EOS 9000D | 高画質

臨場感まで描写する表現力。[約2420万画素CMOSセンサー]

ディテールまで鮮鋭に刻みとる。その描写力こそ、自社開発・自社生産の実力。

一眼レフならではの大型APS-CサイズCMOSセンサーを搭載。約2420万画素の高画素で、被写体のディテールや質感、光のニュアンス、豊かな色彩まで目で見たままに描写します。その画質は、CMOSセンサーを自社生産・自社開発するキヤノンならでは。また、背景を美しく大きくぼかした表現も思いのままです。大判プリントや大型テレビなどで観賞することで、その表現力をより実感できます。手にしたその日から、ワンランク上の写真画質をお楽しみください。

  • 有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。
APS-Cサイズ CMOSセンサー
作例:約2420万画素CMOSセンサー

用途に合わせて柔軟に。選べる9種の記録画質。

撮影後の多彩な画像編集が楽しめるRAWはもちろん、L判サイズのプリントやデジタルフォトフレームの再生に適したS2など、用途に合わせて全9種の記録画質から選ぶことができます。

記録画質 記録画素数
(画素)
ファイルサイズ
(約・MB)
撮影可能枚数
(約・枚)
L ラージ ファイン 6000x4000(2400万) 7.6 950
L ラージ ノーマル 6000x4000(2400万) 3.9 1840
M ミドル ファイン 3984x2656(約1060万) 4.1 1790
M ミドル ノーマル 3984x2656(約1060万) 2.0 3480
S1 スモール1 ファイン 2976x1984(約590万) 2.6 2730
S1 スモール1 ノーマル 2976x1984(約590万) 1.3 5260
S2 スモール2(ファイン) 2400×1600(約380万) 1.8 3810
RAW ロウ 6000x4000(2400万) 29.4 210
RAW+L ロウ+ラージ ファイン 6000x4000(2400万) 29.4+7.6 170
  • ファイルサイズ、撮影可能枚数は、キヤノン試験基準8GBカードを使用し、試験基準(アスペクト比3:2、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード設定時)で測定したものです。これらの数値は、被写体やカードの銘柄、アスペクト比、ISO感度、ピクチャースタイル、カスタム機能などの設定により変動します。

撮った写真を、カメラ内で小さくリサイズ。

大きなサイズの記録画質で撮影したJPEG画像を、カメラ内で縮小(リサイズ)可能。リサイズ処理後の画像は、別画像として保存できます。

記録画質 アスペクト比と画素数※1
3:2 4:3 16:9 1:1
ミドル 3984x2656
(約1060万)
3552x2664
(約950万)
3984x2240※2
(約890万)
2656x2656
(約710万)
スモール1 2976x1984
(約590万)
2656x1992
(約530万)
2976x1680※2
(約500万)
1984x1984
(約390万)
スモール2 2400×1600
(約380万)
2112×1600※2
(約340万)
2400×1344※2
(約320万)
1600×1600
(約260万)
  • ※1
    画像サイズの縮小のみ可能。アスペクト比の変更はできません。
  • ※2
    正確な比率になりません。
  • ※3
    S2で撮影した画像はリサイズできません。

傾き補正も可能に。トリミング機能。

パソコンに画像を取り込まなくても、撮影したJPEG画像※1のトリミングがカメラ内で可能。新たに、傾きの補正にも対応しました。トリミング範囲のサイズは42段階から選べます※2。トリミング枠の縦位置・横位置の切り換えや移動も。好みの画角とアスペクト比でトリミングが楽しめるので、不要な部分の切り取りにも便利。トリミング処理後の画像※3は、別画像として保存できます。

  • ※1
    RAWで撮影した画像はトリミングできません。
  • ※2
    対角比12~95%の範囲をトリミングすることができます。
  • ※3
    トリミング処理後に保存した画像は、「再度トリミング」「クリエイティブフィルター処理」「リサイズ処理」はできません。

高画質がさらに進化。 [映像エンジンDIGIC 7]

高速で画像を処理。画質、多機能化をもたらす原動力。

カメラの頭脳ともいえる映像エンジンが、ついにDIGIC 7へ。DIGIC 6に比べ、画像を処理する性能が飛躍的にアップしているため、大型センサーが捉えた高画素情報を、より精緻な画像へと変換。これまで以上に、細部のディテール、豊かな階調を実現します。また、最高常用ISO感度25600や約6コマ/秒の高速連写、フルハイビジョン60p動画撮影など、EOS 9000Dのさまざまな先進機能を可能にしています。

