EOS R | EFレンズ・アクセサリー

EFレンズとの連携

EFレンズの可能性を拡張する。
個性を放つ4種のマウントアダプター

  • 一部のEFレンズで使用できない機能があります。また、RFレンズ、EF-Mレンズ、CN-Eレンズは除きます。

EFレンズの機能をそのままカメラへ伝達

マウントアダプター EF-EOS R

  • NEW

2018年10月下旬発売予定
15,000円(ケース付き、税別)

EFレンズの機能をEOS Rで使用できる、標準マウントアダプター。EFレンズとマッチするデザインで、カメラと一体化します。レンズ側・カメラ側ともに金属マウントを採用し堅牢性を確保。約110gの軽量設計を実現しています。防塵・防滴対応です。

JANコード:
4549292-115703
商品コード:
2971C001

EFレンズの操作性を高める、コントロールリングを搭載

コントロールリング マウントアダプター
EF-EOS R

  • NEW

2018年10月下旬発売予定
30,000円(ケース付き、税別)

絞りやシャッタースピード、ISO感度、露出補正など、カメラ側で行ってきた設定を、割り当てられるコントロールリングを搭載。EFレンズの操作性を高めます。綾目ローレットを施すことで、リングの回しやすさにも配慮。防塵・防滴対応です。

JANコード:
4549292-115710
商品コード:
2972C001

光の反射に合わせて回転できる円偏光フィルター付き

ドロップインフィルター マウントアダプター
EF-EOS R ドロップイン 円偏光フィルター A付

  • NEW

2019年2月下旬発売予定
45,000円(ケース付き、税別)

調整ダイヤル付きなので、光の反射に合わせて回転することで調整可能。青空の強調や、水面、ガラス面の反射を抑制できます。TS-E、フィッシュアイ、超広角など、フロントのレンズ面が特殊な形状でもこれ一つで効果が得られます。防塵・防滴対応です。

JANコード:
4549292-141603
商品コード:
3442C001

ND3~ND500相当の濃度調整ができるNDフィルター付き

ドロップインフィルター マウントアダプター
EF‐EOS R ドロップイン 可変式NDフィルター A付

  • NEW

2019年2月下旬発売予定
60,000円(ケース付き、税別)

調整ダイヤル付きでND3~500相当の濃度調整が可能。日中でもスローシャッター表現が可能なほか、開放絞りでボケを楽しめます。フロントのレンズ面が特殊な形状でもこれ一つで効果が得られます。防塵・防滴対応です。

JANコード:
4549292-141610
商品コード:
3443C001
  • 調整ダイヤルの白線が見えていない範囲(MAX近傍)では、青みがかったり、濃度ムラが発生するため、撮影後の画像処理が必要な場合があります。

EFレンズ

EF11-24mm F4L USM

450,000円(ケース付き、フード組み込み、税別)

35mm判換算で11mmスタートの超広角ズームレンズ。大口径研削非球面レンズを含む4枚の非球面レンズの採用により、広角レンズで発生しやすい歪曲収差を抑制、超広角における新しい表現を可能にしています。同時に研削非球面レンズやスーパーUDレンズなど、キヤノン独自の技術を惜しみなく投入し、高画質を実現。さらに、高い反射防止効果を持つ特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」や「ASC(Air Sphere Coating)」を施し、逆光によるフレア・ゴーストを大幅に低減しています。

EF16-35mm F2.8L III USM

299,000円(ケース・フード付き、税別)

プロ・ハイアマチュアに人気の開放F2.8の大口径広角ズームが進化。ズーム全域で周辺画質の向上とワイド端の歪曲収差、倍率色収差の低減を達成しました。大口径GMo両面非球面レンズ2枚、研削非球面レンズ1枚、UDレンズ2枚を採用するなど、高性能レンズを惜しみなく搭載しました。さらにコーティング技術ASCとSWCにより、フレアおよびゴーストを抑制。レンズの前後にはフッ素コーティングを塗布、表面に付着した油分や水分を乾いた布などで簡単に除去できます。

