Multi-projection Support Software Version2.0.3.0

ダウンロード前に下記の使用許諾契約書を必ずお読みください。
ダウンロードを開始された場合には本許諾書に同意されたものとさせていただきます。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2019年10月16日

使用許諾契約書

重要 - インストール前に必ずお読みください。

第三者のソフトウェア・モジュールについて
「許諾ソフトウェア」(以下に定義されます。)には、本契約(以下に定義されます。)が適用されない第三者のソフトウェア・モジュールが含まれています。該当するソフトウェア・モジュールとその許諾条件については、「許諾ソフトウェア」とともに提供されるファイル内の<LICENSE>フォルダ内の<OpenSourceSoftware>フォルダに格納されている「ThirdPartySoftware-J.pdf」を参照のうえ、同フォルダに格納されている各許諾条件をご確認ください。

ソフトウェア使用許諾契約書
この使用許諾契約(以下、本契約といいます。)は、本契約とともに提供されるキヤノン製プロジェクター(以下「キヤノン製品」といいます。)用のソフトウェア並びに関連する印刷物およびオンラインマニュアルその他の電子的文書(以下、併せて「許諾ソフトウェア」といいます。)に関してお客様とキヤノン株式会社(以下、キヤノンといいます。)との間で締結される法的な契約です。
「許諾ソフトウェア」をインストールすることにより、お客様は本契約の条項に拘束されることに同意されたものとします。
本契約の条項に同意されない場合は、「許諾ソフトウェア」をインストールしないで下さい。お客様はキヤノンより「許諾ソフトウェア」の使用許諾を受けることができず、「許諾ソフトウェア」を使用することはできません。

お客様は下記の条項に基づいてのみ「許諾ソフトウェア」を使用することに同意されるものとします。

1.権利の留保
(1) 「許諾ソフトウェア」に関する著作権を含む一切の権利は、キヤノンまたはキヤノンのライセンサーに帰属します。
(2) 本契約に明示的に定める場合を除き、キヤノンおよびキヤノンのライセンサーのいかなる知的財産権も、明示たると黙示たるとを問わず、お客様に譲渡または許諾されるものではありません。
(3) お客様は、「許諾ソフトウェア」に含まれるキヤノンまたはキヤノンのライセンサーの著作権表示を変更、除去または削除してはなりません。

2.使用許諾
(1) お客様は、「キヤノン製品」を利用する目的のために、「キヤノン製品」に接続されるコンピュータにおいて、「許諾ソフトウェア」を使用(「使用」とは、「許諾ソフトウェア」をインストールすることまたは表示すること、アクセスすること、読み出すこともしくは実行することのいずれも含むものとします。)することができます。
(2) お客様は、バックアップの目的でのみ、「許諾ソフトウェア」を1部複製することができます。但し、お客様は、かかるバックアップコピーに「許諾ソフトウェア」に含まれているすべての著作権表示を含めた形で複製を行うものとし、また、かかるバックアップコピーを記録した記録媒体上に、「許諾ソフトウェア」に表示されているものと同一の著作権表示を行うものとします。
(3) お客様は、「許諾ソフトウェア」の全部または一部を修正、改変、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルまたは他のプログラミング言語へ変換することはできません。また、第三者にこのような行為をさせてはなりません。
(4) 本契約に明示的に定める場合を除き、お客様は、「許諾ソフトウェア」を再使用許諾、譲渡、販売、頒布、賃貸、リースもしくは貸与すること、または複製もしくは翻訳することはできません。
(5) お客様は、「許諾ソフトウェア」並びに本契約に基づく「許諾ソフトウェア」にかかるすべての権利および義務を、「キヤノン製品」を所有している別の個人または法人(以下「譲受人」といいます。)に譲渡してよいものとします。ただし、(ⅰ)お客様は、「許諾ソフトウェア」を一切保持せず(前記(2)に基づくバックアップコピーが存在する場合はこれを破棄するものとします。)、(ⅱ)お客様は、「許諾ソフトウェア」を使用する権利を失うものとし、且つ(ⅲ)「譲受人」は、いかなる条件の留保なしに本契約すべての条件を受諾するものとします。

3.保証の否認および免責
(1) 「許諾ソフトウェア」は、『現状のまま(AS-IS)』の状態で使用許諾されます。キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店は、「許諾ソフトウェア」に関して、商品性および特定の目的への適合性または「許諾ソフトウェア」に欠陥がないことを含め、いかなる保証もしません。
(2) キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店は、「許諾ソフトウェア」の使用または使用不能から生ずるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含みますがこれらに限定されません)について、一切責任を負わないものとします。たとえ、キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店または販売店がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様です。
(3) キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店は、「許諾ソフトウェア」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じるいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。

4.サポートおよびアップデート
キヤノン、キヤノンの子会社、それらの販売代理店および販売店は、「許諾ソフトウェア」のメンテナンスおよびお客様による「許諾ソフトウェア」の使用を支援することに、並びに「許諾ソフトウェア」に対するアップデート、バグの修正またはサポートの提供について、いかなる責任を負うものでもありません。

5.輸出
お客様は、日本国政府または該当国の政府より必要な認可等を得ることなしに、「許諾ソフトウェア」の全部または一部を、直接または間接に輸出してはなりません。

6.契約期間
(1) 本契約は、お客様が「許諾ソフトウェア」をインストールされた時点で発効し、下記(2)または(3)により終了されるまで有効に存続します。
(2) お客様は、「許諾ソフトウェア」(そのバックアップコピーを含むものとします。以下同じ。)を廃棄し、且つ、インストール済みのすべての「許諾ソフトウェア」を消去することにより本契約を終了させることができます。
(3) キヤノンは、お客様が本契約のいずれかの条項に違反した場合、直ちに本契約を終了させることができます。
(4) お客様は、上記(3)による本契約の終了後直ちに、「許諾ソフトウェア」を廃棄し、且つ、インストール済みのすべての「許諾ソフトウェア」を消去するものとします。
(5) 第1条、第3条および第5条の規定は、本契約の終了後も効力を有するものとします。

