ファクシミリ(FAX)をより安心してお使いいただくためのお知らせ

情報掲載日:平成16年10月12日

情報ネットワーク環境が複雑化して情報の安全性への関心が高まりつつある中、ファクシミリ(以下FAXと言う)通信においても「相手先を間違えて送ってしまった」、「宛先が異なるFAXが来た」など、通信トラブルの事例が報告されております。
FAXをより安心してお使いいただくため、弊社製FAXをご利用いただいているお客さまへのご案内です。

FAXの誤通信には以下のような原因が考えられます。

  • 送信時の相手先番号、ワンタッチ/短縮ダイヤルなどの押し間違いや、ワンタッチ/短縮ダイヤルへのFAX番号の登録ミス、「短縮」ボタンを押し忘れての番号のみの発信など、操作方法の間違いに気づかず、意図しない相手先に接続され通信してしまう場合があります。
  • 極めて稀な例ですが、FAXの接続環境、FAXの種類や利用形態などの要素の組み合わせによって、通信開始時に意図しない相手と接続され、そのまま通信を開始してしまう例が報告されています。

このような誤通信を未然に防ぎ、確実に相手と通信するためには、以下の点に注意してFAXをご使用いただくことをお勧めします。

  • 相手先のFAX番号、ワンタッチダイヤル・短縮ダイヤルの登録番号をご確認いただくとともに、取り扱い説明書をよくご確認の上ご使用ください。
  • 大切な情報を送る場合には、「手動送信」により相手を確認した上で通信されることをお勧めします。
    • まず受話器を上げて(またはオンフック機能を利用して)、発信音(ツー音)を確認してから、FAX番号を正しくダイヤルしてください。
    • 相手先からFAX応答信号(ピーヒョロロ音)が聞こえたらスタートボタン(送信ボタン)を押してください。
  • 受話器を上げて(またはオンフック機能を利用して)ダイヤルした際に、相手からFAX応答信号(ピーヒョロロ音)と異なる予期せぬ信号音(ポー音)が聞こえた場合は、速やかにストップボタン(停止/終了ボタン)を押してください。また、無音の場合や音声の場合、FAX送信を中止してください。

本件についてのお問い合せ

お客様相談センター

製品によってお問い合せ番号が異なりますので、一覧ページより該当製品カテゴリを選択し、詳細をご確認の上、お問い合せ下さい。

一覧ページへ

戻る

このページのトップへ