EF70-200mm F2.8L IS III USM

  • NEW

300,000円(ケース・フード付き、税別)

蛍石レンズ、UDレンズなどの贅沢な光学系を継承しつつ、コーティング技術ASCを新たに搭載。フレア・ゴーストを抑制し、さらなる高画質を実現しました。また、高い耐久性に加え、フッ素コーティングをレンズの最前面と最後面に採用。優れたメンテナンス性で、過酷な状況下での撮影をより強力にサポートします。デザインも一新しました。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

300,000円(ケース・フード付き、税別)

蛍石レンズとスーパーUDレンズの併用により画質が飛躍的に向上。定評あるEF70-200mm F2.8L IS II USMと同等の高画質を獲得。さらにコーティング技術ASC(Air Sphere Coating)により、フレア・ゴーストを大幅に抑制。防塵・防滴構造や手ブレ補正機構、瞬時のズーム操作を可能にする回転式ズームなど、優れた操作性・機動性でプロの現場をサポートします。

  • キヤノン測定基準による。

EF400mm F2.8L IS III USM

  • NEW

2018年12月下旬発売予定
1,680,000円(ケース・フード付き、税別)

約1kgの大幅な軽量化に加え、操作性の向上をはじめ多彩な進化を実現。IS性能は5段分に向上。新設計の光学系には蛍石2枚とスーパーUDレンズを搭載。高解像・高コントラストな描写力を発揮します。最短撮影距離も2.5mに。新設のスイッチでは、マニュアルフォーカススピードを3段階から選択可能。炎天下での撮影をサポートするべく、レンズフードを含む外装には、遮熱性のある新塗料を採用しました。

  • CIPAガイドライン準拠。EOS-1D X Mark II使用時

EF100mm F2.8L マクロ IS USM

120,000円(ケース・フード付き、税別)

UDレンズなどを使用した贅沢な光学系による、Lレンズならではの高い描写力で、高精度な等倍撮影が可能なマクロレンズ。カメラの角度ブレとシフトブレ、ふたつの手ブレを補正する、強力な手ブレ補正機構「ハイブリッドIS」を搭載。手持ちによる本格的なマクロ撮影を強力にサポートします。

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

    35mm判換算:29-216mm相当

83,000円(税別)

進化を続けるEOSの動画撮影機能にふさわしい高倍率ズームが誕生。AF駆動系にナノUSMを搭載。AFスピードを大幅に向上させるとともに、静音性もさらに向上。動画撮影や静止画撮影時に静かでスムーズなAFを実現しています。

  • EF-SレンズはEOS R装着時、画角が1.6倍にクロップされます。

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

    35mm判換算:56mm相当

55,000円 (フード付き、税別)

約190g、LEDライト搭載のマクロレンズ。レンズ先端(ワーキングディスタンス)から30mmの距離まで被写体に近寄って撮影できるため、小さな被写体の細部まで高精細に描写できます。明るいF2.8のため、背景のボケもふんわりキレイ。本格的なマクロ撮影が簡単に楽しめます。レンズ先端部分には、左右に各1灯ずつのLEDライトを搭載。被写体の正面から光を照射するため、影を出さずに細部まで明るく撮影できます。LEDライトは点灯ボタンの操作で両側、片側の切り替えや明るさの強弱を設定することが可能。

  • EF-SレンズはEOS R装着時、画角が1.6倍にクロップされます。

アクセサリー

バッテリーグリップ BG-E22

  • NEW

2018年10月下旬発売予定
34,900円(税別)

縦位置撮影の操作性を高めるため操作部材やグリップの設計を工夫。付属のUSB電源アダプターPD-E1により、LP-E6N※1を2個※2充電可能。ストロボシンクロ端子も搭載しています。

  • ※1
    LP-E6は充電できません。
  • ※2
    2個入れることができますが、同時には充電されません(一方から充電が始まり、その1個が満充電になると他方の充電が始まります)。

