EOS M6 Mark II | 高速オートフォーカス

デュアルピクセルCMOS AF

高速・高精度なピント合わせを実現

約3250万の全有効画素がオートフォーカス用センサーとしても機能するデュアルピクセルCMOS AF。画面の広い範囲で高精度かつスピーディーにピントを合わせます。動く被写体の追従性能が向上し、フォーカスし続けながら決定的な瞬間を逃がしません。また暗いシーンなど、一般的にオートフォーカスが難しいとされるシーンでも、しっかりピントを合わせます。

図:COMS AF

約88%×約100%の広範囲AFエリア

装着するレンズによってはセンサー面の約88%(横)×約100%(縦)という広範囲な測距エリアを活かしたオートフォーカスが可能。被写体が画面の隅に位置しているような構図でも、高精度かつスピーディにピントを合わせます。

図:広範囲AFエリア
AFエリア分割数:最大143分割
AFエリア分割数:最大99分割
  • 測距可能エリアは使用するレンズやアスペクト比などの設定により、 約80%×約80%になります。

高密度最大5481ポジションのAFフレーム選択可能ポジション

1点AFでの撮影時には、最大5481ポジションというきめ細かいピッチの中から、任意のAFフレームを選択することが可能。被写界深度が浅めの撮影でも、ねらった場所へスムーズに測距点を移動させてピントを合わせることができます。

AFエリア
  • AFエリア任意選択時および十字キーによる選択時。
  • AF領域が約80%×約80%となるレンズでは、3773ポジションとなります。

瞳サーボAF

構図内に人物の顔が入ると、瞳の部分を検知して自動でフォーカス。一度検知すれば、被写体が動いても追従しながらフォーカスし続けるため、被写体の動きを止めることなく、活き活きとした表情を撮影できます。初期設定で はカメラに近いほうの瞳にピントを合わせますが、タッチ操作を利用してピントを合わせたい瞳を任意で選ぶことも可能です。

瞳AF

タッチ&ドラッグAF

外付けファインダー装着時、ファインダーを覗いたまま、親指でタッチパネルをドラッグ操作することで、AFフレームを任意の位置まで移動させられるタッチ&ドラッグAF。ファインダーから目を離すことなく、フォーカス対象を直感的に変更できます。

図タッチ&ドラッグAF

多彩なシーンに対応する4種のAF方式

顔+追尾優先AF

人物の顔を優先的に検知してAF。人物以外の撮影では143点の測距点から自動的に選択されます。
顔+追尾優先AF

1点AF

指定した1点にAFします。
1点AF

スポット1点AF

1点AFよりも小さい枠で、ピンポイントにAFします。
スポット1点AF

ゾーンAF

移動可能な大きめの枠の範囲内でAFします。
ゾーンAF

フォーカスモードスイッチとAFスタートボタン

オートフォーカスとマニュアルフォーカスを簡単に切り換えられるフォーカスモードスイッチを搭載。高精度なピント合わせが求められるときにすばやくマニュアルフォーカスに切り換えられます。さらにスイッチの中央にはAFスタートボタンを配置。親指でのピント合わせが可能です。

写真:AF/MFスイッチ

MFピーキング

撮影画像の合焦位置を確認したいときに役立つMFピーキング。ピントが合った被写体の輪郭部分を色付きの線(レッド、ブルー、イエローから選択可能)で強調します。より精密なピント合わせが行えます。