スモールオフィス向け複合機におけるランサムウェア「WannaCry」の影響と対応策について

情報掲載日:2017年6月21日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

ランサムウェア[WannaCry]に関する影響

キヤノン製スモールオフィス向け複合機においては、「WannaCry」に関する脆弱性がないことを確認しております。

ただし、「SMBv1 を無効にする」対策を送信先であるPC側で実施した場合、キヤノン複合機でもSMBv1を使用した送信ができなくなる可能性があります。

SMBv2もしくはSMBv3をサポートしている商品

MF735Cdw / MF733Cdw / MF731Cdw / MF726Cdw / MF722Cdw / MF634Cdw / MF632Cdw / MF628Cdw / MF511dw / MF417dw / MF249dw

上記対策を実施した場合、SMBv1を使用した送信ができなくなる可能性がある商品

上記SMBv2もしくはSMBv3をサポートしている商品以外のキヤノン製スモールオフィス向け複合機(SEND Lite対応機のみ対象)

影響が出る機能

対応策

SMB以外の送信方法(E-mail送信)に変更する必要があります。

戻る
このページのトップへ