インクジェットプリンター(PIXUS)の節電への対応に関する情報

情報更新日:2012年9月14日
情報掲載日:2011年4月28日

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

オフィスやご家庭での節電対策に少しでもお役立ていただけるよう、インクジェットプリンター(PIXUS)の節電に関する情報をまとめましたのでご案内致します。

主電源の切り方/電源プラグの抜き方とその注意点

主電源は本体の電源ボタンでオン/オフを切り替えます。電源オフ時もわずかながら電力を消費します。詳細は、下記「消費電力一覧」よりご確認ください。使用電力を0Wにする為には電源プラグを抜いてください。
その際には、以下の点にご注意ください。

  • 電源プラグをコンセントから抜く前に、必ずプリンター本体の電源スイッチで電源をオフにし、プリンターの動作が終了してからプラグを抜くようにしてください。プリンター本体の電源スイッチを使用して電源を切らないとプリントヘッドが乾燥し、目詰まりなどの原因になる場合があります。
  • ファクス機能を持っている機種については、電源を切ってしまうとファクスの受信をすることができなくなりますのでご注意ください。
  • ファクス機能を持っている機種の場合は、電源プラグを抜くと、メモリー受信しているデータが削除されます。
  • メモリーカードをプリンターに差し込んでデータを読み込んでいる最中に電源を切りますとデータが失われる場合があります。必ずデータの読み込みが終了していることを確認してから電源を切るようにしてください。

節電モードなどの設定方法

一部の製品では、印刷終了後一定時間経過で電源を切る「自動電源オフ」機能がありますので、こちらを設定することも有効です。

  • 「自動電源オフ機能」のないモデルもあります。
  • 「自動電源オフ機能」の設定方法については製品マニュアルを参照ください。

消費電力一覧

製品の消費電力の情報については詳細ページでご覧いただけます。

戻る

このページのトップへ