「らくらく買替便」の下取りがスゴい!さっそくプリンターを買い替えてみた。「らくらく買替便」の下取りがスゴい!さっそくプリンターを買い替えてみた。

プリンターの買い替えで困るのが「いま使っているプリンター、どうするの?」問題。処分するにも有料で、手続きが必要。粗大ゴミの日っていつだっけ? そんなあなたに朗報。キヤノンの「らくらく買替便」を利用すれば、新品のプリンターがおトクに買えるだけでなく、不要なプリンターの下取りもしてくれる。さっそく体験してみた!

CHAPTER 1
新旧交代。プリンターとの出合いと別れ。

ええっ。プリンターが絶不調、困った。

ええっ。プリンターが絶不調、困った。 粗大ゴミに出すのもお金がかかる。

昨日まで元気に働いてくれていた我が相棒、PIXUSくん。最近ちょっと不調だったんです。ろくなケアもしないで使っていた私がいけないのですが、ついに……。

でも実は、そろそろ買い替えしたいと考えていたんですよね。
何かいいプリンターはないかな?
キヤノンのホームページを見ていたら、気になる文字列が目に飛び込んできました。

「らくらく買替便」?

「らくらく」+「買替」+宅配便の「便」? これは一体……?

本当に「らくらく」なのか、「らくらく買替便」?

本当に「らくらく」なのか、「らくらく買替便」?

いや、瞬時に理解しました。ちゃんとホームページに書いてあります。
プリンターをネットで注文、早ければ翌日配送してくれるサービスだそうです。
早い。明日使えるとたいへん助かるー。

すでに宅配に頼り切っている都市生活者の私は、このサービスを利用して新しいPIXUSを購入することにしました。

古いプリンターの下取りもしてくれるなんて!

修理するのとどっちがお得か確認できた。 ポチッとしてみた。

普通のネット通販と「らくらく買替便」が違うのは、新品の購入に、使わなくなったプリンターの下取りがセットになっていること。
「らくらく買替便」の説明ページをよく読んだ私が教えてあげますね。
手順は簡単です。

これだけです。本当にらくらくな感じがしますね。

サクサク入力。たった5分で購入完了!

サクサク入力。たった5分で購入完了!

私は仕入れた知識を実践に移すことにしました。ホントに簡単らくらくなのかな? と疑ってみたりしましたが、ホントに簡単でした。

「らくらく買替便」を利用するには、キヤノンイメージゲートウェイの会員として「ログイン」することが必要。入会していれば、あとは通常のネット通販サイトと変わりません。

あまりに軽い気持ちで「ポチッ」としてしまったので、少しだけ自分で自分が心配になったぐらいですね。

CHAPTER 2
そして翌日。新品がわが家にやって来た。

欲しかったプリンター、もう届いた!

欲しかったプリンター、もう届いた!

注文から24時間が経過したころ、彼はやって来ました。注文したPIXUSインクジェットプリンターが、早くもわが家に届けられてきました。
「最短翌日配送」のスピードがうれしいですね。

玄関で受け取りましたが、非力な私には少々ズズンとくる重さ。やっぱり宅配サービスを利用してよかった!

わくわく開封。同梱の「納品書」があとで必要!

わくわく開封。同梱の「納品書」があとで必要! 納品書をなくさないようにキープ。

箱の外側に「納品書」が収められています。A4サイズの紙ですが、これから手続きする「下取り」に必要な書類です。新品を買った証拠になる書類ですね。
あとで古いプリンターと一緒に「納品書」のコピーを送る必要があるので、なくさないようにキープ。

やっぱり新品とか新築っていいなー。

やっぱり新品とか新築っていいなー。

どうせ住むなら新築の家。どうせ乗るなら新車。
どうせ刷るなら、やっぱり新品のPIXUSですよね。

日本人って、どうしてこう「初もの」が好きなのでしょう。日本人全体の問題にしてはいけませんね。そう、私が好きなのですよ、まっさらの新品。だって、気持ちがいいじゃないですか。

不要になったプリンターを「下取り」に!

プリンター下取り送付状に記入。 不要なプリンターをビニール袋で梱包!

「新品イェー!」なんて浮かれていてはいけません。
新品の喜びもそこそこに、不要になったプリンターを下取りに出します。ここからが「らくらく買替便」の真骨頂。

不要なプリンターは、トイレに流して捨てるわけにはいきません。当たり前ですね。
粗大ゴミの処理に必要なゴミシール(有料ゴミ処理券)を購入するとか、決められた日と時間に集積所に出さなくてはいけないとか、ちょっと面倒です。

それに、ついこの前まで相棒として働いてくれたプリンターが、ゴミ置き場で夜露に濡れている……なんて、想像しただけで涙が出てきませんか。
「ドナドナ」っていう歌を思い出してしまいますね。悲しいよ。

古いプリンターと送付状を入れて下取り準備完了!

