EOS M200 | 簡単操作

はじめての人も、すぐ使いこなせる。

スマホ感覚で設定や撮影ができるタッチパネル

EOS M200の液晶モニターは、スマートフォン感覚で操作できるタッチパネル方式。さまざまな機能の選択・設定をはじめ、フィルター効果の調整、再生中の画像送りなどが画面のタッチで行えます。画像の表示拡大・縮小なども、おなじみのピンチイン&アウトでスムーズ。カメラを手にした瞬間から直感的に使いこなせます。

画像:タッチパネル

タッチAF&タッチシャッター

ピントを合わせたい場所をタッチすると、その位置にすばやくフォーカス。タッチシャッターを「する」にするとそのままシャッターがきれます。

画像:タッチシャッター・イメージ

グラフィカルでわかりやすい、ビジュアルガイド。

わかりやすい説明画面とガイドでカメラが撮影をサポート。各撮影モードの効果が、写真やイラストでグラフィカルに表示されるので直感的に操作できます。画面表示は従来のものも選べます。

[メニュー表示]

メニュー画面のトップで設定できる項目を簡潔に表示。
画面:メニュー表示

[撮影モードガイド]

写真作例を表示しながら撮影モードの選択をわかりやすくガイド。
画面:撮影モードガイド

どんなシーンや被写体も、カメラまかせでキレイ。

被写体やシーンを検知する、シーンインテリジェントオート

撮ろうとしている被写体やシーン、さらに周囲の状況をカメラが総合的に判断して、適切な設定に自動調整。人の顔はより自然な肌色に。風景なら青空や緑を鮮やかに表現します。カメラまかせでも美しい写真を撮ることができる“全自動"なオートモードです。

  • シーンや撮影状況によっては、実際のシーンと異なるアイコンが表示されることがあります。
画像:ダイヤル部分

アイコン:ポートレート 人物を撮る

顔に露出を合わせ、健康的でよりナチュラルな肌色を再現。

人物写真

アイコン:風景 風景を撮る

青空や緑を鮮やかに写します。近くから遠くまで、写真全体にピントを合わせられます。

風景写真

オートモードでもこだわり写真が簡単、クリエイティブアシスト。

リアルタイムで変化を確認しながら画づくり。

「背景」「明るさ」「鮮やかさ」などの項目をひとつのメニューに集約し、スライド操作で直感的に変更できます。専門用語を知らなくても、印象的な写真に仕上げることができます。液晶モニターで実際の画を確認しながら撮影できるのも便利。

画像:クリエイティブアシスト操作イメージ
図:クリエイティブアシストのステップ
項目 クリエイティブアシスト上の表記 M/Av/Tv/Pのパラメータ
背景ぼかし 背景ぼかし オート、ぼかす~くっきり 絞り
明るさ 明るさ 暗く~明るく 露出補正
コントラスト コントラスト 弱め~強め ピクチャースタイル(コントラスト)
鮮やかさ 鮮やかさ すっきり~鮮やか ピクチャースタイル(色の濃さ)
色あい 色あい 色合い①(ブルー~アンバー)、色合い②(マゼンタ~グリーン) ホワイトバランス
モノクロ モノクロ フィルター OFF/白黒/セピア/青/紫/緑

好みのプリセットフィルターから選べる。

パラメーターの設定変更だけでなく、プリセットから効果を選択することもできます。

プリセットフィルター

撮影後でもクリエイティブアシストが可能。

色温度や顔検出などの撮影情報から、カメラがおすすめのフィルターを自動で提案。3つまで「お気に入り」登録できます。

AUTOフィルター

撮影をサポートする機能。

マルチアスペクト

撮影画像の縦横の比率を「3:2」「1:1」「4:3」「16:9」の4種類から選択できます。

1:1
画面:アスペクト比1:1
4:3
画面:アスペクト比4:3
16:9
画面:アスペクト比16:9

グリッド表示

撮影の構図を検討するときに便利なグリッド(格子線)を表示します。[9分割][24分割][9分割+対角分割]の3種類から選択可能。

画面:グリッド表示

再生時に便利なさまざまな機能。

再生時のインデックス表示

画像を再生するとき画面に複数枚の写真を映すインデックス表示。EOS M200は、4枚(2×2)、9枚(3×3)、36枚(6×6)、100枚(10×10)の表示が可能です。

画面:インデックス表示

撮影画像は用途に応じてリサイズ可能。

撮った写真をシェアするとき、ファイルを軽くして送りたいときには、撮影画像をリサイズすることができます。パソコンを使わなくてもカメラ内で画像のサイズ縮小が可能。処理した画像は別ファイルとして保存されます。

撮ったその場ですぐセレクト、レーティング機能。

撮影した画像にはレーティング(お気に入り)マークを画像に付けられます。選べるマークは[OFF/★1個/★2個/★3個/★4個/★5個]。マークの付いた画像は、画像送り(ジャンプ表示)とスライドショーで、★ごとに再生が行えます。