MF4890dw/ MF4870dn/ MF4830d/ MF4820d/ MF4750 ファームウエア V25.01(Windows)

このページをよくお読みいただき、ダウンロード開始ボタンをクリックしてください。
ダウンロード開始ボタンクリック後に表示される使用許諾契約書を必ずお読みください。

  • 一つ前の画面にもどる

更新日:2020年12月1日

  • ダウンロードには、使用許諾契約書への同意が必要です。
  • ダウンロードには、シリアル番号の入力が必要です。
  • シリアル番号は、製品本体および保証書に記載されておりますので、あらかじめご用意ください。
ファイル容量
31,338,720 byte

注意・制限事項

本プログラムの使用に際しては、以下のような制限事項があります。ご使用にあたってはあらかじめこれらの点にご注意ください。
  • ファームウエアのバージョンアップを行う場合には、必ずコピー機能などのすべての動作が終了している時に行ってください。操作部上の実行/メモリーランプが、点灯または点滅中は、本製品が動作中です。動作が終了し、実行/メモリーランプが消灯するまでお待ちください。
  • エラーランプが点灯または点滅している場合は、e-マニュアルを参照し対処を行い、ランプが消灯していることを確認してからバージョンアップを行ってください。
  • 本製品動作中およびメモリー内の画像が保存された状態で、バージョンアップを行いますと、動作の中断やメモリー内画像の消去の原因となりますので、ご注意ください。
  • ファームウエアの更新中に他のコンピューターやアプリケーションから本体に対する通信(印刷など) を行うと、重大なエラーが発生する場合があります。
  • ファームウエアの更新中は、本体の電源を切ったり、USB ケーブルや LAN ケーブルを外したりしないでください。
  • お使いのコンピューターがスリープ状態になるとファームウエアの更新が正常に行われないことがあります。
エラーを防ぐために・・・
  • ファームウエアの更新は、他のコンピューターなどからの影響を受けない、USB 接続で行うことをお勧めします。
  • ファクスを使用している場合は、本体に接続している電話線ケーブルを取り外してください。
  • お使いのコンピューターが、スリープに入らないような設定で、ファームウエアの更新を行ってください。
  • USB ケーブルで接続する場合は、LAN ケーブルを取り外してください。
  • USB 接続の場合は、接続エラーの恐れがあるので USB ハブを使って USB ケーブルを接続しないでください。
  • LAN ケーブルで接続する場合は、USB ケーブルを取り外してください。
  • ファームウエアの更新中に、プリントなどを行わないでください。
  • 重大なエラー(電源を入れても本体が立ち上がらない状態など) が発生した場合は修理が必要となります。正しくできない場合は、キヤノンお客様相談センターにご相談ください。
  • バージョンアップ中の停電など、不慮の事故を想定し、ファクス機能付き製品については事前にアドレス帳リスト(ワンタッチ、短縮ダイヤル、グループダイヤル) 情報をプリントしておくことをお薦め致します。
  • ワンタッチ、短縮ダイヤル番号情報のプリント方法は、「手動でレポート、リストをプリントする」をご覧ください。

インストールについて

バージョンアップ方法については、User Support Tool 操作ガイドをご覧ください。

※ User Support Tool 操作ガイドはファームウエアにも含まれております。

User Support Tool 操作ガイド
[ファイル容量 : 406,772 byte] PDFを開く

ソフトウエア概要

名称 MF4890dw/ MF4870dn/ MF4830d/ MF4820d/ MF4750 ファームウエア V25.01(Windows)
ソフト概要 本製品はMF4890dw/ MF4870dn/ MF4830d/ MF4820d/ MF4750用のファームウエアと操作ガイドです。
対象製品
Satera MULTI FUNCTION PRINTER
MF4890dw/ MF4870dn/ MF4830d/ MF4820d/ MF4750
作成者 キヤノン株式会社
掲載者 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
転載条件 許可無く転載不可
圧縮形式 Zip自己解凍型(EXE 形式)
使用条件 ダウンロードには使用許諾契約書への同意が必要です。

変更履歴

V25.01の変更点
  1. ネットワーク対応製品において、IPスタックの脆弱性に対応しました。
V24.02の変更点
  1. 無線 LAN 対応製品において、WPA (Wi-Fi Protected Access) / WPA2 (Wi-Fi Protected Access II) の脆弱性 (KRACKs) に対応しました。
V23.06の変更点
  1. ファクス送信終了後、ファクスの送信結果レポートが出力される直前に本体の電源をOFF/ONした場合、ファクス送信時にまれに送信画像不良が発生する不具合を修正しました。
V15.04の変更点
  1. MF4890dw/ MF4870dnで以下の対応を行いました。
    (1) Canon Mobile Scanning for Businessに対応する仕様の変更
  2. MF4750で以下の対応を行いました。
    (1) まれに、ファクス送信時にメモリーフルの表示が出て、送信できない不具合に対応しました。
    (2) ごくまれに、ファクス送信時に内容が別の画像に置き換わって送信される不具合に対応しました。
V05.01の変更点
  1. MF4890dw/ MF4870dn/ MF4750で以下の対応を行いました。
    (1) 内蔵バッテリーが切れた状態で、製品の電源をONするとアドレス帳などのユーザーデータが消えたり、メニューキーが利かない不具合の修正
    (2) ユーザーデータリスト(User Data List) の全メモリー容量(Memory Capacity) 記載が64MBと表示される不具合の修正
    (3) まれに、ファクス受信できない不具合の修正
    (4) まれにADFコピーで、コピー中のままになる不具合の修正
    (5) まれに、Wi-Fiへの接続ができなくなる不具合の修正
    (6) Mac Scanner Driver Ver.1.6がインストールPC(パソコン) からネットワーク経由で原稿台からの読み込みができない不具合の修正

動作環境

ソフトウエア

32bit
  • Windows 10 32bit 日本語版
  • Windows 8.1 32bit 日本語版
  • Windows 8 32bit 日本語版
  • Windows 7 32bit 日本語版
  • Windows Vista 32bit 日本語版
  • Windows XP 32bit 日本語版
  • Windows Server 2008 32bit 日本語版
  • Windows Server 2003 R2 32bit 日本語版
  • Windows Server 2003 32bit 日本語版
64bit
  • Windows 10 64bit 日本語版
  • Windows 8.1 64bit 日本語版
  • Windows 8 64bit 日本語版
  • Windows 7 64bit 日本語版
  • Windows Vista 64bit 日本語版
  • Windows XP 64bit 日本語版
  • Windows Server 2019 64bit 日本語版
  • Windows Server 2016 64bit 日本語版
  • Windows Server 2012 R2 64bit 日本語版
  • Windows Server 2012 64bit 日本語版
  • Windows Server 2008 R2 64bit 日本語版
  • Windows Server 2008 64bit 日本語版
  • Windows Server 2003 R2 64bit 日本語版
  • Windows Server 2003 64bit 日本語版

ハードウエア

  • 上記に記載された OS が動作するコンピューター
  • USB ポートが装備されているか、または、100BASE-TX/ 10BASE-T のネットワーク接続に対応しているコンピューター
メモリー (RAM)
  • 128MB以上
ハードディスクの空き容量
  • 100MB以上
ディスプレイ
  • 解像度 : 640 × 480ピクセル以上
  • 表示色 : 256色以上

  • Windowsは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • その他、本文中に記載されている社名や商品名は、各社の登録商標または商標です。