Q:撮影された画像の同じ場所にしみのようなもの(黒い点)が写り込んでしまう原因と対処方法は?

更新日 : 2019年4月19日
文書番号 : Q000090807

A:

原因

撮影した画像の同じ位置に黒いシミや点のようなものが毎回写り込む場合、撮像素子(CMOS)にゴミやホコリが付着している可能性が考えられます。

対処方法

デジタル一眼レフカメラ/ミラーレスカメラは、レンズを交換するときの環境や状況によって、空気中のゴミやホコリが撮像素子に付着することがあります。カメラの構造上、この現象を完全に避けることはできないため、ゴミが付着していると考えられる場合は撮像素子の清掃を行ってください。
なお、お使いの機種によっては、撮像素子の表面についたゴミを自動的に取り除く「セルフクリーニングセンサーユニット」という機能が搭載されています。「セルフクリーニングセンサーユニット」搭載有無はセルフクリーニングセンサーユニットを搭載していますか?にてご確認ください。(セルフクリーニングセンサーユニットを搭載していない場合、手動で撮像素子の清掃を行ってください。)

キヤノン純正ソフトウエア「Digital Photo Professional 」のゴミ消し機能を利用すると、画像の不要な点(ゴミやホコリ)を消去したり、周囲になじむように修正したりすることができます。詳しくは、「Digital Photo Professional」の使用説明書をご参照ください。 最新の「Digital Photo Professional」の使用説明書は、こちらからダウンロードできます。


この質問の対象商品

このページのトップへ