相談センターにご相談ください。

インストールについて

バージョンアップ方法については、User Support Tool 操作ガイドをご覧ください。

※ User Support Tool 操作ガイドはファームウエアにも含まれております。

User Support Tool 操作ガイド
[ファイル容量 : 945,272 byte] PDFを開く

ソフトウエア概要

名称 LBP9520C ファームウエア R2.50
ソフト概要 本製品はLBP9520C用のファームウエアと操作ガイドです。
対象製品
Satera LASER BEAM PRINTER/LASER SHOT
LBP9520C
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 ディスクイメージ形式
使用条件 ダウンロードには使用許諾契約書への同意が必要です。

変更履歴

R2.50の変更点
  1. 印字文字位置の座標計算がまれに不正となり文字ずれが発生する不具合に対応しました。
R2.33の変更点
  1. TLS V1.1およびTLS V1.2をサポートしました。
  2. SSL3.0を非サポートにしました。
  3. 部門別ID管理を無効に設定した場合に、リモートアクセス暗証番号の認証メニューを追加しました。
    *[設定/登録]→[セキュリティー]→[ リモートUI設定]→[リモートアクセス暗証番号]
  4. カートリッジログプリント機能を追加しました。
    *[ユーテリティメニュー]→[カートリッジログプリント]
  5. プリンターの受信データの処理方法を変更できるように改善しました。
    *[セットアップ]→[標準ネットワーク]→[並列受信]→[オフ/オン(デフォルト) ]
  6. 電源起動時またはスリープ復帰時に、設定したIPアドレス以外のGARPを送出しないように変更しました。
  7. Windows 7 以降の OS 環境において、セッションタイムアウト時間をユーザーモードで変更できるようにしました。
    *[標準ネットワーク]→[ TCP/IP ]→[LPD設定]→[LPD印刷の設定]→[オン(デフォルト) /オフ]→[受信タイムアウト]→[60 (1-60) ]
    *[標準ネットワーク]→[ TCP/IP ]→[RAW設定]→[RAW印刷の設定]→[オン(デフォルト) /オフ]→[受信タイムアウト]→[60 (1-60) ]
  8. MEAP認証画面が表示している状態でも、プリンターのパネルにワーニングメッセージが表示されるように改善しました。
  9. 用紙なしの状態でドライバーを使用しないデータを出力した場合、フリーズする不具合を修正しました。
  10. 特定のPDFファイルを ダイレクト印刷した際に、データが出力されない不具合を修正しました。
  11. 連続印刷時にまれに「処理中です」表示のままになる不具合を修正しました。
  12. リモートUI を起動すると「準備中です。しばらくお待ちください」のまま起動しない不具合を修正しました。
  13. DNSキャッシュが更新されない不具合を修正しました。
  14. ファームバージョンアップ後にカートリッジ残量表示が不正となる不具合を修正しました。
  15. まれに、MEAPアプリケーションが利用できなくなる不具合を修正しました。
  16. カセットを自動給紙対象から外した場合に「A7-03」エラー表示が出てしまう不具合を修正しました。
  17. Anyplace Print などのMeapアプリを使用、かつ、プリンターがジャムなどのエラー表示した後、エラー解除しても印刷されない不具合を修正しました。
  18. SVFからの帳票印刷時、SVF側のステータスが「異常終了」となる不具合を修正しました。
  19. SVFからの帳票印刷時、ジョブ抜けが発生し印刷されない不具合を修正しました。
  20. スリープから復帰する際に、プリンターとICカードリーダー間の接続確認が行われず、ICカードリーダーを認識できない不具合を修正しました。
  21. 本体電源投入時の「MEAP 初期化中・・・」メッセージ中に、オーバレイやマクロ登録を含むデータの印刷指示をかけるとフリーズする不具合を修正しました。
  22. BMLinkSサービス使用時、デバイスエラーコード、ジョブの完了通知が正しく取得できない不具合を修正しました。
  23. BOX保存使用時、BOXがいっぱいになっていない状態で「印刷ジョブをSDカードに保存できません」のメッセージが表示されてしまう不具合を修正しました。
  24. MEAP管理領域が壊れていた場合に、「E616-0003」エラーを表示するよう修正しました。
  25. NETEYE(ネットアイ) 接続時のセキュリティー強化対応(SHA-2) しました。

動作環境

ソフトウエア

  • Mac OS : 10.5 ~ 10.14

ハードウエア

  • 上記に記載された OS が動作するコンピューター
  • USB ポートが装備されているか、または、100BASE-TX/ 10BASE-T のネットワーク接続に対応しているコンピューター
メモリー (RAM)
  • 32MB以上(※)
ハードディスクの空き容量
  • 100MB以上(※)
ディスプレイ
  • 解像度 : 800 × 600ピクセル以上
  • 表示色 : 256色以上
  • ファームウエアの大きさにより異なります。

  • Apple、Mac、Mac OS、 OS X、 macOS は、米国Apple Inc.の商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。