連続撮影(連写)速度は?(EOS R)



連続撮影(連写)速度は?(EOS R)
更新日 : 2018年9月14日
文書番号 : Q000095017



連続撮影時の速度(連写速度)は次の通りです。
ドライブモードを連続撮影に設定する方法については、カメラの使用説明書をご参照ください。
メモ
  • 連続撮影(連写)速度は、当社測定条件によるものですので、被写体、撮影条件などにより変わります。
  • 連続撮影中に内部メモリーがいっぱいになると、一時的に撮影ができなくなるため、連続撮影速度が途中から遅くなることがあります。

ドライブモード目安条件
高速連続撮影最高約8.0コマ/秒フリッカー低減撮影時、DPRAW設定時、サーボAF時、ストロボ撮影時は連続撮影速度が低下する
高速連続撮影時の連続撮影速度は、バッテリー残量、温度、フリッカー低減処理、DPRAW撮影、LVソフト撮影、シャッタースピード、絞り数値、被写体条件、明るさ、AF動作、レンズの種類、ストロボ使用、撮影機能の設定などの条件により低下することがある
低速連続撮影最高約3.0コマ/秒

重要
  • < > 高速連続撮影時の最高連続撮影速度:約8.0コマ/秒は、ワンショットAF、バッテリーパック:フル充電、シャッタースピード:1/1000秒以上、絞り開放(レンズの種類により異なる)*、常温(+23 ℃)、フリッカー低減処理:なし、DPRAW撮影:しない、デジタルレンズオプティマイザ:しないの条件で連続撮影を行ったときの最高速度です。
* EF300mm F4L IS USM、EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM、EF75-300mm F4-5.6 IS USM、EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMを装着したときは、ワンショットAF、手ブレ補正機能OFFで使用時
  • < > 高速連続撮影時の連続撮影速度は、バッテリー残量、温度、フリッカー低減処理、DPRAW撮影、LVソフト撮影、シャッタースピード、絞り数値、被写体条件、明るさ、AF動作、レンズの種類、ストロボ使用、撮影機能の設定などの条件により低下することがあります。
  • サーボAF時は、被写体条件や使用レンズにより、最高連続撮影速度が低下することがあります。また、サーボAF設定時に [ :LVソフト撮影 ] を [ しない ] に設定すると、最高連続撮影速度が低下します。
  • [ :フリッカーレス撮影 ] を [ する ] に設定して、フリッカー光源下で撮影を行うと、最高連続撮影速度が遅くなります。また、連続撮影間隔にばらつきが生じたり、シャッターが切れるまでのタイムラグが長くなることがあります。
  • 低温下でバッテリー自体の温度が低いときや、バッテリー残量が少ないときは、最高連続撮影速度が約6.0コマ/秒まで低下することがあります。
  • 低速連続撮影時も、撮影条件により、連続撮影速度が低下することがあります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS R

 

[TOP▲]
このページのトップへ