7.分離可能性
(1) 本契約のいずれかの条項またはその一部が法律により無効となっても、本契約のそれ以外の部分は効力を有するものとします。
(2) 本契約は日本国法に準拠するものとします。
(3) 本契約に関わる紛争は、東京地方裁判所を管轄裁判所として解決するものとします。

8.U.S. GOVERNMENT RESTRICTED RIGHTS NOTICE:
The Software is a "commercial item," as that term is defined at 48 C.F.R. 2.101 (Oct 1995), consisting of "commercial computer software" and "commercial computer software documentation," as such terms are used in 48 C.F.R. 12.212 (Sept 1995).
Consistent with 48 C.F.R. 12.212 and 48 C.F.R. 227.7202-1 through 227.7202-4 (June 1995), all U.S. Government End Users shall acquire the Software with only those rights set forth herein. Manufacturer is Canon Inc./30-2, Shimomaruko 3-chome, Ohta-ku, Tokyo 146-8501, Japan.
本条において、"the Software"という語は、本契約における「許諾ソフトウェア」を意味するものとします。

9.第三者のソフトウェア・モジュール
本契約のいかなる規定にかかわらず、「許諾ソフトウェア」に含まれる別途提示する許諾条件が適用される第三者のソフトウェア・モジュールについては、本契約の条件は適用されません。かかるソフトウェア・モジュールについては、別途提示する各許諾条件に基づきご使用ください。

以上

キヤノン株式会社

  • ダウンロード
ファイル容量
56,514,951 byte

インストールについて

ダウンロードおよびインストールを行うには、以下の手順に従ってください。インストールする際には、他のアプリケーションソフトウエアを終了してください。

  1. ホームページから圧縮ファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  3. [MultiProjectionSupportSoftware-V2030]>[Japanese]フォルダー内のMultiProjectionSupportSoftware_Setup.msiを起動します。
  4. 画面の指示に従って、インストールを行います。

ソフトウエア概要

名称 Multi-projection Support Software Version2.0.3.0
ソフト概要 Multi-projection Support Software Version2.0.3.0は、カメラを用いた自動位置調整、カメラを用いた自動色調整、プロジェクター制御を行うことができるソフトウエアです。 第三者のソフトウエアについて Multi-projection Support Software アプリケーションには、第三者のソフトウエアモジュールが含まれています。 詳細は、ダウンロードファイルの[LICENSE]>[OpenSourceSoftware]フォルダーの「ThirdPartySoftware-J.pdf」(第三者ソフトウエアライセンス)をご覧ください。
対象製品
POWER PROJECTOR/REシリーズ他
WUX7500/ WUX7000Z/ WUX6700/ WUX6600Z/ WUX5800Z/ WUX5800/ 4K6021Z/ 4K6020Z/ 4K5020Z
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 zip
使用条件 このソフトウエアをダウンロードする前に、本ページ冒頭に記載してあります「使用許諾契約書」を必ずお読みください。

本製品の内容

Multi-projection Support Software Version2.0.3.0は、カメラを用いた自動位置調整、カメラを用いた自動色調整、プロジェクター制御を行うことができるソフトウエアです。

※ 下記機種は、カメラを用いた自動位置調整(ブレンド投写)に対応致しておりません。

4K6021Z、4K6020Z、4K5020Z

第三者のソフトウエアについて

Multi-projection Support Software アプリケーションには、第三者のソフトウエアモジュールが含まれています。 詳細は、ダウンロードファイルの[LICENSE]>[OpenSourceSoftware]フォルダーの「ThirdPartySoftware-J.pdf」(第三者ソフトウエアライセンス)をご覧ください。

変更履歴

Multi-projection Support Software Version2.0.3.0
次の機能に対応しました。
  • カメラを用いた自動位置調整
  • カメラを用いた自動色調整
  • プロジェクター制御

動作環境

このソフトウエアを使用するには、お使いのパソコンが次の条件を満たしている必要があります。

  1. 対応OS
    ・ Windows 10 Enterprise/ Pro/ Home (Version 1903 で確認済み)
    ※上記以外のOS、エディションについての動作は保証されません。
  2. ディスプレイ解像度
    SXGA + (1400 x 1050) 以上
  3. Microsoft .Net Framework
    4.8
  4. メモリー
    4GB 以上
  5. ハードディスク空き容量
    インストール時 : 300MB 以上
    アプリケーション動作時 : 1GB 以上
  6. その他
    Ethernet 接続用LAN 端子、USB2.0/ 3.0 端子
    本ソフトウエアを使用するには、以下のカメラが必要です。
    EOS Kiss X10/ EOS Digital Rebel SL3/ EOS 250D/ EOS 200D II
    (レンズ : EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM, EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM)
    EOS Kiss M/ EOS M50
    (レンズ : EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM)
    本ソフトウエアは、上記推奨機種以外のEOS シリーズのカメラ、レンズ
    でも動作する場合がありますが、未検証となります。
プロジェクターファームウェアバージョン
  • WUX5800/ WUX6700/ WUX7500 : Ver.01.010100 以降
  • WUX5800Z/ WUX6600Z/ WUX7000Z : Ver.01.020200 以降
  • 4K5020Z/ 4K6020Z : Ver.01.020100 以降
  • 4K6021Z : Ver.01.000000 以降

  • Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。