スピードライト EL-100

  • NEW

2018年10月下旬発売予定
22,800円(ケース付き、税別)

小型・薄型ボディーに、広角24mm、上下左右バウンスなどの多機能を凝縮。光通信によるワイヤレスストロボ撮影も可能。

スピードライト 470EX-AI

  • NEW

54,800円(ケース付き、税別)

キヤノン初のAIバウンス搭載モデル。これまで手動で角度設定が必要だったバウンス撮影を自動化。スピードライトが被写体と天井までの距離をそれぞれ測り、2基の高性能CPUが適切なバウンス角を導き出します。モードは2種類。「AI.Bフルオート」は、適切なバウンス角と発光量を全自動で設定。初心者でも簡単に、自然なバウンス撮影が行えます。中級者にオススメなのが「AI.Bセミオート」。手動で設定したバウンス角をスピードライトが記憶。カメラの向きを変えても相対的なバウンス角としてすぐ呼び出せるので、撮影に集中できます。

  • 対応カメラや使用できる機能についてはスピードライト 470EX-AIの詳細ページをご覧ください。

ワイヤレスリモートコントローラーBR-E1

4,300円(税別)

Bluetooth Low Energy Technology対応のワイヤレスリモコン。対応カメラとのペアリングを行うことで、静止画・動画撮影/オートフォーカスによるピント合わせが可能。カメラから周囲5m以内であれば、どの方向からでもリモート操作を行うことができます。

  • 作動距離は全周約5mです。人や遮蔽物がある場合、通信可能距離が短くなる場合があります。また、電波環境が悪い場所では、通信の遅延が生じる場合があります。
  • カメラが他の機器とWi-FiまたはBluetooth接続中は、BR-E1による操作はできません。

指向性ステレオマイクロホン DM-E1

39,000円(ウィンドスクリーン付き、税別)

EOSシリーズに装着して使える純正の外部マイク。録音領域はショットガン(モノラル)/90°(ステレオ)/120°(ステレオ)の3種類から切り替え可能。自然環境音やライブハウス、インタビューなど、撮影シーンに応じて適切に集音できます。ノイズを効果的に抑制するために、カメラの操作音やレンズの駆動音を低減するショックマウント機構を搭載。さらに風切り音を低減するウィンドスクリーンを同梱しています。

GPSレシーバー GP-E2

25,000円(ケース付き、税別)

受信感度に優れた外付けGPSレシーバー。内蔵の電子コンパスで、撮影方位を記録することが可能です。移動した軌跡を記録できるロガー機能も搭載。電池で作動するため、バッテリーの消費電力も抑えられます。軽量・小型で持ち運びにも便利です。

ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E7B(Ver.2

80,000円(税別)

無線/有線LAN対応の画像転送システム。小型・軽量ながらも、FTP転送/EOS Utility/WFTサーバーなどの通信モードを搭載。IEEE802.11b/g/a/nとギガビットイーサーネットに対応しています。

  • USB3.0対応ケーブルが付属しています。転送速度はUSB2.0相当。
  • インターフェースケーブルを接続するときは、付属のケーブルプロテクターを使用してください。
  • (Ver.2)でないWFT-E7Bを使用する場合は、WFT-E7Bのファームウエアのアップデート、およびインターフェースケーブルIFC-150AB IIが必要です。

付属ソフトウエア

高度なRAW現像を実現する[Digital Photo Professional 4]

EOS Rに付属するRAW現像ソフトウエア。32※1/64bit両ネイティブ環境に対応、高速&高画質な編集が行えます。独自の画像補正機能の他、特定色域の調整機能(8軸色調整)、高輝度側の階調を拡大する[ハイライト][シャドー]スライダー機能、EOS Rで撮影した動画再生などが可能。さらに映画制作や配信に使われているHDR方式である[PQ(Perceptual Quantization)]での静止画表示に対応※2

