用紙をセットする (GM2030)



用紙をセットする (GM2030)
更新日 : 2019年6月1日
文書番号 : Q000096057



対処方法

カセットにはA4、B5、A5、レターサイズの普通紙をセットできます。
参考
  • 印刷する際は、用紙サイズと用紙の種類を正しく設定してください。用紙サイズと用紙の種類を間違えると、給紙箇所が違ったり、正しい印刷品質で印刷されなかったりする場合があります。
それぞれの給紙箇所への用紙のセット方法については、以下を参照してください。
-> 本ページ内の [ 後トレイに用紙をセットする ] を参照してください。
-> 本ページ内の [ カセットに用紙をセットする ] を参照してください。
-> 本ページ内の [ 後トレイに封筒をセットする ] を参照してください。


[[ 用紙セットの操作 ]]
1. 用紙の準備をします。
セットする用紙をそろえます。用紙に反りがあるときは、反りを直してください。
参考
  • 用紙の端をきれいにそろえてからセットしてください。用紙の端をそろえずにセットすると、紙づまりの原因となることがあります。
  • 用紙に反りがあるときは、逆向きに曲げて反りを直してから(表面が波状にならないように)セットしてください。
反りの直しかたについては [ 印刷面が汚れる/こすれる ] の [ チェック3 ] を参照してください。

2. 後トレイカバーを開き、用紙サポートをまっすぐ上に引き出して、後方へ倒します。

3. 給紙口カバーを開きます。

4. 右の用紙ガイドを広げます。

5. 印刷したい面を表にして、用紙を縦にセットします。

6. 右の用紙ガイドを動かし、用紙の両端に合わせます。
用紙ガイドを用紙に強く突き当てすぎないようにしてください。うまく給紙されない場合があります。
重要
  • 用紙(往復はがきを除く)は縦方向にセットしてください。横方向にセットすると紙づまりの原因となります。
参考
  • 用紙は最大用紙量のマークの線を超えないようにセットしてください。

7. 給紙口カバーをゆっくり閉じます。
重要
  • 給紙口カバーが開いていると、給紙されません。かならず、給紙口カバーを閉じてください。


8. 排紙トレイを引き出し、補助トレイを開きます。
参考
  • 用紙には、写真がきれいに印刷できるよう表面に特殊なコーティングが施されたものや、文書に適したものなどさまざまな種類があります。印刷の設定画面には、それぞれの用紙に最適な画質で印刷できるよう、あらかじめ用紙ごとに異なる設定(インクの使いかた、インクのふき出し方法、ノズルとの間隔など)が用意されています。用紙の設定が正しくないと、カラーの発色がよくないことや、印刷面がこすれることがあります。なお、インクのにじみや色むらが気になる場合は、印刷設定で画質を優先する設定を選んでお試しください。



1. 用紙の準備をします。
セットする用紙をそろえます。用紙に反りがあるときは、反りを直してください。
参考
  • 用紙の端をきれいにそろえてからセットしてください。用紙の端をそろえずにセットすると、紙づまりの原因となることがあります。
  • 用紙に反りがあるときは、逆向きに曲げて反りを直してから(表面が波状にならないように)セットしてください。
反りの直しかたについては [ 印刷面が汚れる/こすれる ] の [ チェック3 ] を参照してください。

2. カセットを手前に引き出します。

3. 手前の用紙ガイドと右の用紙ガイドを広げます。

4. 印刷したい面を下にして、カセットの中央に合わせて用紙を縦にセットします。
重要
  • 用紙は縦方向にセットしてください。横方向にセットすると紙づまりの原因となります。
参考
  • 用紙は、図のようにカセットの縁に合わせて重ねてください。
用紙を突起に突き当てると、正しく給紙されない場合があります。

5. 手前の用紙ガイドを用紙の端に合わせます。
用紙ガイドが「カチッ」と音がして止まる位置に合わせます。

6. 右の用紙ガイドを動かし、用紙の端に合わせます。
用紙ガイドを用紙に強く突き当てすぎないようにしてください。うまく給紙されない場合があります。
参考
  • 用紙は最大用紙量のマークの線を超えないようにセットしてください。
  • 用紙は用紙ガイドのツメより下にセットしてください。

7. カセットを本体に差し込みます。
奥に突き当たるまでまっすぐ押し込んでください。

8. 排紙トレイを引き出し、補助トレイを開きます。


1. 封筒の準備をします。
  • 封筒の四隅と縁を押して平らにします。
長形封筒
洋形封筒
  • 封筒が反っている場合は、両手で対角線上の端を持って、逆方向に軽く曲げます。
  • 封筒のふた部分が折れ曲がっている場合は平らにします。
  • 挿入方向の先端部をペンで押して平らに伸ばします。
長形封筒
洋形封筒
上の図は、封筒の先端部の断面図です。
重要
  • 平らになっていなかったり、端がそろっていなかったりすると、紙づまりの原因になることがあります。反りやふくらみが3 mm(0.12 in.)を超えないようにしてください。

2. 後トレイカバーを開き、用紙サポートをまっすぐ上に引き出して、後方へ倒します。

3. 給紙口カバーを開きます。

4. 右の用紙ガイドを広げます。

5. 封筒の印刷したい面を表にして、封筒を縦にセットします。
一度に10枚までセットできます。
  • 長形封筒
ふたを折りたたまずに上に向け、縦置きでセットします。
  • 洋形封筒
あて名面を表にし、ふたを折りたたんで、縦置きでセットします。

6. 右の用紙ガイドを動かし、封筒の両端に合わせます。
用紙ガイドを封筒に強く突き当てすぎないようにしてください。うまく給紙されない場合があります。
参考
  • 封筒は最大用紙量のマークの線を超えないようにセットしてください。

7. 給紙口カバーをゆっくり閉じます。
重要
  • 給紙口カバーが開いていると、給紙されません。かならず、給紙口カバーを閉じてください。


8. 排紙トレイを引き出し、補助トレイを開きます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

GM2030

 

[TOP▲]
このページのトップへ