EOS Kiss M2 | 小型・軽量ミラーレス

手に自然にフィット。愛機になる予感。

シリーズ最軽量&小型ボディー。いちばん身近なミラーレス。

EOSならではの撮影性能をコンパクトなボディに凝縮。女性の手にもほどよくフィットし、気軽に持ち歩ける、シリーズ最軽量&小型ミラーレスカメラです。日々の生活で心にとまった瞬間、サッとカメラを向けてシャッターをきる。EOS Kiss M2はそんな自由な撮影スタイルにぴったり。あなたにいちばん身近な、ふだん使いのカメラをめざしました。

シリーズ比較
  • 重量はCIPAガイドラインによる

選べる2色のカラーバリエーション。

EOS Kiss M2は、あなたの毎日に寄り添うパートナー。カジュアルな「ホワイト」と精悍な「ブラック」の2色をラインアップしています。

「ホワイト」

ホワイト

「ブラック」

ブラック

手になじんで、気軽にシャッターを押せる。

シャッターボタンはスプーンでカットしたような形状になっているので、指先がボタンにフィットしやすく、構えたままでも疲れにくい設計になっています。ボディーには、指をかけてしっかりホールドできるようグリップを設けました。

画面を見ながら、気軽にライブビュー撮影。

液晶モニターでイメージを確認しながら撮れるライブビュー撮影。タッチ操作でピントを合わせたい位置をダイレクトに指定したり、クリエイティブアシストで写真の仕上がりをチェックしながら撮影したり、初心者でもイメージどおりの写真を撮ることができます。

ライブビュー撮影

角度を自由に調整できるバリアングル液晶モニター。

子どもやペットのように低い目線で撮ったり、カメラを持ち上げて見下ろす角度で撮ったり、アングルにこだわって撮影するときに役立つのがバリアングル液晶モニターです。モニターの向きを自由に調整できるため、ハイアングルやローアングルでも画面をしっかり確認しながら撮影できます。液晶モニターは正面側に向けることもできるので、自分撮りも手軽に楽しめます。

バリアングル液晶モニター
例:ハイアングル
例:ローアングル

ファインダーをのぞいて、構図にこだわる。

0.39型・約236万ドットの電子ビューファインダー(EVF)。

ライブビュー撮影のほかに、ファインダーを利用する撮影もできます。ファインダーをのぞいて被写体をとらえるため、撮影に集中しやすく、構図がつかみやすいという利点があります。また、両手と顔の3点でカメラを支えるので、より安定した状態でシャッターをきることが可能。EOS Kiss M2は、高精細・有効画素数236万ドット、0.39型電子ビューファインダー(EVF)を搭載しています。

電子ビューファインダー

ファインダー内の表示を切り替え可能。

電子ビューファインダー(EVF)では、撮影時にチェックしたい項目や情報に応じて、ファインダー内の表示を切り替えることができます。すべての項目を確認したいときは「フル表示」、細かい情報を省いた「縮小表示」を選べます。

※ 画像は解説用イメージです。

ピント位置や設定変更後のイメージをチェック。

ピント位置を厳密に設定したいときにフォーカス位置を拡大して確認したり、露出やホワイトバランスを変更したときのイメージをリアルタイムで確認したり、ライブビュー撮影でおなじみのサポート機能をファインダー撮影でも利用できます。

MF拡大表示、MFピーキング

EVF上でフォーカス位置を拡大可能。
また、ピーキングによって合焦位置を色付け(青赤黄から選択可能)できるので繊細なフォーカスを快適に実現できます。
図:拡大表示
  • 拡大表示時は、ピーキング機能は使用できません。

設定変更をリアルタイムに反映

露出やホワイトバランスの変更をリアルタイムにEVF上に反映。設定変更の効果を確認しながら効率的に撮影することができます。
図:ホワイトバランス調整