EOS Kiss M2 | 4K動画

思い出を、映画のように。

高精細4K動画を、EOSならではの表現力で。

4K=フルHDの約4倍、という高解像度での動画撮影が可能。大型センサーによる美しいボケ味や高感度撮影などEOSならではの表現力を活かした動画は、まるで映画のようなクオリティです。超広角や望遠などのレンズを活用すれば、表現の幅がさらに広がります。

※ EOS Kiss M撮影動画です。
  • 24p/25pでの撮影が可能(NTSC/PAL) センサー中央部の画素をクロップして撮影します。AFはコントラストAFとなります。

4K動画のひとコマが、高画質な写真に。

高精細な4K動画は、ひとコマを静止画として切り出すことができます。切り出し作業はカメラ内でも行えます。

  • フルHD動画からのフレーム切り出しはできません。動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。

縦位置で撮った動画は、縦方向で再生。

カメラを縦向きにして動画を撮るとき、縦位置情報を付加すると、縦方向で再生する動画ファイルとして保存できます。SNSに投稿する際、編集ソフトで方向を変換する必要がないので便利。縦位置情報は撮影後の動画に付加することもできます。

画像:縦方向のまま再生
※ EOS M200撮影動画です。

タイムラプス動画も4Kで撮影可能。

時間を追って変化していく被写体を定点観測できるタイムラプス動画。EOS Kiss M2は4KまたはフルHDで撮影することができます。プログラムシフトへの対応などマニュアルでの操作も充実。カスタム設定を使えば、撮影間隔と回数を自由に設定できます。

※ EOS Kiss M撮影動画です。

一瞬をスロー再生できる、ハイフレームレート動画。

1秒間に120~100コマというハイフレームレートな動画を撮影可能。肉眼では追えない一瞬の出来事も、スローモーションのように記録できます。

風になびく髪や服をスローで
スポーツのフレーム確認に
花吹雪をスローで印象的に
  • AFは固定です。再生時は1/4スロー再生となります(30p/25p)。
  • 画像はイメージです。

動いてもピントを合わせ続ける動画サーボAF

動きのある被写体も、自動でピントを合わせ続けながら動画を撮影できます。高速AF性能を発揮するSTM搭載※レンズと組み合わせれば、より高精度にピントを合わせた動画撮影が楽しめます。

画像:動画サーボAF
  • リードスクリュータイプのSTM。一部のモードでは動画サーボAFが機能しません。
  • 120P/100Pのハイフレームレート動画撮影時はAFが固定されます。

動画撮影時のブレを低減、コンビネーションIS。

動く被写体を追いかける動画撮影では手ブレが発生しやすいもの。そんなときはカメラ内の電子手ブレ補正機能がブレを制御します。コンビネーションIS対応レンズを装着しているときは、レンズ側の水平回転、縦回転情報をレンズとボディーで協力して制御することで、より強力な手ブレ補正効果を発揮します。

ボディ内5軸手ブレ補正

レンズごとの補正効果

  • ※1
    画角が小さくなることがあります。
  • ※2
    レンズのファームウェアの更新が必要です。