写真:DIGIC 7

14bit信号処理で、グラデーションをなめらかに、美しく。

上位機種と同じ14bit A/D変換(16384階調)を採用。グラデーションを目で見たままに美しく表現できる信号処理能力の高さも魅力の一つです。記録画質がJPEGによる撮影時も安心。14bitのRAWデータから生成されるため、豊かな階調で描き出すことが可能です。

/eos/lineup/9000d/img/feature-highquality

夜景も室内も、隅々までクリアに。[常用ISO感度ISO100~25600]

光量が足りないシーンも、手ブレやノイズを抑えて美しい一枚へ。

夜景や室内で、ブレずに高画質な写真を撮るなら、高いISO感度で撮れるほど有利です。ISO感度の設定値を高くできるほど、暗いシーンに強いカメラということ。EOS 9000Dは、DIGIC 7の搭載により最高常用ISO感度25600を達成。映像エンジンDIGIC 7による高度なノイズ処理で、隅々までクリアな写真に仕上げられます。これまであきらめていた時間や場所での撮影を可能にします。

  • 推奨露光指数。動画撮影時はISO100~12800(拡張ISO25600)。
ISO 25600
写真:高感度作例

ISO感度の設定に迷わない。自動設定するISO上限設定。

はじめての一眼レフカメラでも安心。撮影時の光量に応じて、適切なISO感度をカメラが自動で設定してくれます。[応用撮影ゾーン]での自動設定幅は、ISO400~25600。風景や人物など、ディテールをきめ細かく表現したいときは低めに。室内や夜景など、暗いシーンではシャッター速度を優先して高めに設定。ブレを抑えて撮影するなど、シーンに合わせて使い分けることが可能です。

写真:ISOオートの上限設定画面

各撮影モードで自動設定されるISO感度の範囲

撮影モード ISO 感度設定
ストロボなし ストロボ(内蔵)※1 ストロボ(外部)※1
オートモード シーンインテリジェントオート ISO100 ~ 6400 ISO400 ~ 3200 ISO400 ~ 1600
フラッシュ禁止 ISO100 ~ 6400
ポートレート クローズアップ ISO100 ~ 6400 ISO400 ~ 1600 ISO400 ~ 1600
風景 ISO100 ~ 1600 ISO400 ~ 1600
スポーツモード ISO100 ~ 6400 ISO400 ~ 1600
アイコン:スペシャルシーン アイコン:集合写真 ISO100 ~ 6400 ISO400 ~ 3200 ISO400 ~ 1600
アイコン:キッズ アイコン:料理 アイコン:夜景ポートレート ISO100 ~ 6400 ISO400 ~ 1600 ISO400 ~ 1600
アイコン:キャンドルライト アイコン:HDR逆光補正 ISO100 ~ 6400 AF 補助光のみ発光
アイコン:手持ち夜景 ISO100 ~ 12800 ISO400 ~ 6400 ISO400 ~ 6400
アイコン:クリエーティブフィルター アイコン:ラフモノクロ アイコン:ソフトフォーカス アイコン:魚眼風 アイコン:水彩風 アイコン:トイカメラ風 アイコン:ジオラマ風 ISO100 ~ 6400 ISO400 ~ 3200 ISO400 ~ 1600
アイコン:HDR 絵画調標準 アイコン:HDR 油彩調グラフィック調 アイコン:HDR 油彩調 アイコン:HDR ビンテージ調 AF 補助光のみ発光
PTvAv ISO100 ~ 25600※2 ISO400 ~ 1600※2 ISO400 ~ 1600※2
バルブ撮影時 ISO400 ISO400 ISO400
  • ※1
    日中シンクロで露出オーバーになる場合は、最低ISO100
  • ※2
    「ISO オート」の上限による

高感度時も長秒時も。いつでも、美しい仕上がり。[ノイズ低減機能]

撮影シーンに応じた適切なノイズ処理を実行。

夜景などを撮ったときに、現れがちな写真のざらつき。それがノイズです。EOS 9000Dは、ノイズが現れやすい高感度撮影時と長秒時露光撮影時の2つのシーンで適切なノイズ処理を実行。長秒時露光撮影時は、1秒以上の露光時に[自動][する(常時)]から選択可能。高感度撮影時は[しない][弱め][標準][強め][マルチショットノイズ低減機能]の5種類から選ぶことができます。見たままのクリアな画像に仕上げます。

