アドレス帳を管理する(MF521dw)



アドレス帳を管理する(MF521dw)
更新日 : 2018年4月20日
文書番号 : Q000094195



対処方法

アドレス帳のデータや本機の各種設定値を書き出して(エクスポート)、パソコンに保存できます。また、パソコンに保存したデータを読み込む(インポート)ことも可能です。本機からエクスポートしたデータは他機にもインポート可能ですので、アドレス帳の宛先などを複数のマシンにかんたんにコピーすることができます*。なお、この機能を使うためには管理者モードでログインしている必要があります。

*本機の各種設定値は同一機種間でのみインポート/エクスポートが可能です。

重要
インポートやエクスポートが完了するまでは電源を切らない
  • 処理が完了するまで数分かかることがあります。処理中に電源を切ると、データが破損したり、本機が故障したりする恐れがあります。
インポート中やエクスポート中は本機の操作をしない
  • インポートやエクスポートをする前に、本機が印刷などの処理中でないことを確認してください。



2. ポータルページで、[設定/登録]をクリックする

3. [データ管理] [エクスポート]の順に進む

4. エクスポートする項目を選び、暗号化パスワードを設定する

  • [アドレス帳(ABK)]
アドレス帳のデータをCanon Address Bookファイル(*.abk)の形式でエクスポートするときは、チェックマークを付けます。
メモ
  • [アドレス帳(ABK)]にチェックマークを付けたときは、本機の各種設定値を同時にエクスポートできません。

  • [アドレス帳]
アドレス帳のデータをデバイス設定値情報ファイル(*.dcm)の形式でエクスポートするときは、チェックマークを付けます。

  • [アドレス帳の暗証番号]
アドレス帳に暗証番号が設定されているときは、アドレス帳の暗証番号を入力します。

  • [設定/登録]
本機の各種設定値をエクスポートするときは、チェックマークを付けます。

  • [暗号化パスワード]
エクスポートデータを暗号化するパスワードを半角英数字で入力します。同じパスワードを[確認入力]に入力してください。[アドレス帳]または[設定/登録]にチェックマークを付けたときは、パスワードを設定しないとデータのエクスポートはできません。
メモ
  • パスワードはエクスポートしたデータをインポートする際に必要となります。

5. [エクスポート開始]をクリックする

6. 画面の指示に従って、データを保存する場所を指定する
本機の設定値や登録内容のデータが保存されます。



2. ポータルページで、[設定/登録]をクリックする

3. [データ管理] [インポート]の順に進む

4. ファイルの指定とパスワードの入力を行い、インポートする項目を選ぶ

  • [ファイルのパス]
[参照]をクリックしてファイルを選択します。インポートできるファイル形式は、デバイス設定値情報ファイル(*.dcm)またはCanon Address Bookファイル(*.abk)の形式です。Canon Address Bookファイルを選択したときは他の項目を設定する必要はありません。

  • [復号化パスワード]
エクスポートしたときに設定したパスワードを入力します。

  • [アドレス帳]
アドレス帳のデータをインポートするときは、チェックマークを付けます。
重要
  • アドレス帳のデータをインポートすると、本機に現在登録されているアドレス帳が上書きされます。

  • [アドレス帳の暗証番号]
アドレス帳に暗証番号が設定されているときは、アドレス帳の暗証番号を入力します。

  • [設定/登録]
本機の各種設定値をインポートするときは、チェックマークを付けます。

5. [インポート開始]をクリックする

6. [OK]をクリックする
選択した設定データが本機に読み込まれます。

7. [OK]をクリックする
手順4で[設定/登録]にチェックマークを付けたときは、本機が自動的に再起動します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF521dw

 

[TOP▲]
このページのトップへ