カートリッジ回収リサイクルにおけるカーボン・オフセットの取り組みについて

カートリッジ回収リサイクルプログラムにおけるカーボン・オフセットの取り組み

カートリッジ回収について

キヤノンでは、お客さまのご希望に添った回収サービスを実施しています。(着払い伝票を使って返送いただく専用集合箱回収、1本から回収可能な訪問回収サービス、お近くの販売店などに設置した回収窓口への持ち込み回収、学校向けにベルマーク点数と交換で実施しているべルマーク回収など)

CO2排出量実質ゼロのカートリッジ回収サービスを実現

キヤノンは2010年より、使用済みカートリッジをリサイクル拠点へ回収輸送する際にトラックなどから発生するCO2排出量のオフセットを行ってきました。
そして2015年、カートリッジ回収リサイクルプログラムに「カーボン・オフセット制度」を導入し、回収輸送およびリサイクル拠点におけるリサイクル工程で発生するCO2排出量をオフセットすることで、CO2排出量実質ゼロの回収リサイクルプログラムを実現します。

カートリッジ回収サービスのカーボン・オフセットの範囲

回収されたカートリッジのリユース、リサイクル

回収されたカートリッジは、国内のキヤノンリサイクル拠点にて部品のリユースや、材料をリサイクルして同じ製品に再利用するクローズドループリサイクルを実施しています。この取り組みにより、新品の部品や材料で製造した同等のカートリッジに比べて、原材料の調達時のCO2を大幅に削減しています。

カートリッジ回収シミュレーター

またこちらのサイトでは、カートリッジ回収本数からCO2削減効果を計算できるシミュレーターを公開してます。社内の環境活動などにご利用ください

このページのトップへ