ネットワークビデオレコーディングソフトウェア RM-64 / RM-25 / RM-9 v1.0 をご使用のお客さまへ

情報掲載日:2013年3月19日

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

平素はキヤノン製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

キヤノン ネットワークビデオレコーディングソフトウェア RM-64 / RM-25 / RM-9 v1.0で、イベントに連動した録画をH.264フォーマットで行うと、実際とは異なった時刻のデータとして記録される、あるいは一部の録画映像を再生出来ない場合があることを確認しましたので、以下にお知らせ致します。

本製品をご使用のお客さまには、多大なるご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げます。

現象

イベントに連動した録画(センサー録画、動き検知録画、インテリジェント機能録画、音量検知録画)を、H.264フォーマットで行った場合、実際とは異なった時刻のデータとして記録される、あるいは一部の録画映像が再生出来ないことがあります。

発生条件

以下の3つの条件がすべてそろい、録画されない期間(イベントとイベントの間)にネットワーク通信の状況などでデータが途切れると、本不具合が発生します。

  1. バージョン1.0のRM-64 / RM-25 / RM-9を使っている
  2. H.264で記録している
  3. イベント前録画を設定している

対応方法

キヤノンのWebサイトから最新バージョン(2.0以降)のアップデーターをダウンロードし、アップデートしてください。

ダウンロードへ

対象製品の確認方法

対象はRM-64 / RM-25 / RM-9のバージョン1.0です。以下の方法でバージョンのご確認をお願いいたします。

確認方法

  1. ビューワーを起動します。
  2. [ヘルプ]メニューから[バージョン情報]をクリックします。
  3. 表示されたダイアログでソフトウェアのバージョンを確認します。

バージョン情報画面

  • 「v1.0」 -> 対象バージョンです。
  • 「v2.0(以降)」 -> 対象バージョンではありません。

本件についてのお問い合せ先

お客様相談センター

電話番号
050-555-90074
  • 050ではじまるIP電話番号については、ご注意別のウィンドウで開きます。をご確認ください。
受付時間
平日 9時00分~17時00分
  • 土日祝日と年末年始弊社休業日は休ませていただきます。

詳細へ

戻る

このページのトップへ