デジタルシネマカメラ「EOS-1D C」ファームウエアVersion 1.2.0 へのアップデートサービス開始のお知らせ

情報掲載日:2013年5月29日

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

デジタルシネマカメラ「EOS-1D C」において、機能向上ならびにいくつかの修正を盛り込んだファームウエア Version 1.2.0 へのアップデートサービスを開始いたします。

ファームウエア変更内容

  1. 4K動画記録のフレームレートに “25.00p (fps)” を追加 (PAL設定) しました。
  2. “画質サイズ選択ボタン” を無効とする機能を追加しました。
  3. オートライティングオプティマイザをON (弱め、標準、または強め) の設定で静止画を連続撮影した際、1枚ごとに露出差が発生することがある現象を修正しました。
  4. HDMI 出力の動画を外部レコーダーに記録した際、外部レコーダーで記録した動画が二重になることがある現象を修正しました。
  5. 動画記録サイズのフレームレートを小数点以下2桁の表示にしました。 例、24p -> 23.98p (fps)

なお、上記の 3. 以外は、ファームウエア Version 1.1.9 に盛り込まれています。

対象製品

デジタルシネマカメラ 「EOS-1D C」

  • ファームウエア Version 1.0.2 とファームウエア Version 1.1.9 のカメラが対象製品です。

対応について

ファームウエア Version 1.2.0 へのアップデートをご希望のお客さまは、購入した販売店もしくは修理拠点窓口へお持ちくださいますようお願い致します。
なお、お預かりしての対応となりますので、約1週間程度のお時間をいただきます。ご了承ください。

本件についてのお問い合せ先

お客様相談センター

電話番号
050-555-90006
  • 上記番号をご利用いただけない方は、03-5428-1208をご利用ください。
  • 050ではじまるIP電話番号については、ご注意別のウィンドウで開きます。をご確認ください。
受付時間
平日 9時00分~17時00分
  • 土日祝日および年末年始弊社休業日は休ませていただきます。

詳細へ

戻る

このページのトップへ