EOS M100 | 特長 多彩な機能

キレイに、簡単に、かわいく…いろいろ撮れる撮影モード。

約180°チルト液晶&自分撮りモードでセルフィーをもっと楽しく。

キレイな自分撮りができるよう「自分撮りモード」を搭載。液晶モニターを約180°回転させて、自分の姿をリアルタイムで確認しながら、背景のぼかし具合や美肌効果や明るさを調整できます。
さらに、約180°チルト液晶は自分撮り以外にも多彩な表現ができます。スマートフォンでは撮影しにくいローアングルの撮影など、いつもとは違った視点から撮影できるので、表現の幅が広がります。

自分撮りモード
xxx

美肌モードでより良い肌の質感を。

美肌調整をより手軽に。肌の質感を調整できるのが美肌モードです。撮影時に効果の強弱をお好みで設定するだけ。自分の思い通りの仕上がりを実現します。

美肌モード

写真を自分好みに仕上げる、クリエイティブフィルター。

カメラ内でのかんたんな設定で、写真をより印象的にできるクリエイティブフィルター。7種類のフィルター効果で自分の感性でおしゃれな写真に仕上げられます。撮影後にフィルター処理をかけられるほか、仕上がりのイメージを確認※1しながらの撮影も行えます。また、フィルター効果を重ねることもできます。

油彩風※2

油絵のようなタッチに。
油彩風

水彩風※3

水彩絵の具で描いたように。
水彩風

トイカメラ風

トイカメラで撮影したような独特な色調に。
トイカメラ風

ラフモノクロ

ざらついた印象の白黒写真に。
ラフモノクロ

ソフトフォーカス

やわらかい雰囲気の写真に。
ソフトフォーカス

魚眼風※4

タル型にゆがんだ写真に。
魚眼風

ジオラマ風※5

ミニチュア模型のように。
ジオラマ風
  • ※1
    記録画質がRAW、RAW+JPEG(ラージ/ファイン)のときや、マルチショットノイズ低減機能を設定しているときは確認できません。
  • ※2
    空や白壁のようなシーンのグラデーションが滑らかに再現されなかったり、ムラやノイズが発生することがあります。
  • ※3
    夜景や暗い撮影シーンのグラデーションが滑らかに再現されなかったり、ムラやノイズが発生することがあります。
  • ※4
    効果の度合いによって画面周辺がカットされる場合があります。また画面中央部を拡大させて魚眼風効果をつくっているため、記録画素数の少ないS3などで処理を加えると、画面中央付近の画素数が少なくなり、ぼやけた印象になる場合があります。[魚眼風]は中央のAFエリアに制限されます。
  • ※5
    [ジオラマ風]は1点のAFエリアに制限されます。
  • 一部設定できないモードがあります。
  • 撮影時に確認できる画像と実際に撮影した画像に違いが出ることがあります。
  • トリミングして保存した画像は効果はかけられません。
  • RAWで撮影した画像はJPEGで保存されます。

わかりやすい言葉で撮影をサポートする、クリエイティブアシスト。

わかりやすい言葉や簡単な操作でカメラが撮影をサポート。色の鮮やかさなら「すっきり~鮮やか」、背景のぼかし具合なら「ぼかす~くっきり」。画面を指でなぞり、変化を見ながら撮影できます。絞りや露出などを知らなくても、印象的な写真に仕上げることができます。新たに「マゼンタ」と「グリーン」の設定が可能になりました。

項目 クリエイティブアシスト上の表記 M/Av/Tv/Pのパラメータ
背景 背景 ぼかす~くっきり 絞り
明るさ 明るさ 暗く~明るく 露出補正
コントラスト コントラスト 弱い~強い ピクチャースタイル(コントラスト)
鮮やかさ 鮮やかさ すっきり~鮮やか ピクチャースタイル(色の濃さ)
色あい1 色あい① ブルー〜アンバー ホワイトバランス
色あい2 色あい② マゼンタ〜グリーン NEW ホワイトバランス
モノクロ モノクロ フィルター OFF/白黒/セピア/青/紫/緑

カメラまかせで簡単・キレイ、シーンインテリジェントオート。

EOSシーン解析システムを活用した、先進の「全自動」モード。被写体の状況をカメラが自動的に認識します。例えば人物なら、肌色をよりナチュラルに。自然や風景なら、青空や緑をより鮮やかに。シャッターを切るだけで、シーンごとに美しく仕上げます。

  • シーンや撮影状態によっては、実際のシーンと異なるアイコンが表示されることがあります。

たとえばこんなシーンを自動判別してオートでキレイに仕上げます。

顔に露出を合わせ、健康的でよりナチュラルな肌色に。風景を撮るときは空や緑を鮮やかに仕上げます。

人物
人物
風景
風景

シーンや被写体に合わせて選べる簡単撮影モード。

風景や料理、スポーツなど7種類の撮影モードの中から撮りたいシーンに合わせてモードを選択。それだけでシーンに合ったキレイな写真が撮れます。

手持ち夜景
手持ち夜景
スポーツ
スポーツ
料理
料理

カメラに慣れたら応用撮影ゾーンでもっと本格的に。

シャッター速度や絞りなど、さまざまな設定を自分で好きに組み合せて、自由に画づくり。EOSならではの高度な撮影を思う存分に楽しめます。

Mマニュアル露出
シャッター速度、絞り数値を自由に設定できます。
Av絞り優先AE
絞り数値を自分で設定。ピントの合う範囲をコントロールできるモード。
Tvシャッター優先AE
シャッター速度を自分で設定。被写体の動きの写り方をコントロールできます。
PプログラムAE
適切な明るさで写るように、カメラがシャッター速度と絞り数値を設定。