デジタルシネマカメラ 「EOS-1D C」ファームウエアVersion 1.3.5 へのアップデートサービスに関するお知らせ

情報更新日:2014年6月5日
情報掲載日:2013年11月12日

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

2013年11月12日に公開致しました EOS-1D C用のファームウエア Version 1.3.4 に不具合が見つかり、アップデートサービスを停止させていただいておりましたが、ファームウエア Version 1.3.5 で修正を盛り込みましたので、そのアップデートサービスにつきましてご案内致します。

ファームウエア Version 1.3.4 へのアップデートサービスをご利用されたお客さまにつきましては、お手数をお掛けし申し訳ございませんが、不具合を修正したファームウエア Version 1.3.5 にアップデートさせていただきますので、再度購入した販売店、もしくは修理拠点窓口にお持ちくださいます様、お願い致します。

ファームウエア変更内容

今回ご案内のファームウエア Version 1.3.5 は、ファームウエア Version 1.3.4 で追加された機能の 「音声ライン入力」 が正しく機能しない不具合を修正しました。

対象製品

デジタルシネマカメラ 「EOS-1D C」

対応について

対象製品でファームウエア Version 1.3.5 へのアップデートをご希望されるお客さまは、購入した販売店、もしくは修理拠点窓口にお持ちくださいますようお願い致します。

ファームウエア Version 1.3.4 へのアップデートサービスをご利用されたお客さまにはお手数をお掛けし申し訳ございませんが、不具合を修正したファームウエア Version 1.3.5 にアップデートさせていただきますので、再度購入した販売店、もしくは修理拠点窓口にお持ちくださいます様、お願い致します。

ファームウエア変更履歴

ファームウエア Version 1.3.4 の変更内容

  1. キヤノン・EFシネマレンズの光学補正対応機能(周辺光量補正と色収差補正)を追加しました。※1 ※2
  2. 音声のライン入力機能を追加しました。

ファームウエア Version 1.2.0 の変更内容

  1. 4K 動画記録のフレームレートに “25.00p (fps)” を追加 (PAL設定) しました。※3
  2. “画質サイズ選択ボタン” を無効とする機能を追加しました。※3
  3. オートライティングオプティマイザをON (弱め、標準、または強め) の設定で静止画を連続撮影した際、1枚ごとに露出差が発生することがある現象を修正しました。
  4. HDMI 出力の動画を外部レコーダーに記録した際、外部レコーダーで記録した動画が二重になることがある現象を修正しました。※3
  5. 動画記録サイズのフレームレートを小数点以下2桁の表示にしました。 例、24p → 23.98p (fps) ※3

本件についてのお問い合せ先

電話でのお問い合せ

お客様相談センター

電話番号
050-555-90006
  • 050ではじまるIP電話番号については、「詳細へ」をご確認ください。
受付時間
  • 平日9時00分~17時00分
  • 土日祝日および年末年始弊社休業日は休ませていただきます。
戻る
このページのトップへ