EOS Kiss X9i | Wi-Fi・Bluetooth

画像の転送、シェアがぐっと便利に

Wi-FiやNFCのほか、新たにBluetoothに対応したことにより、常にスマホと接続された状態を実現。設定の手間が省け、よりスムーズにWi-Fi機能を使えるようになりました。

Wi-Fiロゴ

Wi-Fiでできること

図:無線LAN機能(Wi-Fi機能)
  • パソコンに、ソフトウエア「EOS Utility」のインストールが必要です。

Wi-Fi機能でできること、スマートフォンとの接続方法などを
わかりやすく解説しています

愛しい一枚を、いつでもすぐにスマホでシェア[Camera Connect]

専用のアプリケーション「Camera Connect」を使うと、写真や動画をBluetoothやWi-Fi経由ですぐにスマホに転送できます。EOS Kiss X9iだから撮れた決定的瞬間や美しい一枚を、いつでもすぐにSNSなどでシェアできます。さらに、スマホの画面で構図を確認しながら撮影が楽しめる「リモートライブビュー撮影」も可能に。自撮りや集合写真の撮影に便利です。

カメラコネクトの詳しい紹介はこちら

カメラコネクトロゴ

スマホと常時接続で、接続の手間を省く[Bluetooth]

一度カメラとスマホをペアリングすれば、次からはBluetoothを使った常時接続が実現。スマホ側の操作だけでカメラ内の画像閲覧やリモート撮影などのWi-Fi機能をスムーズに利用できます。Wi-Fi接続の手間を軽減します。

  • カメラとスマートフォンが一定距離内にあり、カメラ側の電源がONになっている必要があります。
  • スマートフォンへの画像の転送・保存やリモートライブビュー撮影には専用アプリ「Camera Connect」が必要です。
Bluetoothロゴ

撮影した画像をスマホですぐ確認

カメラがカバンに入ったままでも、スマホ側の操作だけ※1で、カメラ内の画像をスマホで閲覧できます。画像はそのままスマホに保存できる※2ので、SNSへのシェアもらくらくです。

写真:Bluetoothからスマホへの接続
  • ※1
    カメラとスマートフォンが一定距離内にあり、カメラ側の電源がONになっている必要があります。
  • ※2
    Wi-Fiを利用した機能です。BluetoothからWi-Fiへ、自動的に接続が切り換わります。

高度なリモートライブビュー撮影もらくらく

スマホ側の操作だけで、カメラとWi-Fi接続。スマホの画面で構図を確認しながらのリモートライブビュー撮影がすぐにはじめられます。

イメージ図:リモート操作
  • カメラとスマートフォンが一定距離内にあり、カメラ側の電源がONになっている必要があります。

Bluetooth low energy technology®(準拠規格ver4.1)

近距離無線通信技術であるBluetoothの仕様のひとつで、低電力での通信が可能。本サイトではBluetoothと表記。

ワンプッシュでWi-Fi接続へ[Wi-Fiボタン]

BluetoothやNFCに対応していないスマホとのWi-Fi接続も快適に。Wi-Fi未接続時にこのボタンを押すだけで、Wi-Fiに接続または接続履歴のある機器やサービスが画面に表示されます。

  • 一度もWi-Fi設定されていない場合は、メニュー画面へのショートカットになります。
写真:Wi-Fiボタン

カメラをかざして、ラクラク転送[NFC]

Android™端末やコネクトステーションなど、NFCに対応した機器なら、カメラを近づけることでWi-Fi接続が完了します。NFCのアンテナは、ボディーの左側面に内蔵されています。

NFCロゴ

撮りためた写真や動画は、コネクトステーションにまとめよう

コネクトステーション(Connect Station CS100)はNFC対応。カメラをかざすことで写真や動画をサッと保存できます。SDカードやCFカードを直接つなぐこともできるので、いろいろなカメラに撮りためたデータをまとめるのに便利です。テレビにつなげば、大画面で観賞可能。写真も動画もみんなで楽しむことができます。

写真:EOS Kiss X9i Connect Station CS100