SAP LIPS対応に関して

SAP標準デバイスタイプを使ったSAP ERP(R/3)出力

SAP ERP

  • SAP ERPはSAP社の提供するオープン環境でのERP(統合型業務パッケージ)システムで、基幹業務を支援し、経営資源の管理、効率化を図るためのソフトウエアです。1990年の「SAP R/3」に始まり、2004年には「mySAP ERP」、2007年には「SAP ERP」と移行して、現在も大企業を中心に大きなシェアを獲得しています。
  • SAP®、R/3®、mySAP、および記載のその他のSAP製品およびサービスは、SAP AGのドイツおよびその他の国における登録商標です。

SAP ERP(R/3)環境での印刷

お客さまの印刷目的に合わせ、SAPシステムではいくつかの印刷方法が用意されています。

  • 直接出力するダイレクトプリント(ローカル印刷)
  • Windowsドライバー経由の出力を行うインダイレクトプリント(PC印刷)
  • 帳票アプリケーションを経由した高機能帳票出力(リモート印刷)

SAP印刷方法概要

SAP印刷方法概要

SAP標準デバイスタイプとは?

  • SAPからのダイレクト印刷で使用されるフィルタースクリプトです。デバイス毎に用意される設定スクリプトで、SAPからの印刷指示を指定されたデバイスのプリント制御コマンド(PDL)に置き換える時に参照されます。
  • SAPのダイレクト印刷環境において、imageRUNNER,Color imageRUNNER,レーザービームプリンターが持つ多彩な機能を活用するために、imageRUNNER,Color imageRUNNER,レーザービームプリンターに対応したSAP用標準デバイスタイプが提供されています。
  • SAP標準デバイスタイプ(スクリプトファイル)はSAP社の権利物であり、その利用においての一切の保障、およびサポートはSAP社によって行われます。SAP標準デバイスタイプに対するサポートに関しては、オンラインで提供されているSAP社のサポートサイトにてお問い合せください。

SAP R/3のダイレクト印刷処理

SAP R/3のダイレクト印刷処理

対応デバイス

デバイスタイプ名 サポートする機種
ZCN68L iR C6880 / C6870 / C5880 / C5870 / C3170 / C2570
ZCN51L iR C5185 / C5180 / C4580 / C4080 / C3880
ZCN28L iR C3580 / C3380 / C3080 / C2880
ZCN71L iR 7105 / 7095 / 7086
ZCN65L iR 6570 / 5570
ZCN50L iR 5075 / 5065 / 5055
ZCN32L iR 3245 / 3235 / 3225
ZCN30L iR 4570 / 3570 / 3045 / 3035 / 3025 / 2870 / 2270
ZCNL96L LBP9600C
ZCNL77L LBP7700C
ZCN59L LBP5910 / 5910F
ZCN5SL LBP5900SE
ZCN54L LBP5400
ZCN45L LBP4510 / 4500
ZCN39L LBP3980 / 3970 / 3930 / 3920 / 3910
ZCN34L LBP3410
ZCNC1L imagePRESS C1 / imagePRESS C1+
ZCNR11L imagePRESS 1135 / 1125 / 1110

使用できるオプション機能(※対応する機能は機種により異なります)

  • 給紙段の指定
  • 両面印刷
  • ステープル
  • パンチ穴
  • サドルステッチ
  • バーコード(CODE39 / NW-7 / OCR-B)
  • ダウンロード
  • imageRUNNER/Color imageRUNNER/レーザービームプリンターに対応したSAP標準デバイスタイプを使用することにより、「用紙指定」「ステイプル」「製本印刷」などの印刷オプション機能をSAPシステムからのダイレクト印刷で利用 する事が可能となります。
  • お客さまのご使用の機種によりまして、デバイスタイプファイルは異なっております。使用する機種をご確認の上、正しいデバイスタイプファイルをご使用ください。

動作環境

  • SAP R/3 release 4.6B以降
  • SAP R/3 Enterprise 4.70
  • mySAP 2004
  • mySAP 2005
  • SAP ERP 6.0
  • (SAP NetWeaver 2004/7.0/7.1)
このページのトップへ