Image Transfer Utility 2で画像をパソコンへ自動送信する方法 (PowerShot SX740 HS/Wi-Fi機能) (Windows 7)



Image Transfer Utility 2で画像をパソコンへ自動送信する方法 (PowerShot SX740 HS/Wi-Fi機能) (Windows 7)
更新日 : 2018年12月21日
文書番号 : Q000094571



Image Transfer Utility 2を使って、カメラの画像をパソコンに送信する方法について説明します。


2.インストールが完了すると [ Image Transfer Utility 2 ] の設定画面が表示されますので、 [ 次へ ] をクリックします。

3. [ 準備 ] 画面が表示されますので、内容をよく読んでから [ 次へ ] をクリックします。

4. [ ペアリング設定 ] 画面が表示されます。画面を表示したままにしておき、次のステップに進みます。


2. [ ニックネーム ] 画面が表示されたら、 ボタンを押します。
 

3. ニックネーム (カメラ名) を確認します。確認後、 ボタンを押します。
 
参考
  • ニックネームは8文字以内で、あとから変更できます。

4. / ボタンで[ OK ] を選び、 ボタンを押します。
 

5. ボタンを押して、機能設定メニューに戻ります。

6. / ボタンで [ ] を選び、 ボタンを押します。

7. / ボタンで [ 1 ] を選びます。

8. / ボタンで [ 無線通信の設定 ] を選び、 ボタンを押します。
 

9. / ボタンで [ Wi-Fi設定 ] を選び、 ボタンを押します。

10. / ボタンで [ パソコンへの画像自動送信 ] を選び、 ボタンを押します。
メモ
[ Wi-Fi ] が[ 使わない ] に設定されている場合は、[ 使う ] に設定してください。

11. / ボタンで[ 自動送信 ] を選び、 ボタンを押します。

12. / ボタンで [ する ] を選び、 ボタンを押します。

13. / ボタンで [ OK ] を選び、 ボタンを押します。

14. [ スタート ] メニュー ( ) をクリックし、[ コントロールパネル ] を選択します。

15.[ ネットワークとインターネット ] -> [ ネットワークの状態とタスクの表示 ] をクリックします。

16.[ ワイヤレス ネットワーク接続 ] をクリックします。

17. / ボタンで、 [ SSID ] に表示されているSSIDと同じSSIDを選び、 ボタンを押します(下図はSSIDの例です)。

18.[ ワイヤレスのプロパティ ] をクリックします。

19.[ セキュリティ ] タブをクリックします。

20.[ パスワードの文字を表示する ] のチェックボックスをクリックします。

21.[ パスワード ] 画面で、 ボタンを押します。

22.[ ネットワークセキュリティキー ] に表示されているパスワードを入力します(下図はパスワードの例です)。

  • キーボードの使い方については、「文字の入力方法」をご参照ください。
  • 文字を確定して前の画面に戻るときは、 ボタンを押します。

23.入力が完了したら、 / ボタンで[ OK ] を選び、 ボタンを押します。

24.[ キャンセル ] をクリックします。

25.[ 閉じる ] をクリックします。

26.[ ネットワークと共有センター ] を閉じます。

27. / ボタンでキーインデックスを選び、 ボタンを押します。(この画面は表示されない場合もあります)
  • / ボタンで [ OK ] を選んで ボタンを押すと、次の画面に進みます。

28. / ボタンで[ 自動設定 ] を選び、 ボタンを押します。
  • / ボタンで[ OK ] を選んで ボタンを押すと、次の画面に進みます。

29. パソコンの名前が表示されます。パソコンの[ ペアリング設定 ] 画面に表示されているパソコン名と同じことを確認したら、 ボタンを押します。

30.[ この画面でやること ] にカメラのニックネームが表示されたら、カメラを選択し[ペアリング ] をクリックします。

31.ペアリングが完了すると[ 設定終了 ] 画面になるので、[ OK ] をクリックします。

32. Image Transfer Utility 2の画面が[ 待機中 ] で表示されます。引き続きカメラから画像を取り込む場合は、待機中のままにしておきます。
メモ
パソコンの画像保存先フォルダーを変更する場合は、パソコンのアイコンをクリックし、保存先フォルダーの設定画面を開きます。


2. [ 送信設定 ] を選びます。

3. [ 送信設定 ] で送信条件を設定します。

4.カメラの電源を切ります。


2.アクセスポイントの通信範囲内でカメラの電源を入れると、パソコンにカメラ内の画像が自動送信されます。

3.送信された画像を確認するには、 [ 保存先フォルダーを開く ] をクリックします。
  • 次回以降は、アクセスポイント(Wi-Fi 親機)の通信範囲内でカメラの電源を入れると、パソコンへの画像の自動送信が始まります。画像の自動送信が始まらないときは、カメラの電源を入れなおしてください。
重要
  • 画像の自動送信は、十分残量のあるバッテリーを使用して行ってください。節電機能は働きません。
  • 自動送信が完了した後に撮影した画像は、パソコンに自動送信されません。カメラの電源を入れなおしたときに自動送信されます。
メモ
  • パソコンへの画像自動送信は、アクセスポイント(Wi-Fi 親機)の通信範囲内でカメラの電源を入れたあとに始まります。画像自動送信が始まらないときは、カメラの電源を入れなおしてください。
  • 画像の自動送信をしないようにするときは、 [ パソコンへの画像自動送信 ] の [ 自動送信 ] で [ しない ] を選びます。
  • インストールされたImage Transfer Utility 2は、終了しない限り常駐ソフトウェアとして動作し続けます。
  • Image Transfer Utility 2の画面で をクリックし、表示されたメニューから [ 終了 ] を選んでソフトウェアを終了すると、その後カメラの電源を入れても画像を自動送信できません。その場合はImage Transfer Utility 2を起動してください。

・文字を入力するとき
/ / / ボタンを押すか ホイールを回して目的の文字が表示されているキーを選び、 ボタンを押します。
・入力位置を移動するとき
[ ] か [ ] を選んで ボタンを押します。
・文字の種類を変えるとき
[ ] を選んで ボタンを押すと、大文字に切り換えることができます。
[ ] を選んで ボタンを押すと、数字や記号などに切り換えることができます。
・文字を消すとき
[ ] を選んで ボタンを押すと、前の1文字が消去されます。
・キーボードの種類を変えるとき
[ ] を選んで ボタンを押します。
・確定するとき
ボタンを押したあと、 / ボタンを押して [OK] を選び、 ボタンを押します。

メモ
  • 元の画面に戻るときは、 ボタンを押します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PowerShot SX740 HS

 

[TOP▲]
このページのトップへ