  • ※1
    32bitの場合、一部使用できない機能があります。
  • ※2
    2018年10月下旬よりダウンロード開始予定。
  • 最新の情報はキヤノンホームページをご確認ください。
図:RFマウント

Digital Photo Professional 4の主な機能

●特定色域の調整機能(8軸色調整)
●高輝度側の階調を拡大する[ハイライト][シャドー]スライダー機能の画像調整領域拡大
●動画再生に対応
●JPEG画像にも[オートライティングオプティマイザ]を適用可能
●100%表示でのセレクト作業の高速化
●1万枚程度の大量サムネイルも快適表示
●コレクションを20個まで登録可能
●リモート撮影機能の強化可能

画像本来の解像力を復元するデジタルレンズオプティマイザ

厳密な補正により復元するデジタルレンズオプティマイザ。レンズ光学補正で対応できない各種収差(コマ収差、サジタルハロ、非点収差、球面収差など)や、ローパスフィルターが画像に与える影響などを、詳細な光学設計値に基づいて厳密に補正する、キヤノン独自の技術です。ソフトウエアだけでなく、EOS Rではカメラ内でも実行可能。

  • すべての画像で効果を保証するものではありません。

解像感などを改善。デュアルピクセルRAWオプティマイザ

デュアルピクセル情報が付加された特別なRAWデータ(DPRAW)を活用し、画期的な後処理を実現。解像感補正では、被写体の奥行き情報に基づいた[解像感の微調整※1]が可能。その他、意図せず前景に写り込んだボケを横方向へ移動できる[ボケシフト※2]、人工光源下での撮影時や逆光時の撮影に有効な[ゴースト低減※3]も行えます。

  • ※1
    調整後はややノイズが増加します。
  • ※2
    調整後はややノイズが増加します。またボケの形状(輪郭)が不自然になる場合があります。
  • ※3
    効果が発揮されない場合があります。

ツールパレット

8つに細分化されたタブを切り替えるだけで、さまざまな編集画面にアクセスできるツールパレット。1つのプレビュー画面でノイズリダクション、トリミング、レンズ補正など各機能に移行できます。

  • 調整後はややノイズが増加します。
  • 調整後はややノイズが増加します。またボケの形状(輪郭)が不自然になる場合があります。
  • 2つ以上の処理を同時に使用することはできません。
  • バッテリーは通常のRAW撮影時よりも消費します。
  • DPRAWをONにして、記録画質をRAW&RAW+JPEGにすると、高速連続撮影速度が低下します。
  • [多重露出撮影][HDR撮影][デジタルレンズオプティマイザ][ワンタッチ記録画質切り替え][ライブビュー撮影時の連続撮影]との併用はできません。
  • レンズの絞り数値が開放側の時に、調整量・補正効果が上がります。
  • カメラの撮影位置(横・縦)によって、調整量・補正効果が変わります。
  • 撮影条件によっては、十分な調整量・補正効果が得られない場合があります。

RAW画像※1の編集と現像を可能にするiPad専用アプリ

2018年10月下旬公開予定

EOSのRAW[.CR3]の閲覧・編集・現像に対応した、iPad※2アプリ[Digital Photo Professional Express※3]。レンズ補正※4をはじめ、明るさ、ピクチャースタイルやホワイトバランス、オートライティングオプティマイザ、トーンの調整、シャープネス、トリミングなど、細かな編集が可能です。JPEGで書き出した画像はカメラロールに保存。タッチ操作で編集作業も快適に行えます。

  • ※1
    .CR3ファイル対応機種で使用可能です
  • ※2
    タブレットはiOSのみに対応(Android端末、iOSスマートフォンには非対応)。
  • ※3
    PC版の[Digital Photo Professional]との連携機能はありません。またiPad版は、一部の機能は搭載されていません。
  • ※4
    PC版の[Digital Photo Professional]のレンズ補正の一部の機能は搭載されていません。
図:RFマウント
図:Digital Photo Professional Express