高感度撮影時のノイズ低減:標準
写真:ノイズ低減設定画面

ノイズ低減と解像感の確保を両立。マルチショットノイズ低減機能。

高感度撮影時には、マルチショットノイズ低減機能を搭載。一度シャッターボタンを押すだけで、4枚の画像を自動で連続撮影し合成。ノイズを抑えた解像感のある一枚に仕上げます。自動で位置合わせを行うため、手持ち撮影※1も安心して楽しめます。高感度撮影時のノイズ低減設定は、「しない/弱め/標準/強め※2/マルチショットノイズ低減※2※3」から選択できます。

  • ※1
    画面全体をズレなく合わせるためには三脚の使用をおすすめします。
  • ※2
    「強め」「マルチショットノイズ低減」設定時は、連続撮影可能枚数が大幅に減少します。
  • ※3
    記録画質がRAW、RAW+JPEG(ラージ/ファイン)に設定されているときは、「マルチショットノイズ低減機能」は選択できません。
写真:ノイズ低減設定画面

長秒時露光撮影時のノイズ低減

露光時間1秒以上の長秒時露光撮影時にノイズ低減を行う「する」、ノイズが検出された場合のみノイズ低減を行う「自動」、補正を行わない「しない」から選べます。

写真:長秒時露光撮影時のノイズ低減画面

レンズ本来の描写力を引き出す。[4つのレンズ光学補正]

新たに回折補正に対応。カメラ内で、さまざまな収差を高度に補正。

レンズの特性上起こりうる、周辺光量落ち、色のにじみ、そして画像周辺部の歪み。これらの現象をカメラ内で補正するレンズ光学補正を搭載。EOS 9000Dは、絞り込んで撮影した場合に起こりやすい回折現象へ新たに対応。解像感の低下となるこの現象を抑え、EFレンズ本来の描写力を引き出します。補正データが用意されているすべてのEFレンズ(キットレンズを含む)の補正用データを登録※1。使用レンズに合わせて追加・登録することなく※2、補正を行うことが可能です。

  • ※1
    一部、補正用データが用意されていないレンズもあります。
  • ※2
    今後発売されるレンズに関しては、EOS Utilityを介してカメラに追加登録することが必要です。

歪曲収差補正

画像周辺部の歪みを補正。ソフトウエアでRAW現像時に行っていた歪曲収差補正も、カメラ単体で可能です。

  • アイコン:手持ち夜景 アイコン:HDR逆光補正モード時、動画撮影時、マルチショットノイズ低減機能設定時は、歪曲収差補正は設定できません。
  • レンズ光学補正データが登録されているレンズのみ補正が行われます。
  • 初期状態では、歪曲収差補正は行わない設定になっています。
  • 歪曲収差補正を「する」に設定した時は、連続撮影速度が低下します。
  • アイコン:集合写真モード時のみ、自動で補正されます。
写真:レンズ光学補正補正設定画面

色収差補正

被写体の輪郭部分に現れることのある「色のにじみ」などを補正。EFレンズの持つ、シャープな解像感が得られます。

  • 色収差補正設定時は連続撮影可能枚数が大幅に減少します。
  • かんたん撮影ゾーンでは、自動的に補正が行われます。

周辺光量補正

主に広角レンズを使用して、絞り開放時に撮影すると、画像の四隅が暗くなることも。この周辺光量の落ち込みを補正します。

  • かんたん撮影ゾーンでは、自動的に補正が行われます。

回折補正

絞り込んで撮影したときに起こりがちな解像感の低下。この減少を補正します。

  • かんたん撮影ゾーンでは、自動的に補正が行われます。

ソフトウエアを活用して、さらに高度な補正が可能[Digital Photo Professional]

RAW画像は、ソフトウエア[Digital Photo Professional]で、画質をほとんど劣化させずに補正できます。また「デジタルレンズオプティマイザ機能」を使うと、レンズの特性によって起こる場合がある「色にじみ」などを、高精度に補正。ディテールまでより鮮明な一枚に仕上げます。さらに露出補正やホワイトバランス、ピクチャースタイルの変更など、多彩な編集も可能です。

総合的な画質向上に貢献。[新EOSシーン解析システム]

シーンを高精度に解析し、画作りが可能。

撮りたいシーンをカメラが自動で解析する新EOSシーン解析システム。人の顔や被写体の色、明るさ、動きなどの情報を高精度に読み取って、美しい写真に仕上げます。また、ファインダー撮影時の近赤外光検知により、夕景や屋外の緑を高精度に認識します。

