写真でまなぼう!
生きもの・自然の“ふしぎ”

生きものや自然の“ふしぎ”を探しに行こう!面白い発見ができるかな?

シャチ

シャチは世界最大のイルカの仲間なんだ。泳ぐ速さは最大で時速70km以上で一日に100km以上泳ぐこともあるんだ。オスの体は最大で約10m、体重は9t程の大きさになることもあるんだ。世界中の海に棲息していて、
日本では北海道の根室海峡などで見ることが出来るかもしれないよ。

シャチのオスとメスはどうやって見分けるの?

シャチのオスとメスは、大きくなって成長すると背びれの長さで見分けることができるんだ。背びれが長く、ピンと伸びているのがオスで、オスよりも少し短くて後ろにそっているのがメスなんだよ。若いオスや子供はメスのような背びれなので、分かりにくい事もあるんだ。

何をしているのかな?

シャチが尾っぽを海面にたたきつけ、バタバタとさせているよ。何をしているのかな?
これは、テイルスラッピングとかロブテイルといって、仲間と交信するために大きな音を出すために行う行為だと言われているんだよ。相手に自分の居場所を教えたり、仲間を呼ぶための行為とも言われているんだよ。

テイルスラッピングを行う様子

何をしているのかな?

シャチが頭を出しているよ。何をしているのかな?
これはスパイホッピングといって、海面から顔を出して外の様子を偵察したり、興味のあるものを見るための行為と言われているよ。海面から頭を出して「何をしているの」と言っているかもしれないね。

スパイホッピングを行う様子

撮影ワンポイントアドバイス
~撮影してみよう~

シャチの撮影に適したカメラ

オスは警戒心が強く、少し離れた位置にいるんだ。メスや子供は人なつっこく船のそばまで近づいてくるので、標準から望遠系のズームレンズがあればアップも景色を入れたシャチも両方撮影することができるよ。

シャチの撮影ポイント

船に乗って沖に出ないと、なかなか見る事が出来ないんだ。シャチは水中を最も速く泳ぐことができるほ乳類だと言われているんだ。でも家族でいるときなどはゆっくり泳いでいるので、船のそばまで寄ってくることがあるので、海面を泳ぐ親子の姿を撮影できるかもしれないよ。