Q:EOS C200/EOS C200B ファームウエア変更履歴

更新日 : 2018年6月22日
文書番号 : Q000093287

A:

EOS C200/C200B のファームウエア変更履歴をご案内致します。

バージョン 更新日時 更新内容
1.0.4.1.00 2018年6月20日
  1. フレームレート 59.94i / 50.00i で記録した解像 度 1920×1080 の XF-AVC クリップに画像圧縮による画質劣化が発生する現象、および映像下部の水平ラインが乱れる現象を修正しました。
  2. Custom Picture メニューで [Gamma] を [Normal 1〜4] に設定した時の [Black Gamma] の補正を適正化しました。
  3. Custom Picture メニューで [Gamma] を [Normal 1〜4] に設定した時の高輝度部の色再現を適正化しました。
1.0.3.1.00 2018年4月6日
  1. XF-AVCフォーマット記録が可能になりました。
    対応アプリは以下の通りです。
    ・Canon XF Utility 3.3 for Windows/macOS
    ・Canon XF Plugin 3.3 for Avid Media Access [Windows]/[macOS]
    • 撮影前にSDカードの初期化を行ってください。
    • 動作確認済みのSDカードの詳細情報は、キヤノンのホームページなどでご確認ください。
  2. HDRの国際規格ITU-R BT.2100に準拠したHybrid Log Gamma方式の出力を可能にしました。
  3. XF-AVCフォーマット記録にて、装着レンズの実焦点距離のメタデータに対応しました。
  4. LCDモニター「LM-V1」のタッチパネルの応答性の調整機能を追加しました。
  5. Cinema RAW Light記録中のオーディオ LPCM 24bit収録に対応しました。
    対応アプリは以下の通りです。
    ・Cinema RAW Development 2.2 for Windows/macOS
    ・Canon RAW Plugin 2.1 for Avid Media Access [Windows]/[macOS]
    ・Canon RAW Plugin 1.1 for Final Cut Pro X
  6. マグニファイ機能の4倍拡大表示が使用可能になりました。
  7. プログレッシブ内蔵記録時にSDI端子、HDMI端子からPsF出力機能を追加しました。
  8. デジタルテレコン機能を追加しました。(1.5x, 3.0x, 6.0x)
  9. EFレンズ オートIRIS対応レンズを追加しました。
    「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」、「EF85mm F1.4L IS USM」
  10. 周辺光量補正/倍率色収差補正の対応レンズを追加しました。
    「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」、「EF16-35mm F2.8L III USM」、
    「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」、「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」、「EF85mm F1.4L IS USM」
  11. ガンマ設定Nomal1〜4設定時の高輝度部の再現性を改善しました。
  12. 電源を切った後もブラウザーリモート設定項目を保持するようにメニュー動作を改善しました。
1.0.2.1.00 2017年11月8日 CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S 装着時、以下の内容を盛り込んでいます。
  • デュアルピクセルCMOS AFによるオートフォーカスが可能となります。
  • 「デュアルピクセルフォーカスガイド」機能に対応しました。
  • カメラ本体のグリップにあるジョイスティックでズーム操作が可能になります。
  • カメラのダイヤル操作でアイリス絞りのマニュアル調節が可能なほか、リモートコントローラー「RC-V100」 (別売り) でフォーカス/ズーム/アイリスの操作が可能になります。
  • オートアイリス、プッシュオートアイリスが可能となります。
  • レンズグリップ「ZSG-C10」 (別売り) 上のRECボタンのスタート/ストップ連動が可能になります。
  • 装着レンズの型名や焦点距離などのメタデータを取得し、カメラ側で表示可能になります。
  • 周辺光量補正/倍率色収差補正が可能になります。
1.0.1.1.00 2017年9月27日
  1. 59.94P/50.00P で撮影した MP4 クリップを NLE ソフトウエアに取り込むと、開始タイムコードが正しく表示されない現象を修正しました。(RAW形式のクリップは問題ありません。)

最新のファームウエアについては、以下からダウンロードすることができます。


この質問の対象商品

このページのトップへ