図:EOSシーン解析システム

解析される主な撮影シーンとその効果

シーン 効果 約7560画素RGB+IR測光センサーによる進化
人物 顔の明るさを適切に仕上げる 肌色検知により、AEの精度が向上
動く被写体 動いている被写体にピントを合わせる(ファインダー撮影時) 肌色検知により、AFの自動選択性能とAIサーボAF時の捕捉能力が向上
自然や屋外 青空や緑を鮮やかに仕上げる  
夕景 色鮮やかで雰囲気のある夕景に仕上げる 近赤外光を含む波長領域の検知により、夕景であると判断する精度が向上
明るい/暗い 明るさに応じて露出を適切に制御する  
高彩度 高彩度部の色飽和を軽減する  
低コントラスト メリハリのある画像に仕上げる  
ハイライト 白飛びしやすいハイライト部があるシーンでは、白飛びを制御する  
逆光 逆光で影になった被写体を明るく仕上げる  
屋外の緑 緑を鮮やかに仕上げる
  • エクステンダー装着時は従来と同じ制御
近赤外光を含む波長領域の検知により、屋外の自然の緑であると判断する精度が向上
フリッカー光源 フリッカーによる露出のばらつきを軽減 光源の明滅周期を検出して、明るさのピーク付近で撮影することが可能

“白”を目で見たままの印象に仕上げる。[ホワイトバランス(WB)]

「雰囲気優先」「ホワイト優先」に新たに対応。オートホワイトバランス(AWB)。

日中と屋外では、“白”はまったく違う色に見えることがあります。その原因は、光源の違いによるものです。WBは、光源によって生じる白の違いを高精度に補正する機能。ほとんどのシーンは、AWBにおまかせ。新EOSシーン解析システムにより、さまざまな光源に対応し、高精度な色再現を行います。さらに、EOS 9000Dは、光源の赤味を残す「雰囲気優先」と光源の赤味が残りにくい「ホワイト優先」を選択することが可能になりました。白熱電球や太陽光と合わせて、全8種の設定を搭載。白熱電球の赤みや日陰の青みを強調したいときなどには、光源に合わせてプリセットWB、マニュアルWBが可能。忠実な色再現に加えて、WBを応用して多彩に写真表現を楽しむことができます。

逆光時も、低コントラスト時もメリハリのある一枚へ。[オートライティングオプティマイザ]

暗い写真も、自然な印象に自動で補正。逆光時などに力を発揮。

撮った画像が暗く写った場合、またはコントラストが低い場合。そんなシチュエーションで活躍するのが、画像を適切に補正するオートライティングオプティマイザ機能です。EOS 9000Dでは、新EOSシーン解析システムにより、高精度な補正効果を実現。顔が暗くなりがちな逆光シーンはもちろん、風景やスナップ写真に便利です。また日中シーンでは、青空が白トビしないよう適切な露出補正を実行。補正の強弱を[しない/弱め/標準/強め]の4段階から調整できます。

  • [応用撮影ゾーン]時。[かんたん撮影ゾーン]では[標準]に自動設定されます。

逆光で人物を撮影した場合(顔検知)

太陽などの光源が被写体の後ろにあると逆光になり、被写体が暗く写ることがあります。顔が暗く写ったときは顔を検知して、自然な明るさに補正します。

ストロボ光量不足(顔検知)の場合

内蔵ストロボを発光しても、カメラと被写体との距離が離れ過ぎていると、光量が十分に届かず暗い写真に。暗く写ってしまった顔を検知して、明るく補正します。

AE露出アンダーの場合

構図の中に白い面積(雪景色や白い壁など)が多く、写真全体が暗く仕上がってしまったときは、好ましい明るさに補正します。

低コントラストの場合

曇天や霧の多い風景の撮影時は、メリハリの弱い写真に仕上がることがあります。その場合は、明るい部分は少し明るく、暗い部分は少し暗く補正し、コントラストを調整します。

白トビを抑えて、細部まで再現。[高輝度側・階調優先※1※2]

グレーからハイライトまで、滑らかに描写。

日差しの強いシーンで白い壁などの被写体を撮ると、白一色になってしまうことがあります。これが白トビです。白い部分はデータが記録されていないため、画像処理をしてもディテールを再現することができません。高輝度側・階調優先機能は、ダイナミックレンジを高輝度側に拡大することで、白トビを抑制。グレーからハイライトまで豊かな階調で描写します。設定時は撮影機能の設定状態表示とファインダー内に、高輝度側・階調優先が設定中であることを示す「D+」が表示されます。

  • ※1
    高輝度側・階調優先機能を「する」にすると、オートライティングオプティマイザ機能は自動的に「しない」になります。また、ISO感度の設定範囲は200~25600(動画撮影時は12800)となります。
  • ※2
    カスタム機能で設定できます。