Q:ファイル送信時のエラーコード#751・#801の原因と対処方法について

更新日 : 2018年7月27日
文書番号 : Q000069309

A:

スキャン時のエラーでお問い合せが多いエラーについての対処方法を下記に記載します。

メモ

スキャンの送信手順についてお間違いないか、共有フォルダーへ送信する方法からご確認いただけます。

Windowsの更新後にスキャンができない場合は、Windowsの更新後、スキャンができない場合をご参照ください。

終了コード確認方法

スキャンデータが届いていない場合、終了コードを確認します。

原因と対処方法

  1. [状況確認/中止]を選択し、[送信]の[ジョブ履歴]から[NG]になっている該当のジョブを選択し[詳細情報]を選択します。

  2. [結果]か[終了コード]の欄にある[#]から始まる終了コードを確認し対処方法をお試しください。
    参考

    iR-ADV C3500/iR-ADV C5500/iR-ADV C7500/iR-ADV C350/iR-ADV C355/iR-ADV 4500/iR-ADV 6500シリーズをお使いの場合

    上記以外のシリーズをお使いの場合

#751エラー

想定要因(1):宛先に指定したパソコンが起動していないか、ネットワークに接続されていない。

対処方法

送信先のパソコンが正しく起動し、複合機と通信できるネットワークに接続されているか確認してください。

想定要因(2):宛先で指定した「ホスト名」や「フォルダへのパス」が正しくないか、共有フォルダに設定されていない。

対処方法

想定要因(3):セキュリティソフトのファイアウォール機能や、Windowsファイアウォールの設定によりブロックされている。

対処方法

想定要因(4):上記で改善しない場合

対処方法

#801エラー

想定要因(1):宛先に登録された「ユーザー名」「パスワード」が正しく設定されていない。

対処方法

想定要因(2):送信先の共有フォルダでアクセス権、セキュリティ設定により変更が制限されている。

対処方法

想定要因(3):送信先フォルダが読み取り専用属性が設定されている。

対処方法

想定要因(4):上記で改善しない場合

対処方法


この質問の対象商品

このページのトップへ