インクジェットプリンター MAXIFY / PIXUSにおけるランサムウェア「WannaCry」の影響について

情報掲載日:2017年7月3日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ランサムウェア[WannaCry]に関する影響

ビジネスインクジェットプリンター「MAXIFY」、および家庭用インクジェットプリンター「PIXUS」においては、「WannaCry」に関する脆弱性がないことを確認しております。

ただし、「SMBv1 を無効にする」対策を送信先であるPC側で実施した場合、SMBv1を使用した送信ができなくなる可能性があります。

SMBv1を無効にした場合の影響について

Microsoft社はセキュリティパッチの適用に加え、SMBv1を無効にすることを推奨しておりますが、クライアントPCもしくはプリントサーバーでSMBv1を無効にした場合、以下の機能に影響が出ます。

1.スキャン to フォルダ

スキャンしたデータをプリンターから共有フォルダに保存する機能

対象機種
MAXIFY MB5430 / MB5330 / MB5130 / MB5030 / MB2730 / MB2330 / MB2130 / MB2030

2.カードスロットのネットワーク共有機能

プリンター本体のカードスロットをネットワークドライブとして設定し、PCから参照、書き込みを行う機能

対象機種
PIXUS MG8230 / MG8130 / MG7530 / MG7530F / MG7130 / MG6730 / MG6530 / MG6330 / MG6230 / MG6130 / MG5630 / MG5430 / MG5330 / MG4230 / MG4130
PIXUS MX893 / MX883 / MX870 / MX860 / MX513 / MX420 / MX350
PIXUS MP990 / MP640 / MP560
戻る
このページのトップへ