古いプリンターと送付状を入れて下取り準備完了!

「ドナドナ」を口ずさみながら、古いプリンターを緩衝材にくるみます。
箱は、新しいPIXUSの空き箱がちょうどよかったので、これを使うことにしました。
送るプリンターが大きい場合は、ちゃんと収まる段ボール箱を自分で用意しないと、ですね。
そして新品PIXUSに同梱されていた「送付状」に必要事項を書き込み、「納品書」のコピーといっしょに梱包して送ります。

お世話になったプリンターを「ゴミ」として出すのはしのびない。でも、「らくらく買替便」なら配送業者が自宅の玄関先まで下取りに出すプリンターを取りに来てくれる。
ゴミに出すわけではありません。下取りに出すのです。しかも、自宅から(←重要)。

「新品を買う」と「不要品を下取りに出す」がセット。これって、意外となかったサービスではないでしょうか。画期的! と言ってもいいでしょう。
たったいま「らくらく買替便」を利用した私が言うのだから間違いありません。

CHAPTER 3
さらば愛しきプリンター。下取りへの道。

あとはヤマト運輸さんに「集荷依頼」するだけ。

ヤマト運輸さんに集荷依頼の電話をかける。 自宅まで引き取りに来てくれる幸せを感じる。

下取りに出す元愛機を厳かに梱包したら、ヤマト運輸さんに集荷を依頼します。
重いプリンターを運ばなくていいシアワセ。
自宅まで引き取りに来てくれるシアワセ。

何ともムダのないシアワセを感じます。

ここまでが「らくらく買替便」のすべて。

ここまでが「らくらく買替便」のすべて。

やった。やりました。やりきりました。「らくらく買替便」もフィナーレです。
注文はスマホで簡単らくらく。
翌日には届いてらくらく。
下取りも集荷に来てくれてらくらく。

最初から最後まで、らくらくな流れで新しいPIXUSを手に入れることができました。

やっぱり新しいプリンターはいいね!

やっぱり新しいプリンターはいいね!

さっそく新しい相棒でプリントしてみました。
動作も速いし、発色もいい感じがします。やっぱり3〜4年も経つとプリンターは大きく進化しますね。早く買い替えればよかった。

このプリンターをがんがん使って、また何年か経ったら新しいプリンターを買い求めようかな。
もちろん「らくらく買替便」で! だって、キヤノンのメーカー保証も付いているんですよ。購入しやすい2年保証や、さらに安心な3年間の長期保証が選べたりするので、気が利いているとしか言えません。ありがとう。
私は何かと安心な3年保証をチョイスしました。

やったね。「プリント枚ル」もゲットしちゃった。

やったね。「プリント枚ル」もゲットしちゃった。

「プリント枚ル」というのは何か。調べてみました。
プリントやインク交換などプリンターの利用に応じてたまっていく「ポイント」のことなのですね。
乗れば乗るほどたまるのが飛行機のマイル。刷れば刷るほどたまるのがPIXUSの「プリント枚ル」というわけ。
たまった「プリント枚ル」は、キヤノンオンラインショップなどで使えるクーポンや、JCBギフトカードに交換できるらしい。
交換インクや用紙をキヤノンオンラインショップで買うなら、事実上の割引で消耗品を購入できるわけですね。

ちなみに「らくらく買替便」の利用でも、この「プリント枚ル」がチャージされます。
今回のPIXUS TS8230の場合、購入分と下取り分で合計8000枚ルももらえるんですって。
それって日本の通貨=円に換算すると、およそ4000円相当になるらしいですよ。

結論

2万円ちょっとで新品プリンターが届き、不要プリンターを下取りに出せて、しかもポイントで4000円相当のバック。さらにメーカー3年保証まで付いてくる。これってかなりおトクですよね。知らないでは済まされません。
でもいいのか。誰にも教えないほうがいいかもしれないな。いえ、冗談です。

プリンターはどうしたって消耗品です。10年、20年と使うわけではありませんよね。
3年なら3年保証の期間中に思い切り使って、保証期間が切れたころ新しいプリンターに買い替える。そんな使い方もアリなのではないでしょうか。

プリンターの新しい買い方のスタンダード。
それが「らくらく買替便」です。

レビュアー紹介

tsutomu(編集者)

tsutomu(編集者)

出版社勤務、フリーランス、会社経営の経験を生かして、紙媒体からデジタルメディアまでうろうろ活躍中。カメラファン、写真ファンの皆さまにおすすめのアイテムをプッシュしています。