Eメール、Iファクス送信時のドメインを事前に登録する方法(iR-ADV Gen3)



Eメール、Iファクス送信時のドメインを事前に登録する方法(iR-ADV Gen3)
更新日 : 2018年1月23日
文書番号 : Q000093627



プラットフォームバージョン Ver.306以降では、あらかじめよく使うドメイン名を登録しておくと、送信時に@を含むドメイン名が自動付与されるため、EメールやIファクスを送信するとき、アドレスのドメイン入力を省略することができます。

Eメール、Iファクス送信時のドメインを登録する

Eメール、Iファクス送信時のドメインは以下の手順で登録してください。

1
b_key_Add.ai (WebFAQ_V3.6_Common)(設定/登録)を押す

2
<ファンクション設定> b_in_arrow_right.ai <送信> b_in_arrow_right.ai Eメール/I ファクス設定>  b_in_arrow_right.ai を押す

3
<宛先にドメインを追加>
を押す
b_V_306_007.ai (WebFAQ_V3.6_Common)

4
ドメイン名を入力する
「123@example.com」で送信したい場合、登録するドメイン名は「example.com」です。
b_V_306_008a.ai (WebFAQ_V3.6_Common)

5
Eメール宛先>あるいは<Iファクス宛先>の<ON>を押す
b_V_306_008b.ai (WebFAQ_V3.6_Common)

6
OK>を押す

style_note1.ai

他の機器にアドレス帳をインポートする際、下記の点にご注意ください。
<宛先にドメインを追加>は使用する機器の設定に従うため、機器により付与されるドメインが異なる場合があります。他の機器で本設定を使用する場合は、設定内容をご確認のうえ、ご利用ください。
<宛先にドメインを追加>の機能が搭載されていない機器にドメイン情報がないアドレスをインポートすると、アドレスとして成立せず、送信できない可能性があります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C355F / iR-ADV C356F II / iR-ADV C3520F / iR-ADV C3530 / iR-ADV C3530F / iR-ADV C5535 / iR-ADV C5535F / iR-ADV C5540 / iR-ADV C5540F / iR-ADV C5550 / iR-ADV C5550F / iR-ADV C5560 / iR-ADV C5560F / iR-ADV C7565 / iR-ADV C7570 / iR-ADV C7580 / iR-ADV 4525 / iR-ADV 4525F / iR-ADV 4535 / iR-ADV 4535F / iR-ADV 4545 / iR-ADV 4545F / iR-ADV 6555 / iR-ADV 6560 / iR-ADV 6565 / iR-ADV 6575 / iR-ADV 8585 / iR-ADV 8595 / iR-ADV 8505

 

[TOP▲]
このページのトップへ