ローカルアドレス帳にIファクスアドレスを登録する方法(iR-ADV Gen3)



ローカルアドレス帳にIファクスアドレスを登録する方法(iR-ADV Gen3)
更新日 : 2018年1月23日
文書番号 : Q000086581



以下の手順で、アドレス帳にIファクスアドレスを登録できます。

 メモ

お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。

 1.
メインメニュー画面で[宛先/転送の設定]を押します。
 2.
[宛先の登録][新規宛先の登録]を押します。

 3.
Iファクス]を選択します。

 4.
[名称]を押します。

 5.
宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。
 6.
宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

 メモ

入力した名前のフリガナが表示されています。このフリガナをもとに、五十音または英数字の頭文字判別や宛先の検索が行われますので、必要であればフリガナを入力しなおしてください。

 7.
宛先の登録先を<個人宛先表>、<宛先表 1>〜<宛先表 10>、<管理者用宛先表>から選択します。

 自分専用の宛先を登録するときは、<個人宛先表>を選びます。
 Administratorのみが編集可能な宛先を登録するときは、<管理者用宛先表>を選びます。
 登録済みのユーザーグループで宛先を共有したいときは、登録済みのユーザーグループの宛先表を選びます。

 メモ

<宛先表 1>〜<宛先表 10>は、10冊のアドレス帳にたとえることができます。部署や取引先ごとに登録する宛先表を分けておくことで、宛先を指定するときに検索しやすくなります。また、宛先表を部署名や取引先名に変更しておくと、いっそう管理しやすくなります。

ユーザーグループ宛先表を管理するため、管理者だけがリモートUIから登録/編集できるように制限することもできます。 b_in_Add.ai (設定/登録)→[宛先設定]→[ユーザーグループ宛先表を使用]で設定してください。

 8.
<モード選択:>のドロップダウンリストを押し、モードを選択します。

受信側の機器に届いたかどうかを確認する場合は<Full>を、メールサーバーまで届いたかどうかを確認する場合は<Simple>を選びます。なお、受信側が<モード選択>機能に対応していないと、送信結果を確認することができません。

 メモ

<モード選択>機能に対応していない相手先に送信すると、送信自体は完了していても状況を確認すると、<送信結果待ち>と表示されます。<Fullモードの送信タイムアウト>で設定したタイムアウトの時間が経過するまで表示され続けます。

 9.
Iファクスアドレス]を押します。
 10.
アドレスを入力し、[OK]を押します。

 メモ

サーバーの経由をしないで送信する場合、送信先のIPアドレスがDNSサーバーに登録されていないときは、「user@[送信先のIPアドレス]」と入力します。「user」には任意の文字列を入力してください。

プラットフォームバージョン Ver.306以降は、使用するドメインが固定の場合、ドメイン入力を省略することもできます。[Iファクス宛先]を有効にしておくと、送信時に@以降の入力をしなくても登録済みのドメインを自動付与させることができます。
Eメール、Iファクス送信時のドメインを事前に登録する方法(iR-ADV Gen3)

プラットフォームバージョン Ver.306以降は、キーボードの<登録文字列>によく使うドメイン名などを登録しておくと、入力時に登録した文字列を呼び出すことができます。
Eメール、Iファクス送信時によく使う文字列を事前に登録する方法(iR-ADV Gen3)

 11.
<サーバーの経由>で次の項目を設定します。
相手先に送信する際、メールサーバーを介するかどうかを設定します。メールサーバーを経由する場合は<ON>を、同じローカルエリアネットワーク上の機器に直接送信する場合は<OFF>を選びます。機器に直接送信することによって、メールサーバーに負担をかけることなく大きなデータを送信することができます。

 重要

 「user@[送信先のIPアドレス]」などのIPアドレス形式以外でIファクスを送信する場合、メールサーバーを経由しないで送信するには、DNSサーバーのMX(Mail eXchange)レコードなどの設定が必要です。設定できるかどうか、ネットワーク管理者に確認してください。
 サーバーの経由を選択するためには、あらかじめ[サーバーの経由を使用]を「ON」にする必要があります。[サーバーの経由を使用]を「OFF」にすると、<サーバーの経由>はグレーアウトして設定することができません。また、[サーバーを経由しないMDNを許可]は「ON」にすることをおすすめします。


 メモ

サーバーの経由を「OFF」にしても、Fullモードで送信する際のIファクス送達確認はサーバー経由で行われます。

 12.
[相手先の条件]を押します。
 13.
相手先の条件を設定し、[OK]を押します。

b_D02738_C_a.ai (WebFAQ_V3.6_Common)

<用紙サイズ>:

送信する用紙サイズを設定します。A5は[A4/LTR]に含まれます。

<圧縮方式>:

ファイルの圧縮方式を選びます。MH、MR、MMRの順に圧縮率が高くなります。圧縮率が高いほど送信速度が速くなります。

<解像度>:

数値が大きくなるほど解像度が高くなり、きれいな画質で送信できます。ただし、解像度が高いほど送信速度が遅くなります。

<データ分割>:

Iファクスで送信できるデータのサイズが送信データサイズ上限値を超えるとき、サイズを基準にデータを分割するか、ページを基準にデータを分割するかを選びます。
 <ON>にすると、上限値を超えないサイズにデータを分割して、数回に分けて送信します。相手先の機器が、受信データを結合する機能に対応している必要があります。
 <サーバーの経由>を<OFF>にした場合は、データサイズの上限値を超えても分割せずに送信されます。

<カラー受信>:

R-ADV C5500シリーズ/C7500シリーズで設定できる項目です。
相手機がカラー受信に対応している場合、カラー送信することができます。[ON]→[次へ]を押し、用紙サイズと解像度を設定します。


 重要

相手先の機器の仕様を確認してから設定してください。相手先で使用できない設定をすると、エラーが発生することがあります。


 メモ

宛先を直接入力して送信するときに登録する(プラットフォームバージョン Ver.306 以降)
宛先をテンキーで直接入力して送信するとき、[アドレス帳に登録]を押すと、入力した宛先がそのまま登録できます。必要な条件を設定し、[名称]、[宛先表]を指定してください。

このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C355F / iR-ADV C356F II / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