プロジェクターの一部モデルでのエアフィルターカウンター誤動作について

情報掲載日:2019年7月31日

平素はキヤノン製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

プロジェクター製品の一部モデルにおいて、エアフィルターの交換時期を知らせるカウンターの誤動作(ファームバグ)が見つかりました。実際の交換時期よりも早いタイミングで、エアフィルター交換を促す警告が表示されます。ご利用のお客さまには大変ご不便をお掛けしております。

本事象の内容について下記の通り、ご案内申し上げます。

対象

製品名 ファームウエアバージョン
WUX5800Z/ WUX6600Z/ WUX7000Z Ver.01.020200 未満
4K600STZ Ver.01.030300 未満
4K600Z Ver.01.000200 未満
4K5020Z/ 4K6020Z Ver.01.020100 未満

事象の内容について

本来エアフィルターカウンターは光源の総点灯時間を表示しますが、今回の事象は本体電源コードがAC電源に接続されている間はスタンバイ状態でもカウンターがカウントされます。その結果、光源の総点灯時間よりも早いタイミングで、エアフィルター交換時期を知らせる警告表示が出ます。

参考情報

警告表示は[メニュー]>[システム設定]>[オンスクリーン]画面の「エアフィルター警告表示」の設定で警告を表示しないようにすることも可能です。
また、エアフィルターカウンターと同じく光源の総点灯時間を示すカウンターとして、 [メニュー]>[インフォメーション]画面で確認できる「プロジェクター使用時間」があります。

対応について

該当する本体のファームウエアをバージョンアップすることで、正しいエアフィルターカウンター時間に書き換えることが可能です。下記ダウンロードページより該当機種のファームウエアをダウンロードいただき、バージョンアップを行ってください。

電話でのお問い合せ

お客様相談センター(プロジェクター)

電話番号
050-555-90071
  • 受付時間については、「詳細へ」をご確認ください。
  • 050ではじまるIP電話番号については、「詳細へ」をご確認ください。
戻る
このページのトップへ